シーズン4:戦乱の嵐-後編-

【解説】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン4・エピソード6「裁判」

2019年3月19日

裁判

出典:hbo.com

この記事では海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の解説・あらすじ・感想を書いております。今回は

  • シーズン4:戦乱の嵐-後編-
  • エピソード6:裁判

ネタバレありで紹介しますので、エピソードを一度観たうえで振り返りとして当ブログを確認いただければと思います。

 

 

スポンサーリンク

すぐにわかる「裁判」のあらすじ

前回のおさらい(シーズン4、エピソード5:「新王誕生」)

  • トメンが七王国の新王になる
  • デナーリスはエッソスに留まり、奴隷解放を続けることを決意する
  • リトルフィンガーはライサと結婚する
  • ジョンらはクラスターの砦にいたナイツ・ウォッチの反逆者を殺す
  • 解放されたブランらは再び北のウィアウッドを目指して出発する

 

今回のあらすじ

  • スタニスとダヴォスは“アイアン・バンク”から融資を得る
  • ヤーラはシオンを救出しようとするが失敗に終わる
  • デナーリスは統治の難しさに直面する
  • 裁判で侮辱的な発言をされたティリオンは憤慨し、決闘裁判を要求する

 

スポンサーリンク

よくわかる「裁判」の解説

 

ブレーヴォスの“アイアン・バンク”は資金が豊富

スタニスとダヴォスは、エッソス大陸の自由都市ブレーヴォスに到着する。目的は世界一の銀行“アイアン・バンク”(鉄の銀行=Iron Bank)から融資(軍資金)を得ること。

ココがポイント

ダヴォスはシーズン4・エピソード3「奴隷解放者」でシリーンと話しているときに、“アイアン・バンク”が融資してくれるかもしれないとひらめいた。

 

ダヴォスの説得は成功し、“アイアン・バンク”の行員である新キャラのティコ・ネストリス(演:マーク・ゲイティス)はスタニス側に融資することにする。

ティコ・ネストリス

出典:hbo.com

 

前エピソード「新王誕生」でも明らかとなったが、王室は“アイアン・バンク”に莫大な借金をしている。

つまり、“アイアン・バンク”は王室及び革命を起こそうとしているスタニス側の両方に融資をしている。

 

デナーリスは統治の難しさに直面する

デナーリスの統治はうまくいってるのだろうか?

  1. ドラゴンが暴れだし、ヤギの群れを襲う
  2. 無実な親方たち(奴隷の子供を磔にすることに反対した者)までも磔にしてしまう

 

特に2番目の「磔」はちょっとやりすぎたかもしれない。

新キャラのヒズダール・ゾ・ロラク(演:ジョエル・フライ)は奴隷を所持していた貴族の息子。

ヒズダール・ゾ・ロラク

出典:hbo.com

 

ヒズダールはデナーリスにこう訴えます。

父は磔に反対しましたが 他の者らの主張が通りしました

 

ココがポイント

デナーリスが親方たちを磔にした理由は、復讐のため。ユンカイ⇒ミーリーンへの道中、奴隷の子どたちは磔にされて殺されていた。(シーズン4・エピソード1「二本の剣」エピソード4「誓約を果たすもの」でその描写がある)

 

ヒズダールの親のように、奴隷を所有する親方たちがすべて「悪」だったとは言えない。なかには奴隷を公平に扱う者もいた。

 

デナーリスの統治方法は正しいのか?

親の“マッド・キング”みたいに暴走しなければいいのだけれど…

 

裁判官を務めるタイウィンの本当の狙い

ティリオンは、しょせん出来損ないの子。彼がナイツ・ウォッチになろうが、死刑になろうが、ぶっちゃけどっちでもいい。

タイウィンはそう思っている。

 

裁判官を務めているタイウィンの本当の狙いはジェイミーをキングズガードから辞めさせること

ジェイミー:

“王の盾”(キングズガード)を辞め 父上の後継者として生きます

弟を生かしてくれれば

 

タイウィン:

よかろう

 

シーズン4・エピソード1「二本の剣」でも二人は口論になったが、タイウィンはジェイミーをキングズガードから辞めさせたいと考えている。父の後継者となり、キャスタリーロックの城主になるためにはキングズガードを辞退しなければらないからだ。

ココがポイント

ジェイミーがキングズガードのままだと、キャスタリーロックの城主(ラニスター家の跡取り)になることは出来ない。

なぜなら、キングズガードは領土や家族も持てない(結婚できない、子どもをつくれない)から。

 

そういった背景から、休廷中にジェイミーはキングズガードを辞めることを決意する。ティリオンが死刑を免れるならキャスタリーロックに戻って跡を継ぐと。

 

まぁ、うまくいかなかったけど…

 

スポンサーリンク

「裁判」の感想

FUCK YOU シェイ

 

シェイ FUCK YOU 

 

と言いたいけど、シェイに少し同情しちゃうな。結構ひどい別れ方だったからな…

(いや、でもあれはしょうがないんだ。ティリオンはああするしかなかった…)

 

このエピソード「裁判」は最高に好き。

誰かが歩み寄ってくる音を聞き、振り向くティリオンの顔。

シェイの発言に耐え切れなくなり、尻込むティリオン。

 

ティリオン役のピーター・ディンクレイジの演技力はずーっと光ってたけど、このエピソードは過去最高だな。

 

ティリオンのチャンピオンは誰になるのかな?

ジェイミーかな?

 

 

そして最後に、

 

FUCK YOU シェイ

 

 

ホーダー×0回

 

「裁判」の名言

I wish I was the monster you think I am!

I wish I had enough poison for the whole pack of you!

I would gladly give my life to watch you all swallow it!

お前らが思うよな怪物になりたい

お前らを殺せるだけの毒が欲しい

お前らの死を見れるなら命を差し出す

byティリオン

 

>>つぎは「エピソード7:月の扉(Mockingbird)」

 

>>「ゲーム・オブ・スローンズ」各エピソードのまとめページへ行く

まとめページ
【解説】「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてがわかるガイドブック

世界的に社会現象となっている解説「ゲーム・オブ・スローンズ」を日本でも流行らせたい! そんな思いで、「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてのエピソードを解説することにしました。   当ブログで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-シーズン4:戦乱の嵐-後編-

Copyright© 冬来いよ , 2019 All Rights Reserved.