シーズン4:戦乱の嵐-後編-

【解説】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン4・エピソード2「獅子と薔薇」

投稿日:2019年3月17日 更新日:

スポンサーリンク
獅子と薔薇

出典:hbo.com

この記事では海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の解説・あらすじ・感想を書いております。今回は

  • シーズン4:戦乱の嵐-後編-
  • エピソード2:獅子と薔薇

ネタバレありで紹介しますので、エピソードを一度観たうえで振り返りとして当ブログを確認いただければと思います。

※リンクがはってあるキーワードをクリックすると詳細を確認できるが、これもネタバレにつながる可能性あり

 

シーズン4:戦乱の嵐-後編-

  • エピソード1:二本の剣(Two Swords)
  • エピソード2:獅子と薔薇(The Lion and the Rose)←今回はこれ
  • エピソード3:奴隷解放者(Breaker of Chains)
  • エピソード4:誓約を果たすもの(Oathkeeper)
  • エピソード5:新王誕生(First of His Name)
  • エピソード6:裁判(The Laws of Gods and Men)
  • エピソード7:月の扉(Mockingbird)
  • エピソード8:山と毒蛇(The Mountain and the Viper)
  • エピソード9:黒の城の死闘(The Watchers on the Wall)
  • エピソード10:世継ぎたち(The Children)

 

スポンサーリンク

すぐにわかる「獅子と薔薇」のあらすじ

前回のおさらい(シーズン4、エピソード1:「二本の剣」)

  • ラニスター家はヴァリリア鋼の剣を手に入れる
  • オベリン・マーテルが王都入りする
  • アリアは“ニードル”を取り返す

 

今回のあらすじ

  • “縁視力”の能力を使ったブランは目指すべき場所が分かる
  • ティリオンはシェイと別れる
  • ジョフリーは祝宴中に毒に盛られ、息を絶える

 

スポンサーリンク

よくわかる「獅子と薔薇」の解説

 

ドレッドフォート城にて

ドレッドフォート

出典:fandom.com

ドレッドフォート城(Dreadfort)はボルトン家の本拠地。このエピソードでは“レッド・ウェディング”を経た城主のルース・ボルトンが帰還する。

ここでは新キャラ2名とボルトン家の今後の展望について少し。

 

新キャラのミランダ(演:シャーロット・ホープ)

ミランダ

出典:hbo.com

  • ラムジーの愛人
  • ドレッドフォート城の犬舎長の娘
  • ラムジーと同じくらい虐待することが好き

 

ココがポイント

正確にいうと初登場ではない(シーズン3・エピソード7「女剣士と熊」でシオンを誘惑した)

 

ウォルダ・ボルトン(演:エリザベス・ウェブスター)

ウォルダ・ボルトン

出典:hbo.com

  • ルース・ボルトンの妻
  • ウォルダー・フレイの孫

 

ラムジーは要寒(モウト)ケイリンを取りに行く

モウト・ケイリン

出典:fandom.com

タイウィンによって北部総督に選ばれたルース・ボルトン。

しかし、北部に属する要寒ケイリン(モウト・ケイリン = Moat Cailin)は“鉄諸島”の人間にまだ支配されている。

要寒ケイリンが占領されていると、北部と南部を行き来できる沼地の地峡(ネック = The Neck)が通れない。

ラムジーは要寒ケイリンを取り返すためにシオン(リーク)を利用する予定。

 

ロックはブランとリコンを殺すために“黒の城”に向かう

ブランとリコンが生きていることが判明したルース・ボルトン。

スターク家の血筋が生きていると北部でのボルトン家の立場が危うい。それ恐れて、ボルトン家の家臣であるロック(ジェイミーの右手を切り落とした奴)がブランとリコンを殺すために“黒の城”に向かう。(二人とも“黒の城”にいないんだけどね)

 

ブランが目指すべき場所は「北」のウィアウッドの「木の下」

“心の木”(ウィアウッド)に触れたブランは“縁視力”(グリーン・サイト)の能力で

  • 目指すべき場所
  • 過去現在未来の様々ビジョン

を知ることになる。

 

ココがポイント

“心の木”(ウィアウッド)はシーズン1・エピソード7「勝つか死ぬか」でジョンとサムが“ナイツ・ウォッチ”の誓約を唱えた木。

 

ここでは今一度ブランが見たビジョンを整理しよう。

  1. 別の場所にあるウィアウッド
  2. 洞窟の中にいる三つ目の鴉
  3. ウィンターフェルの地下墓地に導く三つ目の鴉
  4. “アイス”を研ぐネッドの手
  5. キングズ・ランディングの地下牢にいるネッド
  6. 「私を探せ」という声とともに別の場所にあるウィアウッド
  7. 三つ目の鴉
  8. 別の場所にあるウィアウッド
  9. シーズン1・エピソード1「冬来たる」冒頭に登場し亡者の子ども
  10. たくさんの鴉
  11. 「木の下で」という声とともに別の場所にあるウィアウッド
  12. 死んだ馬
  13. シーズン2・エピソード10「勝者」でデナーリスが見た廃墟のキングズ・ランディング
  14. ホワイト・ウォーカーの顔(下からのアングル)
  15. サーセイの声で「見られた」ととも塔から落ちるブラン
  16. キングズ・ランディングの上を飛ぶドラゴンの影
  17. 「北だ」という声とともに別の場所にあるウィアウッド

 

ブランが目指すべきところは、「北」にあるウィアウッドの「木の下」ということになります。

で、ブランが見たビジョンは? 何を意味する?

 

キングズ・ランディングにて

キングズ・ランディングでの出来事4つについて少しだけ。

 

新キャラのメイス・タイレル

メイス・タイレル

出典:hbo.com

  • 河間平野(リーチ)の領主
  • レディ・オレナの息子
  • マージェリー、ロラスの父親

 

トメン・バラシオン役の俳優チェンジ

トメン

出典:hbo.com

シーズン4からトメン・バラシオン役の俳優がディーン=チャールズ・チャップマンに変わる。

※シーズン1~2まではカラム・ワリー。(シーズン3にはトメン自体登場しない)

 

ココがポイント

ディーン=チャールズ・チャップマンはシーズン3・エピソード5「炎の口づけ」でマーティン・ラニスター役を演じていた。(リカード・カースタークらに殺される)

同じ俳優だけど、マーティン・ラニスターは一旦忘れて、トメン・バラシオンとして覚えときましょう。

 

ジョフリーの新しいヴァリリア鋼の剣「ウィドウズ・ウェイル」

前エピソード「二本の剣」で新しく作られた2本のヴァリリア鋼の剣。一本はジェイミー、二本目はジョフリーに渡る。(まぁ本エピソード最後にジョフリーは死ぬので短い期間だったが)

 

ジョフリーは結婚祝いでもらったヴァリリア鋼の剣を“ウィドウズ・ウェイル”(Widow's Wail)と名付ける。

使うたびに ネッド・スタークの首を落としたことを思い出せる

byジョフリー

だそうです。

こいつガチヤバイ…

 

英語の勉強

widow = 未亡人

wail = 泣き叫ぶ

 

サンサを逃げるように助言するのは道化師のドントス・ホラード

毒を盛られたジョフリーが倒れ込んでいるとき、サンサに逃げるように懇願するのは道化師のドントス・ホラード。

前エピソード「二本の剣」では、サンサに大事なネックレスを渡していましたね。

 

スポンサーリンク

「獅子と薔薇」の感想

いつもだったら9話目あたりにドデカイ・イベントがやってくる「ゲーム・オブ・スローンズ」だが、今回のシーズン4はエピソード2できましたね。デッカイやつが。

最後の10分間、テレビシリーズ史上最強クラスのH・K。テレビシリーズ史上最強クラスの張りつめた空気。

なんかヤバイことが起きるんだろうな~と思いつつ。まさかの。

 

ジョフリー死亡。

 

「ゲーム・オブ・スローンズ」をここまで見てきた人なら、おそらく全員がジョフリーの死を望んでいたのではないでしょうか?

 

すげー良かった。気持ち~

ただ、その半面少し悲しい。

伝説の悪役がもう見れない…

 

 

あと、もう一つ。ティリオンとシェイの別れ。

ティリオンは本心じゃないよね。

本当は好きなのに、一緒にいたいのに。

ウソをつかないといけない状況はいつでもつらい。

 

 

ホーダー×1回

 

 

「獅子と薔薇」の名言

A toast. To the proud Lannister children. The dwarf, the cripple, and the mother of madness.

乾杯しよう 誇らしげなラニスターの姉弟に 

小人 身体障害者 怪物の母だ

byティリオン

 

>>「ゲーム・オブ・スローンズ」各エピソードのまとめページへ行く

まとめページ
【解説】「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてがわかるガイドブック

世界的に社会現象となっている解説「ゲーム・オブ・スローンズ」を日本でも流行らせたい! そんな思いで、「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてのエピソードを解説することにしました。   当ブログで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-シーズン4:戦乱の嵐-後編-

Copyright© けんてぃーな , 2019 All Rights Reserved.