シーズン1:七王国戦記

【解説】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン1・エピソード7「勝つか死ぬか」

2019年3月1日

勝つか死ぬか

出典:hbo.com

この記事では海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の解説・あらすじ・感想を書いております。今回は

  • シーズン1:七王国戦記
  • エピソード7:勝つか死ぬか

ネタバレありで紹介しますので、エピソードを一度観たうえで振り返りとして当ブログを確認いただければと思います。

 

 

スポンサーリンク

すぐにわかる「勝つか死ぬか」のあらすじ

前回のおさらい(エピソード6:「黄金の冠」)

  • ジェイミーとの闘いから回復したネッドは“王の手”に復職する
  • 決闘裁判に勝利したティリオンは自由の身となる
  • “黄金の冠”を被ったヴィセーリスは殺される

 

今回のあらすじ

  • ラニスター家は戦争の準備をする
  • ジョフリーの出生の秘密を知ったネッドは、サーセイに王都から出ていくように命令する
  • 狩りに出ていたロバート王は瀕死の重傷を負ってしまう
  • ジョンは“ナイツ・ウォッチ”の誓いを立てる
  • 危うく毒殺されそうになったデナーリスをみたカール・ドロゴは、七王国への侵略を決意する

 

スポンサーリンク

よくわかる「勝つか死ぬか」の解説

このエピソードあたりからストーリーが複雑になっていくと感じたので、

  • だいたいの流れ
  • 地域ごとの出来事(たとえばウィンターフェル、キングズ・ランディング、エッソス)

でまとめていきます。

 

だいたいの流れ

  1. タイウィン・ラニスターが軍を用意する
  2. ネッドは“秘密”を知ったことをサーセイに打ち明ける
  3. 娼婦のロスがキングズ・ランディングへ拠点を移す
  4. オシャはホワイト・ウォーカーをみたと明かす
  5. ベンジェン叔父さんの馬だけが“キャッスル・ブラック”に帰還する
  6. ロバート王は猪に突かれてしまい、瀕死の状態になる
  7. ネッドが代わりに遺言を書くが、少し改ざんする
  8. 「デナーリス懐妊」を密告したジョラーは恩赦状をもらう
  9. 毒殺されそうになったデナーリスは、ジョラーによって救われる
  10. “ナイツ・ウォッチ”の雑士に任命されたジョンは失望する
  11. ネッドは“リトルフィンガー”とレンリーの忠告を無視して、ロバートの弟スタニスを王の後継者とする
  12. “壁”の北側でジョンとサムは“ナイツ・ウォッチ”の誓いを立てる
  13. ジョンのダイアウルフの“ゴースト”が死人の手を発見する
  14. 妻が殺されそうになったことを知ったカール・ドロゴは憤慨し、七王国への侵略を決意する
  15. サーセイはロバート王の遺言状を破り、ジョフリーが王になるべきだと主張する
  16. ネッドは“リトルフィンガー”と“シティ・ウォッチ”に裏切られる

 

ラニスター家の基地(リヴァーランド付近)

権力はロバート王より上? タイウィン・ラニスター(演:チャールズ・ダンス)の登場

タイウィン・ラニスター

出典:hbo.com

  • ウェスタロス西部の総督
  • キャスタリーロックの城主
  • サーセイ、ジェイミー、ティリオンの父
  • “マッド・キング”ことエイリス・ターガリエン2世の“王の手”を務めていた(ロバートの反乱の前)

 

冒頭に登場したタイウィンはラニスター家のトップ。ラニスター家は七王国でもっとも金と権力があるとされているので、王であるロバートよりもタイウィン・ラニスターの方が立場が上という意見もある。

 

ネッドは前エピソード「黄金の冠」でタイウィンをキングズ・ランディングの法廷に召喚していました。

しかし、タイウィンはその命令を無視。ラニスター家の名前が汚されたと憤慨し、ティリオンを捕虜としたキャトリンの生まれの地リヴァーランへの侵攻を決意する。

 

ジェイミー出陣へ

ジェイミーは“キングズガード”(王の盾=Kingsguard)のメンバー。“キングズガード”はその名の通り、キングをガードしないといけない立場。

しかし、ジェイミーはネッドと決闘したあと、キングズ・ランディングを去り父タイウィンの基地へと向かってしまう。

“キングズガード”の任務を放棄し、戦争の準備に入ったということだ。

 

ウィンターフェルにて

“野人”のオシャはホワイト・ウォーカーをみた

ブランに危害を加えた罪で、ウィンターフェルの囚人となった“野人”のオシャ。メイスター・ルーウィンになぜ“壁”を超えて南側に来たのかを問われます。

 

メイスター・ルーウィン:「なぜここへ?」

オシャ:「仕方くなくさ 本当は南の果てまで行くつもりだった “長き夜”が来る前に」

メイスター・ルーウィン:「なぜ? 何を恐れている?」

オシャ:「昼に眠り 夜に狩る者たちがいる」

メイスター・ルーウィン:「フクロウ?」

オシャ:「そんなものじゃない」

メイスター・ルーウィン:「君の言う者たちは何千年も前に消えている」

オシャ:「消えてないよ 眠ってたのさ そして目覚めた」

 

これは、“壁”の北側でホワイト・ウォーカーを見たということですね。

 

ココがポイント

ここでもまた“長き夜”(Long Night)という言葉が出ましたね。注目ワードです。

 

“壁”周辺にて

ベンジェン叔父さんはどこへ?

サムと見張りを行っていたジョンは馬が“壁”に戻ってくるところ発見する。そしてサムは言う、

角笛(ホルン)を吹かないと!

レンジャーの帰還は1吹き

野人なら2吹き

3吹きは…

 

戻ってきた馬は、ベンジェン叔父さんのだった。

しかし、ベンジェン叔父さんはいない…

 

“ナイツ・ウォッチ”の役割と配属

ジョンは正式に“ナイツ・ウォッチ”(冥夜の守人=Night's Watch)の一員となる。

しかし、希望していた“レンジャー”(哨士=ranger)ではなくスチュワード (雑士=steward)に配属されてしまう。

 

“ナイツ・ウォッチ”は大きく分けると3つのポジションがある。(メイスターもあるけど、1城につき1人のみ)

  • “壁”の北側をパトロールする“レンジャー”(哨士=ranger)
  • “壁”を守る城の料理や掃除などの雑事を担当するスチュワード (雑士=steward)
  • “壁”の建設や修繕を行うビルダー(工士=builder)

 

ココがポイント

スチュワードのひとりダレオンはイースト・ウォッチ(東の物見城=East Watch)に派遣される。ジョンたちがいる“キャッスル・ブラック”(黒の城=Castle Black)はあくまでも壁を守る19城のうちの一つ。詳しい説明はまたおいおい…

 

“ナイツ・ウォッチ”の誓約と“ウィアウッド”

“ナイツ・ウォッチ”になるためには、誓約を唱えなければならない。そしてこの誓約をかわすと、

  • 死ぬまで一生脱退できない
  • 結婚できない、家族を持てない

ことにもなるのです。

 

その言葉は、

夜の闇 濃くなりし 見張りが始まる

我が死まで終わることなし

妻をめとらず 土地を持たず 子供をつくらず

冠を被らず 栄光を得ず

自らの持ち場で生きて死ぬ

我は闇雲の剣士 我は“壁”の見張り人となり

我は人の領土を守る盾となり

命と名誉にかけ 冥夜の守人に尽くす

この夜と すべての夜のために

 

ちなみに英語版はこちら

Night gathers, and now my watch begins.

It shall not end until my death.

I shall take no wife, hold no lands, father no children.

I shall wear no crowns and win no glory.

I shall live and die at my post.

I am the sword in the darkness. I am the watcher on the walls.

I am the shield that guards the realms of men.

I pledge my life and honor to the Night's Watch,

for this night and all the nights to come.

 

また、ジョンがこの誓約をかわした場所について少し。

北部(ウィンターフェル)出身のジョンは“ウィアウッド”(心の木=weirwood)に向かって“ナイツ・ウォッチ”の誓約を唱えます。この“ウィアウッド”は昔の神々(Old Gods)にとって神聖なものとされている。(昔の神々は前エピソード「黄金の冠」で少し紹介した北部の人間が崇拝する神)

“ウィアウッド”の前ではウソをついてはいけないとされていることから、ジョンはここで“ナイツ・ウォッチ”の誓約をかわすのです。

 

ジョンのダイアウルフの“ゴースト”が死人の腕を発見

誓いを立てた後、ジョンのダイアウルフの“ゴースト”が死人の腕をくわえて戻ってきました。

これは何かの予兆でしょうか?

 

ココがポイント

“ゴースト”の名前はこのエピソードではじめて判明しました。(登場はしているものの、名前は出ていなかった)これで名前が出たダイアウルフは“ゴースト”に加えてサンサの“レディ”とアリアの“ナイメリア”ですね。

 

エッソスにて

スパイ活動を行っていたジョラーに心変わり?

エピソード5「狼と獅子」では、ジョラーはデナーリスの相談役をやっているフリをして、実はスパイを行っていたことが判明しました。

ジョラーは「デナーリスが懐妊した」ことをヴァリスに密告し、ウェスタロスへ戻れるという恩赦状までも頂いた。これで晴れて故郷へ帰れる。

 

しかし、ジョラーは危うく毒殺されそうになったデナーリスを助ける。なぜ?

デナーリス(ターガリエン家)に死んでもらった方が、ジョラーにとって都合が良い。「妊娠の報告」に加えて「暗殺の報告」ができれば“スモール・カウンセル”で絶賛されるはずだ。なのに、なぜ止めた?

 

ドスラクの王カール・ドロゴは七王国侵略を決意

妻デナーリスが毒殺されそうになった事実を知ったカール・ドロゴは七王国への侵略を決意する。今回はなんとか阻止したものの、七王国にいる人間は今後もデナーリス暗殺を試みると知ったからだ。

“鉄の玉座”に興味を示さなかったカール・ドロゴは「七王国をくれてやる」とデナーリスに約束する。

 

キングズ・ランディングにて

王土を揺るがすサーセイとジェイミーの秘密

ネッドは、サーセイに対し“秘密”を知ったことを打ち明ける。

  • 前“王の手”のジョン・アリンは、サーセイとジェイミーの関係を知ってしまったため殺されたこと
  • ブランを塔から突き落としたのはサーセイとジェイミーであること
  • ジョフリーを含めたバラシオン家の子ども3人はサーセイとジェイミーの間の子どもであること

そしてロバート王が狩りから戻ってきたら報告することを伝える。

 

しかし、サーセイは全くひるまない。

「で、それがどうした? あなたは私に勝てないわよ」といった感じの上から目線。さらには、ターガリエン家の習慣をだして言い訳までもする。

 

ココがポイント

ターガリエン家は昔から兄弟姉妹婚を行っている。その方が“ドラゴンの血”を保てるだとか。

 

ロバート王が最後に残した遺言状

狩りに出ていたロバート王はワインを飲みすぎて酔っぱらってしまい、猪に突かれて瀕死の重傷を負ってしまう。

助かる見込みがないと理解したロバートは、「ジョフリーが成人するまでネッドを摂政に任命する」という遺言をネッドに書かせる。

しかし、ジョフリー出生の秘密をしっているネッドはジョフリー⇒正当な後継者」と密かに書きかえる。ネッドは、正当な後継者はロバートの弟スタニス・バラシオンであるべきだと考えているのだ。

 

ココがポイント

スタニス・バラシオンはこの時点でまだ登場していない。今後ストーリーに関わってきます。

 

英語の勉強

milk of the poppy = 芥子(けし)の汁

ネッドはグランド・メイスター・パイセルに「芥子(けし)の汁」をロバート王に差し上げるようにお願いする。この汁は痛み止めと麻酔の役割を果たす薬みたいなもので『ゲーム・オブ・スローンズ』の世界では度々でてくる。

 

そして、、

“キングズガード”(王の盾=Kingsguard)のバリスタン・セルミーは「ロバート王はワインを飲み過ぎてかなり酔っていた」と言っていました。ワインを飲ませたのは誰? 

そう、従者のランセル・ラニスターです。

 

ネッドは2人の忠告を無視

ロバート王が亡くなる直前、バラシオン家の末弟レンリーはクーデターを起こすべきとネッドに忠告します。サーセイが何か企んでいることを思い、先に打つべきだと。

しかし、油断しているネッドはレンリーの意見に耳を傾けない。ロバートの弟スタニス(レンリーの兄)が正当な後継者だと言い、自室に戻ってしまう。

見かねたレンリーは友人(愛人)のロラス・タイレルとともにキングズ・ランディングを去ってしまう。

 

さらには、ネッドは“リトルフィンガー”の意見も無視。

“リトルフィンガー”はスタニスではなくジョフリーを玉座に座らせ、上手くいかなかったらレンリーを王にすべきだと主張しています。

 

裏切られたネッドは逮捕される

忠告を無視したネッドは「ジョフリーは正当な後継者ではなく、継承権もない」と訴える。

しかし、“リトルフィンガー”と“シティ・ウォッチ”(王都の守人=City Watch)に裏切られ、反逆者として逮捕されてしまう。

“シティ・ウォッチ”はサーセイ(ラニスター家)によって買収されていたのです。

 

ココがポイント

“シティ・ウォッチ”は七王国の他の組織と違い、特定の家に忠誠心を誓っていない。給料を払ってくれるところに忠誠を誓う。

 

スポンサーリンク

「勝つか死ぬか」の感想

ネッド!!

“シティ・ウォッチ”は裏であっさり買収されていました。サーセイの力を見くびっていましたね。

でもネッドさん、ちょっと愚か?

ふつうは、自分の手持ちのカードを敵にみせないよね?

ロバート王が帰ってくるまで黙ってればよかったのに...

 

そして“リトルフィンガー”てめえコノヤロウ。

今まではヴァリスを悪者扱いする描写が多かったけど、まさか裏切り者が“小指”だったとは。

 

ヴァリス、ごめんなさい。信じていいんだよね…だよね??

 

あと怒るカール・ドロゴ好き。

 

ホーダー×0回

 

「勝つか死ぬか」の名言

When you play the game of thrones, you win or you die. There is no middle ground.

王位争奪戦では勝つか死ぬか 妥協点はない

サーセイ・ラニスター

 

>>つぎは「エピソード8:進軍(The Pointy End)」

 

>>「ゲーム・オブ・スローンズ」各エピソードのまとめページへ行く

まとめページ
【解説】「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてがわかるガイドブック

世界的に社会現象となっている解説「ゲーム・オブ・スローンズ」を日本でも流行らせたい! そんな思いで、「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてのエピソードを解説することにしました。   当ブログで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-シーズン1:七王国戦記

Copyright© 冬来いよ , 2019 All Rights Reserved.