シーズン4:戦乱の嵐-後編-

【解説】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン4・エピソード9「黒の城の死闘」

投稿日:2019年3月21日 更新日:

スポンサーリンク
黒の城の死闘

出典:hbo.com

この記事では海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の解説・あらすじ・感想を書いております。今回は

  • シーズン4:戦乱の嵐-後編-
  • エピソード9:黒の城の死闘

ネタバレありで紹介しますので、エピソードを一度観たうえで振り返りとして当ブログを確認いただければと思います。

※リンクがはってあるキーワードをクリックすると詳細を確認できるが、これもネタバレにつながる可能性あり

 

 

スポンサーリンク

すぐにわかる「黒の城の死闘」のあらすじ

前回のおさらい(シーズン4、エピソード8:「山と毒蛇」)

  • キャッスル・ブラックに近い“モウルズ・タウン”が野人に襲撃される
  • ラムジーは落とし子から嫡出子に昇格する
  • 過去の過ちがバレたジョラーはデナーリスより追放される
  • サンサとリトルフィンガーはアリンの谷間から旅立つ
  • 決闘裁判ではオベリンがマウンテンに敗北し、ティリオンの有罪が確定する

 

今回のあらすじ

  • ジリはキャッスル・ブラックに戻ってくる
  • “ナイツ・ウォッチ”対“野人”のバトルがはじまる
  • 矢に刺されたイグリットはジョンの腕のなかで死ぬ
  • “ナイツ・ウォッチ”は野人たちを一時的に撃退する
  • ジョンはマンス・レイダーを殺すために一人で“壁”の向こう側へ行く

 

スポンサーリンク

よくわかる「黒の城の死闘」の解説

 

メイスター・エイモンは王になるはずだったターガリエン家

ジリのことが頭から離れないサム。メイスター・エイモンは「かつて自分もたくさん恋愛をしてきてた」ことを語る。

私が何者だったか 知っているだろ

私が望めば何になっていたか

当然知っている

エイモン・ターガリエンは女に囲まれていた

未来の王だからな

byメイスター・エイモン

 

メイスター・エイモンは未来の王になる予定だったターガリエン家の人間。(王位は弟のエイゴン5世に譲った)

シーズン1・エピソード9「ベイラー大聖堂」では、メイスター・エイモンは自分の正体をジョンにさらしていました。

 

臆病なジャノス・スリントは元“王都の守人”

結構どうでもいいから、わざわざ取り上げるか微妙なラインだけど、一応言っときます。

口はいつも達者だけど、バトルになると縮こまってジリのいる食糧庫に隠れるジャノス・スリントは元“王都の守人”。シーズン1でネッドを裏切ったクソ野郎です。

ジャノス・スリント

出典:hbo.com

 

「ジャノス・スリントを“王都の守人”から解雇⇒“壁”に左遷」が“王の手”となったティリオンの最初の仕事でした。(シーズン2・エピソード2「粛清」参照)

 

“ナイツ・ウォッチ”の誓いの言葉

通路に続く門を死に物狂いでなんとなか守ったグレンと5人の仲間たち。最後の言葉は“ナイツ・ウォッチ”の誓いの言葉。

この誓いの言葉は省略された形でちょくちょく出ているけど、はじめてフルに唱えられたのはシーズン1・エピソード7「勝つか死ぬか」ですね。

夜の闇 濃くなりし 見張りが始まる

我が死まで終わることなし

妻をめとらず 土地を持たず 子供をつくらず

冠を被らず 栄光を得ず

自らの持ち場で生きて死ぬ

我は闇雲の剣士 我は“壁”の見張り人となり

我は人の領土を守る盾となり

命と名誉にかけ 冥夜の守人に尽くす

この夜と すべての夜のために

 

英語版はこちら

Night gathers, and now my watch begins.

It shall not end until my death.

I shall take no wife, hold no lands, father no children.

I shall wear no crowns and win no glory.

I shall live and die at my post.

I am the sword in the darkness. I am the watcher on the walls.

I am the shield that guards the realms of men.

I pledge my life and honor to the Night's Watch,

for this night and all the nights to come.

 

スポンサーリンク

「黒の城の死闘」の感想

今回は珍しくひとつのストーリーラインに絞られたもの。最初から最後までオール壁。

シーズン2・エピソード9「ブラックウォーターの戦い」のオール・キングズ・ランディング以来ですね。(ちなみに両エピソードは同じ監督のニール・マーシャル)

 

 

「ゲーム・オブ・スローンズ」の魅力は

  • 魅力あふれるキャラクターでいっぱいだとか
  • 練に練られたストーリー構成がすごいとか
  • セリフがめちゃくちゃカッコイイだとか

いろいろあるけど、やっぱりこういうビックバトルですよね。バトルシーンはすべて鳥肌もの。

 

他の海外ドラマとは圧倒的に違うのは「映像の迫力」だと感じる。

「映像の迫力」に関してはもう映画レベル。

いや、『ロード・オブ・ザ・リング』とか完全に超えてますよね。

黒の城の死闘 巨人

出典:hbo.com

黒の城の死闘 ジョン

出典:hbo.com

 

 

イグリット、さようなら。

ジョンとのコンビめっちゃ良かった。もっと見たかった。

 

キット・ハリントン(ジョン役)とローズ・レスリー(イグリット役)、ご結婚おめでとうございます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kit Haringtonさん(@kitharingtonn)がシェアした投稿 -

 

 

ホーダー×0回

 

「黒の城の死闘」の名言

When you're nothing at all, there's no more reason to be afraid. I'm not nothing anymore.

独りのときは恐れる理由がない 

今は独りじゃないから恐い

byサム

 

>>「ゲーム・オブ・スローンズ」各エピソードのまとめページへ行く

まとめページ
【解説】「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてがわかるガイドブック

世界的に社会現象となっている解説「ゲーム・オブ・スローンズ」を日本でも流行らせたい! そんな思いで、「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてのエピソードを解説することにしました。   当ブログで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-シーズン4:戦乱の嵐-後編-

Copyright© KEN'sブログ , 2019 All Rights Reserved.