シーズン4:戦乱の嵐-後編-

【解説】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン4・エピソード4「誓約を果たすもの」

2019年3月18日

誓約を果たすもの

出典:hbo.com

この記事では海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の解説・あらすじ・感想を書いております。今回は

  • シーズン4:戦乱の嵐-後編-
  • エピソード4:誓約を果たすもの

ネタバレありで紹介しますので、エピソードを一度観たうえで振り返りとして当ブログを確認いただければと思います。

 

 

スポンサーリンク

すぐにわかる「誓約を果たすもの」のあらすじ

前回のおさらい(シーズン4、エピソード3:「奴隷解放者」)

  • サンサはリトルフィンガーの船に乗り、王都から逃亡する
  • ジョフリーを殺した罪でティリオンは牢屋の中に監禁される
  • デナーリスは奴隷商人湾の都市ミーリーンに到着する

 

今回のあらすじ

  • デナーリスはミーリーンの奴隷たちを解放し、革命を起こさせる
  • 王都から逃亡するサンサは、リトルフィンガーとアイリー城へと向かう
  • ブライエニーとポドリックは、スタークの娘たちを探す旅に出る
  • ブランらはクラスターの砦で人質となる
  • クラスターの最後の息子はホワイト・ウォーカーの生贄になる

 

スポンサーリンク

よくわかる「誓約を果たすもの」の解説

 

ジョフリーに毒を盛ったのはレディ・オレナ

前エピソード「奴隷解放者」では、ジョフリーを殺した黒幕がリトルフィンガーだったことが判明する。

このエピソードではジョフリーに実際に毒を盛ったのはレディ・オレナだと分かる。どうやって毒をジョフリーに盛ったかを簡単に説明すると

  1. リトルフィンガーとレディ・オレナが協力してジョフリー殺しを画策する
  2. 毒を石に入れ、それをネックレスの一部とする
  3. 道化師のドントス・ホラードを使い、ネックレスをサンサに渡す
  4. 婚儀後の祝宴中にレディ・オレナがサンサのネックレスから毒入りの石を取る
  5. レディ・オレナ自らジョフリーのワインの中に毒を入れる

 

リトルフィンガーはタイレル家のことを“新しい友”と呼ぶ。これからはラニスター家より“生産的”なタイレル家と協力的関係をもつべきだと考えている。

 

レディ・オレナは、マージェリーをトメンの王妃になって欲しいと思っている。残酷なジョフリーより、もっと若くて純粋なトメンの妻になったほうが幸せだと。

 

リトルフィンガー、レディ・オレナのお互いの利害関係が一致し、2人は協力してジョフリーを殺害した。

 

ロックはナイツ・ウォッチに潜入してジョンに近づく

ボルトン家の家臣ロックは、ジョンがいるキャッスル・ブラックに到着しナイツ・ウォッチの一員となる。

そもそもロックがジョンの元へ行った理由は

  1. ブランとリコンが生きていることが判明する(シオンが暴露)
  2. スターク家の人間(特に男)が生きていると北部でのボルトン家の立場が危うい
  3. それを恐れたルース・ボルトンは、ロックをブランとリコンを探し、殺すように命じる
  4. ブランとリコンはジョンの元にいるだろう(もしくはこれから来るだろう)と予想し、ロックはキャッスル・ブラックに行く
  5. ロックはナイツ・ウォッチの一員になったふりをして、ジョンに近づく

シーズン4・エピソード2「獅子と薔薇」で説明があります

 

残念ながらロックの予想は外れ、ブランとリコンはキャッスル・ブラックにいない。(そして来る予定もない)

しかし、思わぬ形でブランを殺せるチャンスが巡ってくる…

 

ジョンはクラスターの砦で反逆者たちを殺しに行く、ロックにはブランを殺せるチャンスが巡ってくる

ジョンと複数の志願者は、クラスターの砦へと遠征することになる。

クラスターの砦にはナイツ・ウォッチの反逆者がまだいて、マンス・レイダーに“ウソ”がバレる前に一掃しないといけない。

  1. 野人たちが“壁”を乗り越えてこないよう、ジョンはマンス・レイダーに1000人単位のナイツ・ウォッチがいるとウソをつく
  2. マンス・レイダーが束ねる野人たちは徐々に“壁”に向かっている
  3. 野人たちはもう少しでクラスターの砦に到着する
  4. クラスターの砦が襲撃され、ナイツ・ウォッチの反逆者たちが野人たちに尋問されたら真実がバレる
  5. 真実とは、ナイツ・ウォッチに1000人どころか、100人程度しかいないこと

 

マンス・レイダーはナイツ・ウォッチの本当の兵力を把握できていない。

ジョンからは1000人単位のナイツ・ウォッチがいると知らさせれているが、もし100人程度しかいないことが分かったら、すぐにでも“壁”の乗り越えを決意するはず。

ウソがバレる前に、ジョンはクラスターの砦に向かい、反逆者たちの皆殺しを決意する。そしてナイツ・ウォッチ入りしたロックもジョンに付いていくことになる。

 

偶然にも、ブランはクラスターの砦で人質となっている。

意図していない形で、ロックにブランを殺せるチャンスが巡ってきた…

 

ジェイミーはヴァリリア鋼の剣“オウスキーパー”をブライエニーに譲る

ジェイミーは、ブライエニーにサンサを探す旅に出るようにすすめる。さらに、もらったばかりのヴァリリア鋼の剣をブライエニーに譲る。

サンサを探し出し、保護させることが目的で、ブライエニーは剣の名前を“オウスキーパー”(Oathkeeper)と命名する。

 

英語の勉強

oath = 誓約、誓い

keep = 持つ、守る、果たす

oathkeeper = 誓約を果たすもの

 

ここで、今まで登場したヴァリリア鋼の剣をおさらいしておこう。

ヴァリリア鋼

  • アイス(スターク家の家宝)
  • 名無しの短剣(ブランを殺そうとした刺客が持ってた)
  • ロングクロウ(モーモント家の家宝だけど、今はジョンが持つ)
  • ウィドウズ・ウェイル(前エピソードでジョフリーがもらう)
  • オウスキーパー

※ウィドウズ・ウェイルとオウスキーパーはアイスから作られている

 

クラスターの息子たちは死人になる?

クラスターがホワイト・ウォーカーに捧げてた息子たちは、氷の祭壇に連れていかれてたことが分かる。

そこではボスらしきホワイト・ウォーカーが赤子に触れると、すぐに目が青くなった。

 

このシーンはシーズン4・エピソード2「獅子と薔薇」でブランが“グリーンサイト”(縁視力=Greensight)で見たビジョン。

ココがポイント

ブランがみた映像では、ホワイト・ウォーカーの顔(下からのアングル)が一瞬映る。

 

スポンサーリンク

「誓約を果たすもの」の感想

デナーリス。やってることは正しいかもしれないけど、ちょっと行き過ぎてないか?

奴隷を所持していたマスターたちは悪い。でも磔にする必要はあったか?

バリスタンが忠告していたように、少しやりすぎかと。マッドキング化しなければいいんけど。

 

 

トメンの性格はジョフリーと真逆ですね。

いいことなんだろうけど、なんか足りないな。

あの憎いがジョフリーが恋しい…

 

 

ホーダー×9回

 

 

「誓約を果たすもの」の名言

I Will Answer Injustice With Justice.

卑劣な行為には 正義で応える

byデナーリス

 

>>つぎは「エピソード5:新王誕生(First of His Name)」

 

>>「ゲーム・オブ・スローンズ」各エピソードのまとめページへ行く

まとめページ
【解説】「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてがわかるガイドブック

世界的に社会現象となっている解説「ゲーム・オブ・スローンズ」を日本でも流行らせたい! そんな思いで、「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてのエピソードを解説することにしました。   当ブログで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-シーズン4:戦乱の嵐-後編-

Copyright© 冬来いよ , 2019 All Rights Reserved.