シーズン5:竜との舞踏

【解説】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5・エピソード1「新たな戦いの幕開け」

投稿日:2019年3月22日 更新日:

スポンサーリンク
新たな戦いの幕開け

出典:hbo.com

この記事では海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の解説・あらすじ・感想を書いております。今回は

  • シーズン5:竜との舞踏
  • エピソード1:新たな戦いの幕開け

ネタバレありで紹介しますので、エピソードを一度観たうえで振り返りとして当ブログを確認いただければと思います。

※リンクがはってあるキーワードをクリックすると詳細を確認できるが、これもネタバレにつながる可能性あり

 

 

スポンサーリンク

すぐにわかる「新たな戦いの幕開け」のあらすじ

前回のおさらい(シーズン4、エピソード10:「世継ぎたち」)

  • スタニスの大軍がマンス・レイダーらの野人を拘束する
  • デナーリスはドラゴン2頭を地下墓所に閉じ込める
  • ブランらは“三つ目の鴉”の元へたどり着く
  • アリアを取り合うハウンドとブライエニーは戦うことになり、アリアは隙をみてブレーヴォス行きの船に乗る
  • ティリオンはシェイとタイウィンを殺し、エッソス行きの船に乗る

 

今回のあらすじ

  • ティリオンとヴァリスはエッソス大陸の自由都市ペントスに着く
  • ミーリーンでは“ハーピーの息子たち”が反逆行為を行う
  • リトルフィンガーとサンサはアリンの谷間を出て西に向かう
  • スタニスはマンス・レイダーを火あぶりの刑で処刑する

 

スポンサーリンク

よくわかる「新たな戦いの幕開け」の解説

 

大事な伏線が隠されている“蛙のマギー”の予言

冒頭は珍しくフラッシュバックから始まる。

幼少期のサーセイが、魔女の“蛙のマギー”(Maggy the Frog)に未来を占ってもらうという内容。

ここは超スーパー大事な伏線も含まれている(?)ので、もう一度セリフを振り返ってみましょう。

 

ポイントは2つ。

ポイント

  1. 予言は当たっている=“蛙のマギー”は信憑性がある
  2. まだ起きていない予言がある(これから起きる伏線?)

 

蛙のマギー:

「質問は3つまで」

「答えを気に入らないよ」

 

サーセイ:

「王子と婚約してるの」

「結婚はいつ?」

 

蛙のマギー:

「王子とは結婚しない」

「王と結婚する」

 

サーセイ:

「クイーンになる?」

 

蛙のマギー:

「いかにも」

「クイーンになる」

「一時は」

「だが別の もっと若く美しい クイーンが現れ」

「大事なものをすべて奪い取る」

 

サーセイ:

「王との間に子供は?」

 

蛙のマギー:

「ない」

「王は子供を20人作り」

「そなたは3人」

 

サーセイ:

「変よ」

 

蛙のマギー:

「黄金の冠に」

「黄金の屍衣(しい)」

 

英語の勉強

Gold shall be their crowns and gold their shrouds.

黄金は冠になり、屍衣(しい)にもなる

shrouds = 屍衣 = 死者に着せる衣服

 

“蛙のマギー”の予言は当たっている

まず、“蛙のマギー”の信憑性について。下記3つの予言は当たってますね。

予言その①「王子とは結婚しない」「王と結婚する」

  • サーセイはレイガー・ターガリエンとは結婚しなかった(※サーセイは当時の王子レイガーとの結婚を約束されていたが、実現しなかった)
  • 反乱後に新王ロバートと結婚した

言その②「クイーンになる」

  • ロバート王と結婚したサーセイはクイーンになった

予言その③「王は子供を20人作り」「そなたは3人」

  • ロバート王は20人の落とし子を作った(サーセイとの間の子どもはいない)
  • サーセイはジェイミーとの間に3人の子ども(ジョフリー、ミアセラ、トメン)を作った

 

まだ起きていない予言もある=これから起きる?

予言が3つも当たっていることから、“蛙のマギー”はただのホラ吹きじゃなく未来が見えていることが分かる。

となると、まだ起きていないこともこれから予言通りになってしまう可能性が高い。

まだ起きていない予言①

  • 「一時はクイーンになる」が「別の もっと若く美しい クイーンが現れ」「大事なものをすべて奪い取る」

もっと若く美しいクイーン。

マージェリー? 

デナーリス?

 

まだ起きていない予言②

  • 子ども3人は「黄金の冠に黄金の屍衣」になる
    ※黄金の屍衣=死者に着せる衣服=子ども3人は死ぬ

起きていない、というよりまだ3分の1しか起こってないという表現が近い。

ジョフリーはシーズン4・エピソード2「獅子と薔薇」で死亡。

残り二人の子供たち、ミアセラとトメンも近い?

 

余談:原作小説シリーズ『氷と炎の歌』では別の予言も…

原作小説シリーズ『氷と炎の歌』では、“蛙のマギー”は続いて別の予言をする。

その予言内容はストーリーにおいてものすごーく大事なことなのだが、テレビシリーズはあえてその描写はない。

まぁ意図的にカットしているんでしょうね…

 

気になる方は下記でチェックしてください。(※シーズン8・エピソード4までのネタバレを含みます

関連記事
「ゲーム・オブ・スローンズ」サーセイを殺すのは誰だ? 予言によると…

  ヴァラー・モルグリス。All men must die. さて、さっそく本題へ。今回の記事は、「サーセイ・ラニスターは誰にどうやって殺される?!」を予想していきます。   以下 ...

続きを見る

 

エッソス大陸の地理関係の整理

  • ミーリーンに拠点を置くデナーリス
  • ブレーヴォスへ向かっているアリア
  • ペントスにたどり着くティリオンとヴァリス

シーズン5からは、エッソス大陸のストーリーラインが増えるので地理関係をかるく頭に入れておきましょう。(今まではデナーリスだけだった)

エッソス大陸の地理関係

 

ちなみにティリオンとヴァリスは「ミーリーンに行ってデナーリスに会いに行く」と言っていたのでペントスはあくまでも一時的な拠点。逆に言うと、2人はこれからエッソス大陸の色んな場所を巡る。

 

ミーリーンの新キャラたち

ハーピーの息子たち

ハーピー息子たち

出典:fandom.com

  • 奴隷解放に反対する親方はの反乱グループ
  • ハーピーの金色のお面で身を隠している
  • 人数はたくさん、正体は不明

 

モサドール(演:リース・ノイ)

モサドール

出典:hbo.com

  • デナーリスに仕えるミーリーンの元奴隷
  • デナーリスの“小評議会”では元奴隷として意見を言う

 

ココがポイント

正確には新キャラではない。短いながらもシーズン4・エピソード4「誓約を果たすもの」に登場していた。(奴隷たちの前で演説⇒グレイ・ワームが割って入ってくる)

 

ランセルは新興宗教の“雀”の一員となる

みなさん、ランセル・ラニスターを覚えてますか? シーズン1~2では、

  • ロバート王の従者
  • サーセイのパートナー(肉体関係)
  • ティリオンのスパイ

と多岐にわたり大活躍してアイツです。

ランセル・ラニスター

出典:hbo.com

 

そんな可愛いらしい彼は、こんな感じに変貌してシーズン5に戻ってきました。

ランセル・ラニスター シーズン5

出典:hbo.com

 

なぜ、こんな変わった? 

それは、ランセルが“七神正教”の狂信的一派の“雀”(Sparrows)の一員となり改心したからです。

“雀”は五王の戦いが行われているなかで出来た新興宗教。

 

スポンサーリンク

「新たな戦いの幕開け」の感想

今回は感想というより好きな名言集を紹介します。

 

Keep your shield up, or I’ll ring your head like a bell.

盾を上げないと頭を鐘のようにぶっ叩くぞ

byジョン

これはキャッスル・ブラックでの稽古中で、ジョンからオリーに言う言葉ですね。

 

I wish you good fortune in the wars to come.

これから来たる戦での幸運を祈る

byマンス・レイダー

これはマンス・レイダーが火あぶりの刑で処刑される前に、スタニスに向かっていう言葉ですね。

 

 

ちなみに、上の二つのセリフは別のキャラクターが別のエピソードで発言するので要注目です。(別に伏線じゃないから安心して)

 

でもやっぱり一番はこれかな。

 

「新たな戦いの幕開け」の名言

The freedom to make my own mistakes was all I ever wanted.

間違いを犯す自由こそ 望んでいたものだ

byマンス・レイダー

 

さようなら、マンス。

 

 

シーズン5からしばらくおやすみです

ホーダー×0回

 

>>「ゲーム・オブ・スローンズ」各エピソードのまとめページへ行く

まとめページ
【解説】「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてがわかるガイドブック

世界的に社会現象となっている解説「ゲーム・オブ・スローンズ」を日本でも流行らせたい! そんな思いで、「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてのエピソードを解説することにしました。   当ブログで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-シーズン5:竜との舞踏

Copyright© KEN'sブログ , 2019 All Rights Reserved.