シーズン2:王国の激突の解説

【解説】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン2・エピソード5「ハレンの巨城」

2019年3月7日

スポンサーリンク
ハレンの巨城

出典:hbo.com

この記事では海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の解説・あらすじ・感想を書いております。今回は

  • シーズン2:王国の激突
  • エピソード5:ハレンの巨城

ネタバレありで紹介しますので、エピソードを一度観たうえで振り返りとして当ブログを確認いただければと思います。(リンクがはってあるキーワードをクリックすると詳細を確認できるが、これもネタバレにつながる可能性あり)

 

 

スポンサーリンク

すぐにわかる「ハレンの巨城」のあらすじ

前回のおさらい(シーズン2、エピソード4:「光と影」)

  • ロブは負傷者の手当てをするタリサという女性と出会う
  • “壁”に向かう一同はハレンの巨城で拷問される
  • デナーリスはクァースという港都市にたどり着く
  • スタニスはレンリーに、最後の降参のチャンスを与える
  • メリサンドルはヤバイものを出産する

 

今回のあらすじ

  • メリサンドルから生まれた“スタニスの顔をした影”がレンリーを殺す
  • シオンは北部奪略のために“鉄諸島”から去る
  • ラニスター軍の守兵のふりをしているジャクェン・フ=ガーはアリアに、3つの命を約束する
  • “冥夜の守人”は“最初の人々の拳”と呼ばれる場所でクォリンと合流する
  • ティリオンは火術師を訪ね、膨大の数のワイルドファイアが貯蔵されていることを知る

 

スポンサーリンク

よくわかる「ハレンの巨城」の解説

だいたいの流れ

  • メリサンドルから生まれた“スタニスの顔をした影”がレンリーを殺す
  • レンリー殺しと責められたブライエニーは、キャトリンとともに逃げる
  • レンリーのバックについていたタイレル家は去り、それ以外はスタニス側に付く
  • ダヴォスに説得されたスタニスは、王都侵略からメリサンドルを置いておくことを決める
  • ジョフリーは来たる戦のために、ワイルドファイアを用意していることをティリオンは知る
  • シオンは北部奪略のために“鉄諸島”から去る
  • ラニスター軍の守兵のふりをしているジャクェン・フ=ガーはアリアに、3つの命を約束する
  • “冥夜の守人”は“最初の人々の拳”と呼ばれる場所でクォリンと合流する
  • ティリオンは火術師を訪ね、膨大の数のワイルドファイアが貯蔵されていることを知る
  • クァースに着いたデナーリスは黒魔導師から“不死者の館”に招待される
  • 守るべき人をなくしたブライエニーはキャトリンに忠誠を誓う
  • “トーレンズの方塞”が攻撃されていることを知ったブランは、200名の兵士を防御に向かわせる
  • クォリンとジョンらは野人の見張りを殺しに行く
  • 裕福なザロ・ゾアン・ダクソスは“鉄の玉座”を約束し、デナーリスに結婚を申し込む

 

ワイルドファイアとは?

“鬼火”や“ワイルドファイア”は戦争でもつかえる強力な燃焼物。ティリオンが訪れた火術師いわく、

炎素の熱は人肉をドロドロの油にする

ドラゴンなきあとワイルドファイアがターガリエン家を支えた

とのこと。

 

北部やバラシオン家の王都の侵略にそなえ、ジョフリー(とサーセイ)は“ワイルドファイア”を大量に用意していたのです。

 

シオンの北部奪略計画

船1隻しか与えられないシオン、完全に舐められていますね…

まぁそれはさておき、一等航海士のダグマーはシオンに“トーレンズの方塞”(トーレンズ・スクエア = Torrhen's Square)の奪略計画を立てる。

トーレンズ・スクエア

出典:fandom.com

 

計画内容をザックリまとめると、

  1. “トーレンズの方塞”に奇襲をかけ、奪略する
  2. 北部を侵略されたウィンターフェルの人間は応援にくる
  3. その隙をみて、手薄のウィンターフェルを襲う

 

北部の管轄である“トーレンズの方塞”が攻撃されたら、ウィンターフェルの兵士が応援にくると考えたシオンとダグマー。

で、実際その予想があたりましたね。ブランは武術師範のロドリック・カッセルと兵士200名を送り出しました。

なお、北部(ウィンターフェル含む)のほとんどの兵士はロブと南へ進軍しているので、全体的に手薄なのです…

 

ジャクェン・フ=ガーが約束した3つの命

ジャクェン・フ=ガー ハレンの巨城

出典:hbo.com

“壁”に向かう一同がラニスターの家臣に襲われた際、アリアは檻の中にいるジャクェン・フ=ガーという男を助け出しました。(エピソード3「鉄の決意」参照

ハレンの巨城でラニスター軍の守兵の“ふり”をしているジャクェン・フ=ガーはアリアに「3つの命」を約束する。ジャクェンは救ってくれた「3つの命」の借りがあるとして「3つの命」を“火の神”に返すという。

すげー難しいこと言ってるけど、簡単にいうと「殺したい人を私に言え、3人までだったら殺したる」っていうことです。

 

アリアはハレンの巨城で拷問をしていた”一寸刻み”という男を1人目の犠牲者に選びます。そしてジャクェンは約束を守りました。

 

残すは2人…

 

最初の人々の拳

移動中の“冥夜の守人”は“最初の人々の拳”(Fist of the First Men)といわれる歴史のある砦にたどり着く。

このシーンの「ターガリエンの時代より前に アンドル人の時代より前に “最初の人々”がここに立ってた」というサムの発言はこの時点ではちょっと意味不明ですよね。

アンドル人だとか“最初の人々”は別の機会で説明します。

 

ひとまず今回のポイントは2つ。

  1. クォリン・ハーフハンドの出会い
  2. “壁の向こうの王”と言わているマンス・レイダーが野人を集めているということ

 

クォリン・ハーフハンド(演:サイモン・アームストロング)は“冥夜の守人”のベテラン哨士。二本の指しかないことからハーフハンド(half hand)と呼ばれている。

クォリン・ハーフハンド

出典:hbo.com

“壁”の北側に6か月生息してたクォリンいわく、“壁の向こうの王”ことマンス・レイダーが野人たちを集め、大きな軍隊を用意しているとのこと。そして“冥夜の守人”がパトロールを行っていると知られる前に、近くの見張りを殺さないといけないと言う。

そういういきさつで、ジョンはクォリンの小さなグループに加わるのです。

 

港都市クァース、デナーリスに迫りくるナゾの人たち

デナーリス一行は“クァース”という港都市にしばらく滞在することにする。

エッソス大陸の貿易の中心地クァースは、裕福な都市として知られている。なかでも町一番のお金持ちのザロ・ゾアン・ダクソス(演:ノンソー・アノジー)はデナーリスと3つのドラゴンにゾッコンの模様。

ザロ・ゾアン・ダクソス

出典:hbo.com

デナーリスが結婚をしてくれるなら、七王国と“鉄の玉座”を約束するとまで言う。

しかし、ジョラーはお金持ちの外国人を信用するなと忠告する…

 

 

次は黒魔導師のパイアット・プリー(演:イアン・ハンモア)がデナーリスにアプローチをする。

パイアット・プリー

出典:hbo.com

このナゾの黒魔術師はデナーリスを“不死者の館”(House of the Undying)に招こうとしている…

 

そして最後に紹介するのは、クェイスというナゾの女性(?)

クェイス

出典:hbo.com

今こそ真の守護者を求めている

私は世に奇跡が生まれると現れます

奇跡は見た者を虜にする

ドラゴンは火でできている

火はすなわち力です

byクェイス

とジョラーに言い放ち、どこかへ去っていきました。

そしてジョラーの正体(生まれの地など)を知っていましたね。

 

この人は、なんなんでしょう?

 

スポンサーリンク

「ハレンの巨城」の感想

解説では触れてないけど、本エピソード「ハレンの巨城」で一番好きなシーンはアリアとタイウィン・ラニスターによるにらみ合い。

北部の人だと見破られたアリアは、“北の王”のロブの印象について聞かれ、

不死身のものはいない

Anyone can be killed.

byアリア

と答える。

 

そのとき、タイウィンの「てめえ もしかして俺のこと言ってるのか?」という鋭い眼差し。

 

アリア正体がバレていませんね。良かったね、昔はインターネットとか写真とかなくて。

 

 

ホーダー×1回

 

「ハレンの巨城」の名言

There's nothing more sickening than a man in love.

恋する男ほど気持ち悪いものはない

byエッド

 

>>「ゲーム・オブ・スローンズ」各エピソードのまとめページへ行く

まとめページ
【解説】「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてがわかるガイドブック

世界的に社会現象となっている解説「ゲーム・オブ・スローンズ」を日本でも流行らせたい! そんな思いで、「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてのエピソードを解説することにしました。   当ブログで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-シーズン2:王国の激突の解説

Copyright© 冬来いよ , 2019 All Rights Reserved.