シーズン2:王国の激突の解説

【解説】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン2・エピソード1「王の乱立」

2019年3月4日

王の乱立

出典:hbo.com

この記事では海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の解説・あらすじ・感想を書いております。今回は

  • シーズン2:王国の激突
  • エピソード1:王の乱立

ネタバレありで紹介しますので、エピソードを一度観たうえで振り返りとして当ブログを確認いただければと思います。

 

 

スポンサーリンク

すぐにわかる「王の乱立」のあらすじ

前回のおさらい(シーズン1、エピソード10:「炎と血」)

  • ネッドが処刑されたニュースはすぐさま七王国へ広がり、北部は独立を決意する
  • ジョンは“壁”の向こう側へと潜入する
  • デナーリスはカール・ドロゴと息子を亡くすが、ドラゴンを生む

 

今回のあらすじ

  • 新王ジョフリーの暴走を抑えるため、ティリオンが“王の手”の代理として王都入りする
  • “壁”の向こう側にいるジョンとナイツ・ウォッチは、野人たちが大きな軍を集め始めたという噂を聞く
  • 前王ロバートの弟スタニスは王位継承権を主張し、ジョフリー出生の秘密を七王国中にばらまく

 

スポンサーリンク

よくわかる「王の乱立」の解説

だいたいの流れ

  • ジョフリーの命名日にティリオンがキングズ・ランディングに到着する
  • デナーリスは新しい拠点を求めて移動する
  • ナイツ・ウォッチはクラスターの砦にたどり着く
  • ナイツ・ウォッチは、“壁の向こうの王”ことマンス・レイダーが、野人の軍隊を集めているという噂を聞く
  • ドラゴンストーンで王位継承権を主張するロバートの弟スタニスは、七王国中にジョフリー出生の秘密をばらまく
  • ロブと北部軍はジェイミーを捕虜としたまま進軍する
  • サーセイはリトルフィンガーに、アリアを見つけ出すように命じる
  • シオンは、北の独立のためにはグレイジョイ家の船が必要だとロブに提案する
  • レンリーと同盟を結ぶ必要があると考えたロブは、交渉相手としてキャトリンを送り出す
  • サーセイはロバートの落とし子を全員殺すように、家来たちに命じる

 

キングズ・ランディングにて

命名日は誕生日と同じ

冒頭ではジョフリーの「命名日」を祝う闘いの儀式が行われている。命名日は、誕生日と同じ意味です。(生まれた子供に名前をつける日)

自分の命名日に残酷な遊びを楽しんでいるサイコ野ジョフリーは、酔っ払った騎士ドントス・ホラード(演:トニー・ウェイ)を愚か者(fool)と呼び殺そうとする。

しかし、サンサの助言もあり道化師(fool)として生かせておくことにする。

ドントス・ホラード

出典:hbo.com

英語の勉強

fool = 愚か者、道化師

このシーンでは両方にかかっている。

 

白色のレイヴンは「夏の終わり = 冬の始まり」を意味する

ティリオンがスモール・カウンセルに乱入するまえ、グランド・メイスター・パイセルは「“シタデル”(知識の城=The Citadel)よりレイヴン(使い鴉)が参りました」と言う。

このレイヴンは白色で、いままでの黒色のレイヴンとは役割が異なる。

  • 黒色のレイヴン⇒手紙を届ける
  • 白色のレイヴン⇒「夏の終わり = 冬の始まり」を知らせる

白色のレイヴンは「夏の終わり = 冬の始まり」を意味し、季節の変わり目を報告するときに使われる。

 

さらに詳しく

『ゲーム・オブ・スローンズ』の季節に関してはシーズン1エピソード3「冥夜の守人」で軽く説明しています。

また、“シタデル”(知識の城=The Citadel)はメイスターたちが集まる研究施設みたいなところ。詳しくは別の機会で…

 

アリアが行方不明であることは知られていない

スモール・カウンセルに乱入したティリオンは、そこで初めてアリアが行方不明であることを知る。マズイと思っていたサーセイは、父タイウィンなどにその事実を隠していたのです。

「捕らえられたジェイミーと、スターク家の姉妹を交換できるかもしれない」という希望にかけて、サーセイは情報通のリトルフィンガーにアリアの捜索を命じじる。

 

ロバートの落とし子

サーセイはロバート前王の落とし子を全員殺すよう、シティ・ウォッチに命じる。当然、武具屋のジェンドリーも標的になります。

しかし、時すでに遅し。彼は自分で作った「牡牛の兜」を持ったままアリアらと“壁”に向けて出発している…

 

エッソスにて

デナーリス、3頭のドラゴン、数少ないドスラク人は、新しい拠点を求めて“赤い荒野”を歩き続ける。

カール・ドロゴから頂いた馬は死に、みんなは限界を迎えている。(しかも残ったドスラク人は年寄りばかりで、戦士はいない)

デナーリスは辺りを探索するように部下に命じる。

 

“壁”の向こう側

ナイツ・ウォッチはクラスターの砦に到着する。クラスター(演:ロバート・パフ)は娘を妻とする野人だが、以前からナイツ・ウォッチと協力的関係を築いており、今回も宿を提供する。

クラスター

出典:hbo.com

 

ナイツ・ウォッチたちは、“壁の向こうの王”(キング・ビヨンド・ザ・ウォール=King beyond the Wall)と名乗るマンス・レイダーが野人を集めて大軍を作っているという噂をクラスターから聞く。

ココがポイント

  • マンス・レイダーはかつてナイツ・ウォッチに所属していた。しかし、彼は誓いを破り、“壁”の向こう側に住むようになる。
  • マンス・レイダーはシーズン1・エピソード6「黄金の冠」で少しだけふれられている。(ブランが野人たちに襲われるシーン)

 

このシーンから登場する新キャラをもう2人ほど紹介しよう。

ナイツ・ウォッチのエディソン・トレット(演:ベン・クロンプトン)。略してエッド。

エディソン・トレット

出典:hbo.com

 

クラスターの娘であり妻であるジリ(演:ハンナ・マリー)。

ジリ

出典:hbo.com

 

ドラゴンストーンにて

シーズン1から名前が出続けたロバートの弟、スタニス・バラシオンがここで初めて登場する。

スタニスの拠点ドラゴンストーンは、ブラックウォーター湾に浮かぶ島で、キングズ・ランディングの北東に位置する。

 

ドラゴンストーンにまつわる歴史やバックグラウンドは長くなってしまうので、少しづつ説明していきます。

今回は新キャラ4名について軽く紹介。

 

スタニス・バラシオン(演:スティーヴン・ディレイン)

スタニス・バラシオン

出典:hbo.com

  • ロバート前王の弟(バラシオン家の次男)
  • レンリーの兄
  • 兄弟とは不仲

 

ジョフリーの出生の秘密を握っているスタニスは、自分に王位継承権があると主張する。

ココがポイント

シーズン1・エピソード7「勝つか死ぬか」でネッドは投獄される前、秘密が書かれた手紙をスタニス宛に送っていた。

 

スタニスは兄弟と仲が悪い。

ロバート王朝時代はスモール・カウンセルで海軍大臣(Master of Ships)を務めていたが、ドラゴンストーンを保持するように命じられ、事実上の左遷。

玉座を狙っているレンリーとは、これからバトルことになる。

 

メリサンドル(演:カリス・ファン・ハウテン)

メリサンドル

出典:hbo.com

  • “光の王”(ロード・オブ・ライト=Lord of Light)の女祭司
  • スタニス・バラシオンの助言者
  • 通称“レッド・ウーマン”(紅の女=Red Woman)

 

メリサンドルは、ウェスタロスでは崇拝されていない“光の王”(ロード・オブ・ライト=Lord of Light)の女祭司。スタニス(及びドラゴンストーンの人間)は“七神正教”(フェイス・オブ・ザ・セブン=Faith of the Seven)を崇拝しているが、メリサンドルは“光の王”に改宗させようとしている。(海辺で焼かれていたのは七神正教の神像)

『ゲーム・オブ・スローンズ』の宗教

『ゲーム・オブ・スローンズ』に登場する宗教の概要はシーズン1・エピソード6「黄金の冠」で説明しています。

 

ダヴォス・シーワース(演:リアム・カニンガム)

ダヴォス・シーワース

出典:hbo.com

  • スタニス・バラシオンの助言者
  • 元は密輸業者だが、スタニスによって騎士に叙任される
  • 通称“オニオン・ナイト”(玉葱の騎士=Onion Knight)

 

マットス・シーワース(演:カー・ローガン)

マットス・シーワース

出典:hbo.com

  • ダヴォス・シーワースの息子
  • スタニス・バラシオンの従者
  • “光の王”(ロード・オブ・ライト=Lord of Light)を崇拝する

 

スタニスの言葉を手紙にうつしていたのがマットス。(ジョフリーの秘密に関する手紙)

 

北部軍の基地にて

順調に勝利が続く北部軍はジェイミーを捕虜としたまま進軍する。

しかし、兵士の数ではラニスターに対抗てきないと考えたロブは2つの新しい策を打診する。

  1. グレイジョイ家との同盟
  2. レンリー・バラシオンの軍との同盟

 

グレイジョイ家の同盟

グレイジョイ家の息子であるシオンは、キングズ・ランディングを包囲するためにグレイジョイ家の船が必要だと提案する。

 

ところが、キャトリンは“グレイジョイの反乱”(Greyjoy's Rebellion)を起こしたベイロン・グレイジョイは信用すべきではないと忠告する。

“グレイジョイの反乱”とは?

“グレイジョイの反乱”(Greyjoy's Rebellion)についてはシーズン1・エピソード4「壊れたものたち」で軽く説明しています。

 

レンリー・バラシオンの軍との同盟

このままでは「娘たちの解放」や「北の独立」が叶わないとふんだロブは、レンリーの軍と同盟を結ぶ必要があると考える。

レンリーは10万の兵士(北部軍は2万弱)を抱えており、同盟を結べばラニスター家が和睦に応じると信じている。レンリーとの交渉のためにキャトリンを南へと向かわせる。

 

スポンサーリンク

「王の乱立」の感想

「王の乱立」というタイトルにふさわしく、スターク家やラニスター家だけではくバラシオン家(しかも兄弟で対立)も参入してきた王位争奪戦。(まぁスターク家は王位を狙っているというより独立を目指しているのだけど)

舞台やキャラが多くて頭パンパン問題が発生したシーズン1だったが、ここからまたドラゴンストーンやらで新キャラがバンバン出てきそうですね。

 

 

ちなみに解説で「赤い彗星」と「ライトブリンガー(lightbringer)」を抜かしましたが、

これに関しては分からない点が多いのであえて触れていません。

 

このブログを書いているのは、最終章であるシーズン8の放送前でまだストーリーが完結していません。

「シーズン8で伏線回収があるのでは?」と踏んでいます…

 

 

ホーダー×0回

 

「王の乱立」の名言

Power is power.

力となるのは“力”よ

サーセイ・ラニスター

 

>>つぎは「エピソード2:粛清(The Night Lands)」

 

>>「ゲーム・オブ・スローンズ」各エピソードのまとめページへ行く

まとめページ
【解説】「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてがわかるガイドブック

世界的に社会現象となっている解説「ゲーム・オブ・スローンズ」を日本でも流行らせたい! そんな思いで、「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてのエピソードを解説することにしました。   当ブログで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-シーズン2:王国の激突の解説

Copyright© 冬来いよ , 2019 All Rights Reserved.