ドラマ 前日譚シリーズ『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』

『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』とは?『ゲーム・オブ・スローンズ』前日譚シリーズ第1弾について分かっていること総まとめ

2021年1月1日

ハウス・オブ・ザ・ドラゴン ポスター

出典:hbo.com

この記事では、『ゲーム・オブ・スローンズ』の前日譚スピンオフシリーズ『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン(原題:House of the Dragon)』について分かっていることをまとめています。

  • 前日譚スピンオフシリーズとは?
  • いつから放送するの?
  • どんなストーリー?
  • 誰が出るの?

など、新シリーズの詳細を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

ルール・注意点

  • この記事に記載されている内容は2021年1月24日時点の情報です
  • 最新情報入り次第、記事内容を更新しています
  • 更新した情報は打ち消し線などで、どこがどう変わったかを分かるようにしています
  • 推測や予想は文末に「?」をつけて、事実と区別してあります
  • 『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』のネタバレになり得る情報が含まれています

 

そもそも前日譚スピンオフシリーズとは?他に予定しているプロジェクトは?

『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』の詳しい説明に入る前に、大枠の前日譚スピンオフシリーズを簡単に紹介します。(そんなのどうでもいい!『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』について早く知りたい!という方はこちらをタップしてください)

 

『ゲーム・オブ・スローンズ』の前日譚スピンオフシリーズとは

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』の舞台から時代を遡ったシリーズ(すべて『ゲーム・オブ・スローンズ』の続編ではなく、前の時代が描かれる)
  • アメリカでの放送配信は『ゲーム・オブ・スローンズ』に引き続きHBO(とHBO Max)
  • 複数の別々のシリーズが企画されており、将来的には3〜5作が制作される予定??(※HBO非公式情報だが、原作者ジョージ・R・R・マーティンが自身のブログで構想を語っています、詳しくはこちらでまとめました)
  • 2021年1月1日時点で、正式にシリーズ化が決まっているのは『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン(原題:House of the Dragon)』のみ
関連記事
「ゲーム・オブ・スローンズ/前日譚シリーズ」原作者GRRMがブログで発信してる内容をまとめてみた

19年10月31日更新 「ゲーム・オブ・スローンズ/前日譚シリーズ」の <1作目>ホワイト・ウォーカー誕生起源を描くシリーズ「仮題:Bloodmoon」は制作中止 <2作目>ターガリエン家に焦点を当て ...

続きを見る

 

前日譚スピンオフは複数のシリーズが計画されており、その1作目が『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』となります。

もっと正確に言うと、正式なゴーサインが出ているのは『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』のみ。実は『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』の前に、全く別のシリーズのパイロット(1話目)の撮影が行われていましたが、こちらはHBOがシリーズ化の許可を出すことなくお蔵入りに。

キャンセルとなってしまったシリーズ

  • 仮題「Bloodmoon(ブラッドムーン)」としてパイロットを撮影後、HBOがシリーズ化をキャンセルした
  • 時代設定は『ゲーム・オブ・スローンズ』より数千年前、ホワイト・ウォーカーの誕生起源が描かれる予定だった(ジョージ・R・R・マーティンは「The Long Night(長き夜)」と呼んでいた)
  • ナオミ・ワッツを主演に据え、ジェイミー・キャンベル・バウアー、ミランダ・リチャードソン、ナオミ・アッキーらが出演する予定だった

 

キャンセル
「ゲーム・オブ・スローンズ」前日譚シリーズ1作目のあらすじ&キャスト

2020年以降に放送を予定している「ゲーム・オブ・スローンズ」の前日譚シリーズ。 前回の記事では、GOT原作者でありながら前日譚シリーズのプロデューサー兼脚本家を務めるジョージ・R・R・マーティンが発 ...

続きを見る

キャンセル
スターク家やダイアウルフ!「ゲーム・オブ・スローンズ」前日譚5つの新事実!

19年10月31日更新 「ゲーム・オブ・スローンズ/前日譚シリーズ」の <1作目>ホワイト・ウォーカー誕生起源を描くシリーズ「仮題:Bloodmoon」は制作中止 <2作目>ターガリエン家に焦点を当て ...

続きを見る

↑このシリーズがキャンセルとなりました

 

 

残念ながら「Bloodmoon(ブラッドムーン)」は中止となってしまいました。

しかし、『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』のシリーズ化(とりあえず1シーズン分)は決まっていますし、HBOが急に方針を変えない限りいずれは2作目以降も制作されるはず…

 

と、自信をもって言い切りたいところなんですが、2021年1月1日時点で2作目以降の前日譚スピンオフシリーズがどのような物語になるか、いつ放送されるのか、誰が制作するのか、何ひとつ決まっていません。逆に、やらないであろうシリーズは予想できちゃいます。

2021年1月23日更新

複数の前日譚シリーズが企画段階にあることが明らかになりました。(※あくまでも企画段階、またこれは上で述べた3〜5作とは関係ない別のシリーズかもしれません?)

検討されているのは、『ゲーム・オブ・スローンズ』の約90年前が舞台の「ダンクとエッグの物語」や、同じく16年前の「ロバートの反乱」など。詳しくは下の記事にまとめています。

関連記事
『ゲーム・オブ・スローンズ』新シリーズが企画中、「ダンクとエッグの物語」や「ロバートの反乱」などを実写化へ

この記事のポイント いくつかの『ゲーム・オブ・スローンズ』の前日譚シリーズが企画段階にあることが明らかになった 企画されているのは、『ゲーム・オブ・スローンズ』の約90年前が舞台の「ダンクとエッグの物 ...

続きを見る

 

ただし!!!

 

ジョージ・R・R・マーティンは自身のブログで、ダンクとエッグの物語(『七王国の騎士』)は続編を書き終えない限りやらないし、ロバートの反乱はテレビシリーズ化しないと宣言していました。

まあ、これは2017年5月に発信している内容なので、情報としてはちょっと古いですが…HBO⇄ジョージ・R・R・マーティンでちゃんとコミュニケーションが取れているか気になるところですね。

We’re not doing Dunk & Egg. Eventually, sure, I’d love that, and so would many of you. But I’ve only written and published three novellas to date, and there are at least seven or eight or ten more I want to write. We all know how slow I am, and how fast a television show can move. I don’t want to repeat what happened with GAME OF THRONES itself, where the show gets ahead of the books. When the day comes that I’ve finished telling all my tales of Dunk & Egg, then we’ll do a tv show about them… but that day is still a long ways off.

We’re not doing Robert’s Rebellion either. I know thousands of you want that, I know there’s a petition… but by the time I finish writing A SONG OF ICE & FIRE, you will know every important thing that happened in Robert’s Rebellion. 

NOT A BLOGより引用

ざっくり翻訳

  • ダンクとエッグの物語はやらない
  • いつかは、やりたいし、皆さんもそうでしょう
  • でも今までに書いて発表したのは3篇の中編だけで、 あと7か8あるいは10篇は書きたい
  • 私がどれだけ書くのが遅くて、テレビ番組がどれだけ速く進むかは知っているよね
  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』と同じように、本よりもテレビ番組の方が先に進んでしまうようなことはしたくない
  • ダンクとエッグの物語をすべて書き終える日がきたら、テレビ番組をやりましょう......でも、それはまだ先の話だね
  • ロバートの反乱もやらない
  • たくさんの人がそれを望んでいるのは知っている、嘆願書があるのも知っている
  • しかし私が『氷と炎の歌』を書き終える頃には、ロバートの反乱で起きた重要な出来事は全て分かっていることでしょう 

 

「ダンクとエッグの物語」は『ゲーム・オブ・スローンズ』の約90年ほど前を描く、中編からなるシリーズ。現在は3作が書かれており、原作者ジョージ・R・R・マーティンはこれから続編を執筆、出版する予定だと過去のインタビューでこたえています。

  • 草臥しの騎士(旧題:放浪の騎士) The Hedge Knight
  • 誓約の剣 The Sworn Sword
  • 謎の騎士 The Mystery Knight

上の3作をおさめた『A Knight of the Seven Kingdoms』が2015年10月6日に出版、2016年12月20日に日本語訳『七王国の騎士』が出版されています。

created by Rinker
¥867 (2021/01/24 15:46:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』とは? 簡単にまとめると…

おまたせしました。それでは、本題の『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』の説明に入りましょう。

『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン(原題:House of the Dragon)』とは

  • ざっくり
    ⇒ターガリエン家に焦点を当てたシリーズ、『ゲーム・オブ・スローンズ』前日譚スピンオフシリーズの1作目
  • 前日譚スピンオフシリーズ
    ⇒『ゲーム・オブ・スローンズ』で起きた出来事の“前”が舞台のスピンオフシリーズ、将来的には3〜5作が制作される予定??
  • 原作
    ⇒原題『Fire & Blood: 300 Years Before A Game of Thrones』、日本語訳『炎と血』に基づいて制作される(同作はターガリエン家の年代記)
  • シーズン数、エピソード数
    ⇒制作が決まっているのは1シーズン、全10話のみ(シーズン数、そもそもシーズン2以降があるかは決まっていない)
  • アメリカでの放送配信プラットフォーム
    ⇒HBO、HBO Max
  • 日本での放送配信プラットフォーム
    ⇒スターチャンネル??その頃はHBO Max??
  • ショーランナー
    ⇒ライアン・コンダルとミゲル・サポチニク
  • 監督
    ⇒ミゲル・サポチニク、クレア・キルナー、ジータ・パテル、グレッグ・ヤイタネス
  • ジョージ・R・R・マーティン
    ⇒クリエイター、製作総指揮
  • キャスト
    ⇒パディ・コンシダイン、オリヴィア・クック、エマ・ダーシー、マット・スミス
  • ロケ地
    ⇒メイン屋内スタジオはイギリスのリーブスデン・スタジオ

 

以下、詳しく説明していきます。

 

原作は『Fire & Blood』、日本語訳『炎と血』は2020年12月17日に発売

実写TVシリーズ『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』は『ゲーム・オブ・スローンズ』と同じ原作者ジョージ・R・R・マーティンが2018年に出版した『Fire & Blood: 300 Years Before A Game of Thrones』をもとに制作されます。

 

『Fire & Blood: 300 Years Before A Game of Thrones』はターガリエン家を綴った年代記。日本語訳『炎と血』は二分冊・2カ月連続で早川書房より刊行されます。『Ⅰ』の発売日は2020年12月17日、『Ⅱ』は2021年1月下旬発売予定。

created by Rinker
早川書房
¥3,190 (2021/01/24 15:46:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,410 (2021/01/24 15:46:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

さらに詳しく『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』の背景を知りたい方は、日本語未訳のアンソロジー『Dangerous Women』と『Rogues』を読むべきかもしれません。というのも、ジョージ・R・R・マーティンは自身のブログで…

If you’d like to know a bit more of what the show will be about… well, I can’t actually spill those beans, but you might want to pick up a copy of two anthologies I did with Gardner Dozois, DANGEROUS WOMEN and ROGUES, and then move on to Archmaester Gyldayn’s history, FIRE & BLOOD.

NOT A BLOGより引用

ざっくり翻訳

番組の内容をもう少し知りたい方は...まあ、実際のところは言えないが、ガードナー・ドゾワと一緒に書いた2つのアンソロジー、『DANGEROUS WOMEN』と『ROGUES』を手に取って、アーチメイスター・ギルデインの歴史書、『FIRE & BLOOD』に移ってみてはいかがでしょうか。

 

補足

  • 2013年発売アンソロジー『Dangerous Women』(日本語未訳)に収録されている「The Princess and the Queen, or, the Blacks and the Greens」では、ターガリエンの二つの分家の内戦である双竜の舞踏(Dance of the Dragons)が描かれる
  • 2014年発売アンソロジー 『Rogues』(日本語未訳)に収録されている「The Rogue Prince, or, a King’s Brother」は"悪漢"プリンス・デイモンを主人公とする物語で、「The Princess and the Queen, or, the Blacks and the Greens」の前日譚にあたる
  • 『Fire & Blood』はアーチメイスターのギルデインが記した設定で書かれたターガリエン家の年代記
created by Rinker
¥1,500 (2021/01/24 15:46:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,011 (2021/01/24 15:46:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

あらすじと時代設定(七王国の征服戦争から始まる?それともいきなり双竜の舞踏から?)

ここは多くの推測が含まれます。

HBO公式あらすじには、『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』の時代設定は『ゲーム・オブ・スローンズ』の300年前と記載されています。

What’s it about?

Based on George R.R. Martin’s book Fire & Blood, the series will tell the story of House Targaryen (a.k.a. the House that gave us the Mother of Dragons herself, Daenerys Targaryen) and take place 300 years before the events of Game of Thrones.

HBO公式サイトより引用

ざっくり翻訳

ジョージ・R・R・マーティンの『Fire & Blood』に基づくシリーズはターガリエン家(ドラゴンの母であるデナーリス・ターガリエンと同じ家)に焦点があてられる。時代設定は『ゲーム・オブ・スローンズ』の300年前。

 

公式あらすじの「300年前」というのは原作『Fire & Blood: 300 Years Before A Game of Thrones』から来ているのでしょう。そうなると、『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』は、初代エイゴン・ターガリエンによる七王国の征服戦争(GOTの約300年前)から始まると予想できますが…

正式に決まっているキャストと役柄をみる限り、いきなりターガリエン家の内戦である双竜の舞踏(The Dance of Dragons)=GOTの約170年前から始まる可能性は十分に考えられます。というのも、2021年1月1日時点で発表されているキャストの役柄は、双竜の舞踏(The Dance of Dragons)で活躍するキャラクターたちしかいないからです。(詳しくは後ほど説明します

ポイント

  • 『Fire & Blood: 300 Years Before A Game of Thrones』は副題のとおり『ゲーム・オブ・スローンズ』の舞台の約300年前から始まる年代記(GOTの約300年前〜140年前のターガリエン家の治世を綴った年代記)
  • 初代エイゴン・ターガリエンとその姉妹であり妻であるヴィセーニャ、レイニスによる七王国の征服戦争が始まったのはGOTの約300年前
  • 双竜の舞踏(The Dance of Dragons)が起きたのはGOTの約170年前(征服戦争から約130年後)

 

また、HBOが発表している2頭のドラゴンのコンセプトアートも…

 

早くもコンセプトアートが公開!双竜の舞踏(The Dance of Dragons)で活躍するドラゴンたち

 

『ゲーム・オブ・スローンズ』公式Twitterアカウントより、『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』に登場する2頭のドラゴンのコンセプトアートが公開されました。

この2頭、SunfyreとCaraxesは双竜の舞踏(The Dance of Dragons)で活躍するドラゴン。

 

ハウス・オブ・ザ・ドラゴン コンセプトアート ドラゴン

こちらはSunfyreあるいは別名Sunfyre the Golden、乗り手はエイゴン・ターガリエン2世。

 

ハウス・オブ・ザ・ドラゴン コンセプトアート ドラゴン

こちらはCaraxesあるいは別名the Blood Wyrm、初代乗り手はプリンス・エイモン・ターガリエン、その後プリンス・デイモン・ターガリエン専用ドラゴンになる。(つまりマット・スミスが乗ることになるはず??

 

2021年1月23日更新

ドラゴンの名前、SunfyreとCaraxesは公式発表のように伝えてしまいましたが、真相(本当の名前)は明らかになっていません。

とはいえ、小説版Wikiの編集をされているElio&Lindaも上記と同じ内容を発信しているので、ほぼ間違いないでしょう。

 

放送配信は2022年を予定、アメリカでのプラットフォームはHBOとHBO Max

『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』は2022年公開予定。アメリカでは『ゲーム・オブ・スローンズ』と同じようにHBOで放送、またHBO Maxで同時に配信されます。

HBO Maxとは

  • 2020年5月からアメリカでサービスを開始したHBOの動画配信サービス(2015年から視聴できた配信サービスHBO NOWは、2020年5月からHBO Maxに引き継がれた)
  • HBO作品のほかにワーナー・ブラザースの映画やスタジオジブリ作品を視聴できる
  • 日本でのサービス開始は未定

 

HBO Max公式YouTubeチャンネルでは、すでに『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』を2022年の配信予定作品として公式にアナウンスしています。「2022年にやってくる(Coming in 2022)」としか書かれていないので、具体的な放送スケジュールはまだ分かりませんが…

※『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』の発表映像は0:48〜0:55頃

 

そして気になる日本での放送配信ですが、2021年1月1日現在、我々がいつどのように視聴できるのかは決まっていません。

  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』の知名度を考えると、アメリカ時刻と同時放送?(というか、同時じゃないと困る!!)
  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』と同じように、スターチャンネルで放送配信?それともHBO Maxが日本でも利用できるようになる??

※2021年1月1日現在、日本におけるHBO Maxのサービス提供は未定

と予想できますが、果たしてどうなるのでしょうか。2022年の放送配信サービスやTV番組の視聴方法は今と違うかもしれないので、なんとも言えませんね。というのも、、

 

2020年12月31日をもって、Amazon Prime Video チャンネルのスターチャンネルEXにて配信中の全HBO作品が配信休止となりました。(日本におけるHBOの視聴方法が変わる??)

※2021年1月1日以降は、BS10スターチャンネル、スターチャンネルオンデマンド、インターネットTVからHBO作品を視聴できます。

 

また、HBO幹部ケイシー・ブロイズはVarietyのインタビューで「『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』はHBOの番組だけど、HBO Maxで先行公開されるかも?」とも捉えられるような発言をしています。

Bloys also touched on the upcoming “Game of Thrones” prequel series “House of the Dragon,” which is slated to debut in 2022. While Bloys says it remains “an HBO show,” what that will mean by the time the show airs could change.

“It is an HBO show. What that means in ’22, could there be some sort of sneak or something? I mean, who knows?” he said. “Like I said before, we were talking ‘Euphoria,’ which we released early on Max the weekend before its linear premier. Who knows? I mean, ’22 seems so long away and so far out, so we’ll see. We’ll see how it goes. I just want to get shooting first.”

Varietyより引用

ざっくり翻訳

  • 『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』はHBOの番組
  • それが22年に何を意味するのか?こっそりと何かがあるかもしれない?誰にも分からないよね
  • 『ユーフォリア/EUPHORIA』はプレミアよりも前の週末にHBO Max公開したんだ
  • 誰が知ってるの?22年はまだ先のことのように思えるし、どうなるかは分からない
  • 様子を見よう、まずは先に撮影に取り掛かりたい

※HBOドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』シーズン2放送の前に、HBO Maxでボーナスエピソードが先行公開された

 

撮影開始は2021年4月、メインロケ地はイギリスのリーブスデン・スタジオ

HBO幹部であるケイシー・ブロイズはVarietyのインタビューで、『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』は2021年4月から撮影を開始すること、さらには撮影地がイギリスのロンドンから始まることを明かしました。

 

具体的な場所としては、イギリスのロンドンにあるリーブスデン・スタジオLeavesden Film Studios)。ここはワーナー・ブラザーズの屋内スタジオで最近だと2022年公開予定のマット・リーヴス監督、ロバート・パティンソン主演の『ザ・バットマン』、過去には

  • ミッション:インポッシブル
  • スター・ウォーズ
  • キングスマン
  • ダークナイト
  • ワンダーウーマン
  • ハリーポッター

の撮影が行われました。

 

なかでも『ハリー・ポッター』全シリーズを撮影した屋内スタジオとして有名で、現在も見学ツアー(Warner Bros. Studio Tour London – The Making of Harry Potter)で訪れることができます。

リーブスデン・スタジオ

 

となると、気になるのはあのスタジオですが…

残念ながら、『ゲーム・オブ・スローンズ』で10年間使用していたタイタニック・スタジオ(北アイルランドのベルファスト)は『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』で使用されないことが決定しています。

 

そして野外ロケ地は、2021年1月1日時点で公式に発表されている地域はありません。(スペインで撮影を行うという噂はあります

『ゲーム・オブ・スローンズ』と同じように北アイルランド、クロアチア、アイスランド、スペイン、マルタやモロッコがロケ地として使われるか要注目ですね。

 

制作スタッフ

参加決定のスタッフ

  • クリエイター
    ⇒ジョージ・R・R・マーティン、ライアン・コンダル
  • ショーランナー
    ⇒ライアン・コンダル、ミゲル・サポチニク
  • 製作総指揮(エグゼクティブ・プロデューサー)
    ⇒ジョージ・R・R・マーティン、ライアン・コンダル、ミゲル・サポチニク、ビンス・ゲラルディス、サラ・ヘス、ロン・シュミット、グレッグ・ヤイタネス
  • 脚本
    ⇒ライアン・コンダル、ウェス・トゥック、クレア・キーチェル、ティ・ミッケル、サラ・ヘス、チャーメイン・デ・グレイト
  • パイロット(第1話)の監督
    ⇒ミゲル・サポチニク
  • その他エピソードの監督
    ⇒クレア・キルナー、ジータ・パテル、グレッグ・ヤイタネス(ミゲル・サポチニクが第1話以降も監督するかは不明)
  • 衣装のコンセプトアーティスト
    Benjamin Ip(ベンジャミン・イップ?ごめんなさい、読み方分かりません笑)

 

TVシリーズ『COLONY/コロニー』や映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』の脚本家として知られるライアン・コンダルは、『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』における超重要人物。彼はショーランナーだけではなくクリエイターでもあり、プロデューサーでもあり、脚本も担当しています。『ゲーム・オブ・スローンズ』でいうデイヴィッド・ベニオフとD.B.ワイスの立ち位置でしょうか。

※ライアン・コンダルがYouTube番組Beyond The Trailerに出演、10:26〜13:43頃に『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』について語る

 

ミゲル・サポチニクは、『ゲーム・オブ・スローンズ』で6エピソードを指揮したお馴染みの監督。

 

ミゲル・サポチニクは『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』のパイロット(第1話)の監督を務めることが決まっています。その他のエピソード(第2話以降)を監督するかは不明ですが、パイロットしか担当しない、ということは考えづらいですね。

『ゲーム・オブ・スローンズ』ではビッグバトルを監督したので、『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』でも激しいアクションが含まれるエピソードを任されるのでしょうか??

 

そして気になるのは、『ゲーム・オブ・スローンズ』を手掛けたあの人たちですが…

クリエイターコンビのデイヴィッド・ベニオフとD.B.ワイスは『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』に関わりません。(D&DはNetflixでドラマ版『三体』を手掛ける予定)

あと有名どころでいうと作曲家のラミン・ジャヴァディ、衣装デザイナーのミシェル・クラプトンが『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』に参加するかどうかは2021年1月1日時点で決まっていません(※Benjamin Ip氏が担当する「衣装のコンセプトアーティスト」と「衣装デザイナー」は異なる)

 

 

2021年1月24日更新

新たに制作スタッフ2名が明らかになりました。

  • 衣装デザイナー
    ⇒ジャニー・ティマイム(代表作:ハリー・ポッターシリー、007 スカイフォールなど)
  • 美術監督
    ⇒ジム・クレイ(代表作:トゥモロー・ワールド、オリエント急行殺人事件など)

 

キャスト

2021年1月1日時点で『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』の正キャストは4名発表されています。HBO公式サイトには、演じるキャラや役柄も記載されています。

 

パディ・コンシダイン

出典:hbo.com

Paddy Considine as King Viserys Targaryen. Viserys was chosen by the lords of Westeros to succeed the Old King, Jaehaerys Targaryen, at the Great Council at Harrenhal. A warm, kind, and decent man, Viserys only wishes to carry forward his grandfather’s legacy, but as we’ve learned from Game of Thrones, good men do not necessarily make for great kings.

HBO公式より引用

ざっくり翻訳

パディ・コンシダイン(ヴィセーリス・ターガリエン王役)

  • ハレンホールの大評議会にて、ウェスタロスの領主たちにより、老王ジェヘアリーズ・ターガリエンの後継者としてヴィセーリスが選ばれた
  • 温かく、優しく、まともな男であるヴィセーリスは祖父の遺産を引き継ぐことだけを望んでいる
  • しかしゲーム・オブ・スローンズから学んだように、善人は必ずしも偉大な王になるとは限らない

パディ・コンシダインの代表作:『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』『アウトサイダー』

 

 

オリヴィア・クック

出典:hbo.com

Olivia Cooke as Alicent Hightower. She’s the daughter of Otto Hightower, the Hand of the King, and the most comely woman in the Seven Kingdoms. She was raised in the Red Keep, close to the king and his innermost circle; she possesses both a courtly grace and a keen political acumen.

HBO公式サイトより引用

ざっくり翻訳

オリヴィア・クック(アリセント・ハイタワー役)

  • 王の手であるオットー・ハイタワーの娘
  • 七王国で最も美しい女性
  • 王のそばでレッドキープの中で育った
  • 宮廷的な優美さと鋭い政治的洞察力を持つ

オリヴィア・クックの代表作:『レディ・プレイヤー1』『ベイツ・モーテル』

 

 

エマ・ダーシー

出典:hbo.com

Emma D’Arcy as Princess Rhaenyra Targaryen. The king’s first-born child. She is of pure Valyrian blood, and she is a dragonrider. Many would say that Rhaenyra was born with everything…but she was not born a man.

HBO公式サイトより引用

ざっくり翻訳

エマ・ダーシー(レイニラ・ターガリエン役)

  • (ヴィセーリス)王の第一子
  • ヴァリリアの血を引くドラゴンライダー
  • 多くの者はレイニラは全てを持って生まれたと言うが...
  • 彼女は男として生まれなかった

エマ・ダーシーの代表作:『トゥルース・シーカーズ 〜俺たち、パラノーマル解決隊〜』

 

 

マット・スミス

出典:hbo.com

Matt Smith as Prince Daemon Targaryen. The younger brother of King Viserys and heir to the throne, Daemon is a peerless warrior and a dragonrider who possesses the true blood of the dragon. But it is said that whenever a Targaryen is born, the gods toss a coin in the air…

HBO公式サイトより引用

ざっくり翻訳

マット・スミス(プリンス・デイモン・ターガリエン役)

  • ヴィセーリス王の弟で王位継承者
  • 無類の戦士であり、ドラゴン血を持つドラゴンライダー
  • しかし、ターガリエンが生まれるたびに、神々はコインを空中に投げると言われている...

マット・スミスの代表作:『ザ・クラウン』『ドクター・フー』

 

注目すべきなのは、この4人のキャラは全員、ターガリエンの二つの分家の内戦である双竜の舞踏(Dance of the Dragons)で活躍する重要人物であることです。

HBO公式サイトに載っているあらすじには、「時代設定は『ゲーム・オブ・スローンズ』の300年前」としっかり書いてありますが、

ポイント

  • 初代エイゴン・ターガリエンとその姉妹であり妻であるヴィセーニャ、レイニスによる七王国の征服戦争が始まったのはGOTの約300年前
  • 双竜の舞踏(The Dance of Dragons)が起きたのはGOTの約170年前(征服戦争から約130年後)

なので、『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』はGOTの300年前をすっ飛ばしていきなり双竜の舞踏(Dance of the Dragons)から入る可能性も十分に考えられます。

 

 

以上です。

『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』の最新情報はTwitterでも発信しているので、ぜひフォローをお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-ドラマ, 前日譚シリーズ『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』

Copyright© 冬来いよ , 2021 All Rights Reserved.