シーズン2:王国の激突の解説

【解説】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン2・エピソード2「粛清」

2019年3月4日

スポンサーリンク
粛清

出典:hbo.com

この記事では海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の解説・あらすじ・感想を書いております。今回は

  • シーズン2:王国の激突
  • エピソード2:粛清

ネタバレありで紹介しますので、エピソードを一度観たうえで振り返りとして当ブログを確認いただければと思います。(リンクがはってあるキーワードをクリックすると詳細を確認できるが、これもネタバレにつながる可能性あり)

 

 

スポンサーリンク

すぐにわかる「粛清」のあらすじ

前回のおさらい(シーズン2、エピソード1:「王の乱立」)

  • 新王ジョフリーの暴走を抑えるため、ティリオンが“王の手”の代理として王都入りする
  • “壁”の向こう側にいるジョンと“冥夜の守人”は野人が大きな軍で結束し始めたという噂を聞く
  • 前王ロバートの弟スタニスは王位継承権を主張し、ジョフリーの秘密を七王国中にばらまく

 

今回のあらすじ

  • “王都の守人”はロバートの落とし子ジェンドリーを探しに来るがヨーレンによって追い返される
  • シオンは故郷の“鉄諸島”に戻るが、父ベイロン・グレイジョイはスターク家からの提案を断る
  • クラスターの砦で見張りを行っていたジョンは、クラスターが息子を森の奥に連れ置き去りにしているところを見つけてしまう

 

スポンサーリンク

よくわかる「粛清」の解説

だいたいの流れ

  • “壁”に向かうアリアはジャクェン・フ=ガーというナゾの男に声をかけられる
  • “王都の守人”はロバートの落とし子ジェンドリーを探しに来るがヨーレンによって追い返される
  • “小評議会”ではスターク家の和睦、“冥夜の守人”の増員の呼びかけに応じないことが決まる
  • クラスターの砦で、サムはジリに声をかける
  • デナーリスが送った斥候は首を切られ、馬だけが戻ってくる
  • シオンは故郷の“鉄諸島”に戻る
  • “王の手”の代理を務めているティリオンはジャノス・スリントを“王都の守人”から解雇し、“壁”に左遷する
  • 代わりとしてブロンが“王都の守人”の指揮官となる
  • アリアはジェンドリーに自分の正体をバラす
  • “鉄諸島”の領主ベイロン・グレイジョイはスターク家からの提案を断る
  • ドラゴンストーンでは、ダヴォスの旧友で海賊のサラドール・サーンを味方につける
  • クラスターの砦で見張りを行っていたジョンは、クラスターが息子を森の奥に連れ置き去りにしているところを見つけてしまう

 

“壁”に向かう一同

“壁”に向かうアリアはジャクェン・フ=ガー(演:トム・ヴラシア)というナゾの男に声をかけられる。

ジャクェン・フ=ガー

出典:hbo.com

彼を含む3人は、捕虜として“壁”に送られていた。

 

そんな中、ロバートの落とし子を殺すように命じられた“王都の守人”(通称“金のマント”)はジェンドリーを探しに来る。それを知らずかアリアの方が身を隠す。

“王都の守人”はヨーレンによって追い返されるが、アリアはジェンドリーに自分の正体、つまりはスターク家の娘であることをバラす。

 

ココがポイント

ジェンドリーは自分がロバートの落とし子であることを知らない。

 

キングズ・ランディングにて

“小評議会”ではスターク家の和睦(サンサとアリアの解放、ネッド含む北部の人間の遺骨の返却、北部の独立)を断ることにする。

また、“冥夜の守人”の増員の呼びかけに応じない(というか無視)することにする。王位争奪戦を行っている中で、“壁”の向こう側の脅威は二の次に過ぎないということだ。

ココがポイント

ティリオン以外の“小評議会”のメンバーは野人のことを気にしていない。ましてはホワイト・ウォーカーの存在なんて信じていない。

 

“王の手”の代理を務めているティリオン。最初の仕事としてジャノス・スリントを“王都の守人”から解雇し、“壁”に左遷することにする。前“王の手”であったネッドを裏切ったこと、また赤ん坊までも平気で殺すジャノスは信用できないからだ。

代わりとしてブロンが“王都の守人”指揮官となる。

 

ティリオンは、夫への復讐としてサーセイがロバートの落とし子を殺すように命じたと思っていた。

しかし、実はジョフリーの指示だったことが判明する。

ティリオンは、赤ん坊まで殺すように命じるジョフリーは「深刻な問題だぞ」とサーセイに忠告する。

 

エッソスにて

前エピソード「王の乱立」でデナーリスが送った斥候(せっこう)は首を切られ、馬だけが戻ってきた。

いよいよ、デナーリスの小さいカラザール(部族)は限界だ…

 

斥候(せっこう)とは?

斥候(せっこう)とは、敵軍の様子や状況を探るひと。

 

“鉄諸島”にて

前エピソード「王の乱立」で「グレイジョイ家の船が必要だ」と説得されたロブは、シオンを故郷の“鉄諸島”(アイアン・アイランド = Iron Islands)に戻らせた。“グレイジョイの反乱”(Greyjoy's Rebellion)でシオンが人質にとられて以来、約9年ぶりの帰国。

 

シオンは「グレイジョイ家の唯一生き残った息子」として歓迎されると思っていたが、誰も迎え入れない。

それどころか、父で“鉄諸島”の領主ベイロン・グレイジョイ(演:パトリック・マラハイド)は「スターク家に染まってしまった」息子に一喝する。

ベイロン・グレイジョイ

出典:hbo.com

 

ベイロンは、ロブから提案(北部勢に加わり同盟を結んでくれたら“鉄諸島”を独立国家にすること)を断り、長女のヤーラ(演:ジェンマ・ウィーラン)に指揮をとらせ王位争奪戦に参入することにする。(ヤーラはシオンの姉にあたる)

ヤーラ・グレイジョイ

出典:hbo.com

 

ココがポイント

グレイジョイ家がちょくちょく言ってる「死者は永遠に死せず」(What is dead may never die)や「鉄の対価」(Iron price)は別の機会で解説します。

 

ドラゴンストーンにて

王位継承権があると主張しているスタニス・バラシオンが率いる軍は、兵士の数では圧倒的不利。バラシオン家を支持するものは、弟のレンリーについてしまったからだ。

そこで助言者のダヴォスは旧友で海賊のサラドール・サーン(演:ルシアン・ムサマティ)を味方につけるためドラゴンストーンに呼び、スタニス側につくように交渉する。

サラドール・サーン

出典:hbo.com

 

結果は見事に成功。お金と名誉で釣り、30隻の船を確保できた。

しかし、これでもまだスタートラインに立てていない。兵力ではレンリー軍やラニスター軍に勝てっこない。

 

そもそも、七神正教を崇拝していたスタニスが“光の王”に改宗したのは「このままでは勝てない」と分かっていたから。新しい神の“魔力”に頼ろうしているのだ。

 

ココがポイント

ドラゴンストーン城は約300年前にターガリエン王朝を築いたエイゴン・ターガリエン1世(征服王)によって建てられた。

シーワース親子が軍会議を行っている(及びスタニスとメリサンドルがことを行っている)テーブルはウェスタロスの地図の形をしており、エイゴン1世が最初に征服したときにもこの地図を使って軍会議を開いていた。

ココがポイント

マットスは父親のダヴォスに「読み書き」を教えようとするが、拒否される。

『ゲーム・オブ・スローンズ』の世界では識字率は低く、特にダヴォスのような貧困育ちの人間は読み書きができない。

 

“壁”の向こう側にて

クラスターの砦で一時的に拠点を置いた“冥夜の守人”はクラスターの娘であり妻の女性たちに声をかけるのは禁じられていた。

しかし、サムはジリに声をかけてしまう。おまけに、ジリが妊娠していることを知る。

 

ジリの子どもが娘なら、クラスターの砦で育てられる。

ところが、息子であれば…

 

その答えがわからないまま夜を迎える。

見張りを行っていたジョンは、クラスターが息子の赤ん坊を森の奥に連れていき、置き去りにしているところを見つけてしまう。

しばらくすると化け物が赤ん坊を拾い、ジョンは後を追いかけようする。

しかし、クラスターに見つかり、殴られたジョンは気を失ってしまう。

 

スポンサーリンク

「粛清」の感想

タイトルの「粛清(しゅくせい)」とは厳しく取り締まって不純・不正な者を取り除くということ。

粛清とは

厳しく取り締まって、乱れや不正な者を除くこと。

weblio辞書より引用

 

この言葉は、誰に向けたものなのでしょうか?

  • ロバートの落とし子たち?
  • ティリオンによって追放されたジャノス?
  • ドスラクの大きい部族(カラザール)に見捨てられたデナーリス?
  • 故郷“鉄諸島”で全く歓迎されていないシオン?
  • “壁”の向こう側で変なことに突っ込んできたジョン?

 

この考察は難しいですね…

 

デナーリスが一番心配。 ここから立ち直れるの??

 

 

ホーダー×0回

 

「粛清」の名言

The one true god is between a woman's leg.

真の神は女の股の間にいる

byサラドール・サーン

 

>>「ゲーム・オブ・スローンズ」各エピソードのまとめページへ行く

まとめページ
【解説】「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてがわかるガイドブック

世界的に社会現象となっている解説「ゲーム・オブ・スローンズ」を日本でも流行らせたい! そんな思いで、「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてのエピソードを解説することにしました。   当ブログで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-シーズン2:王国の激突の解説

Copyright© 冬来いよ , 2019 All Rights Reserved.