シーズン5:竜との舞踏

【解説】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5・エピソード2「黒と白の館」

2019年3月23日

黒と白の館

出典:hbo.com

この記事では海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の解説・あらすじ・感想を書いております。今回は

  • シーズン5:竜との舞踏
  • エピソード2:黒と白の館

ネタバレありで紹介しますので、エピソードを一度観たうえで振り返りとして当ブログを確認いただければと思います。

 

 

スポンサーリンク

すぐにわかる「黒と白の館」のあらすじ

前回のおさらい(シーズン5、エピソード1:「新たな戦いの幕開け」)

  • ティリオンとヴァリスはエッソス大陸の自由都市ペントスに着く
  • ミーリーンでは“ハーピーの息子たち”が反逆行為を行う
  • リトルフィンガーとサンサはアリンの谷間を出て西に向かう
  • スタニスはマンス・レイダーを火あぶりの刑で処刑する

 

今回のあらすじ

  • アリアはジャクェンがいる“黒と白の館”に着く
  • ジェイミーとブロンは、ミアセラを救出するためにドーンへと向かう
  • サンサと遭遇したブライエニーは警戒され、追い払われてしまう
  • ジョンはナイツ・ウォッチの新総帥(ロード・コマンダー)に選ばれる
  • ミーリーンでは親方たちと元奴隷たちの間で争いが起きる

 

スポンサーリンク

よくわかる「黒と白の館」の解説

 

結婚の申し出はリトルフィンガー自身のものではない

サンサ:

出発前に届いた使い鴉の手紙の内容は?

 

リトルフィンガー:

目ざとくなりましたね

 

サンサ:

“黒き翼は 黒き言葉を運ぶ”と母が

 

リトルフィンガー:

古い言い伝えです 今回は違う

 

サンサ:

では いい知らせ?

 

リトルフィンガー:

結婚の申し出が承認された

 

サンサ:

ライサ叔母様の喪中では?

 

宿屋にて“レイヴン”(使い鴉=Raven)が届けた手紙の内容について話すサンサとリトルフィンガー。レイヴンの手紙は前エピソード「新たな戦いの幕開け」でリトルフィンガー宛に届いていたが、その内容については触れられていなかった。(ロビン・アリンの稽古を見守っていたとき)

ロビンアリン アリンの谷間

出典:hbo.com

 

このエピソードでは、手紙は「結婚の申し出が承認された」内容だったことがわかる。そしてサンサが言うように、喪中のリトルフィンガー自身の結婚ではない。

リトルフィンガーではなく、他の人の結婚の話…

 

マーテル家が治めるドーンと新キャラ3名

このエピソードから、名前だけはしょっちゅう挙がってたドーン(Dorne)が舞台のひとつとなる。(やっとかよ)

ドーン

出典:fandom.com

 

マーテル家が治めるドーンは、サーセイとジェイミーの娘ミアセラが暮らしている場所。彼女は、マーテル家の息子に嫁ぐためにシーズン2・エピソード6「古今の神々」からドーンへと旅立っていた。

 

この舞台から新たに登場する新キャラ3名と俳優チェンジについて触れておこう。

 

ドーラン・マーテル(演:アレクサンダー・シディグ)

ドーラン・マーテル

出典:hbo.com

 

トリスタン・マーテル(演:トビー・セバスチャン)

トリスタン・マーテル

出典:hbo.com

  • ドーランの息子
  • ミアセラの婚約者

 

アリオ・ホター(演:デオビア・オパレイ)

アリオ・ホター

出典:hbo.com

  • マーテル家の衛士隊長
  • ドーランの専属ボディーガード

 

<俳優チェンジ>ミアセラ・バラシオン(演:ネル・タイガー・フリー)

ミアセラ・バラシオン

出典:hbo.com

  • サーセイとジェイミーの娘
  • トリスタンの婚約者

 

ココがポイント

ミアセラ・バラシオン役

  • シーズン1~2:エイミー・リチャードソン
  • シーズン5~:ネル・タイガー・フリー

 

スターク家は北部でいつも支持されている

スタニスは、“ベアー・アイランド”(熊の島=Bear Island)のリアナ・モーモント(シーズン6より登場する)から届いた手紙をジョンに見せる。

熊の島が知る王はただ1人 北の王 スタークのみ

byリアナ・モーモント

 

北部領主がスターク家⇒ボルトン家に変わった今でも、モーモント家のようにスターク家に忠誠を誓い続ける名家は多い。だから七王国を統治したいスタニスは、北部をコントロールするには「スターク」の名前が必要だと考えている。

そういった背景から、スタニスはジョンを落とし子⇒嫡出子の「ジョン・スターク」に昇格させて味方につけようとする。

 

しかし、ジョンはナイツ・ウォッチへの誓いを立てたこと、さらには第998代の新総帥(ロード・コマンダー)に選ばれたためスタニスからのオファーを断る。

 

ココがポイント

シーズン4・エピソード8「山と毒蛇」ラムジー・スノウ⇒ラムジー・ボルトンのように、落とし子⇒嫡出子に昇格させることもできる。

 

ココがポイント

世間一般ではスターク家は滅んだと思われている

  • サンサ行方不明(王都を去ってから消息不明)
  • アリアたぶん死亡(シーズン1終盤からずっと死亡したと思われている)
  • ブラン死亡(シオンが殺したと思われている)
  • リコン死亡(シオンが殺したと思われている)
  • もちろんエダード、キャトリン、ロブが殺されていることは知られている

こんな状況でも、北部ではスターク家を支持する者は多い。また、たとえ落とし子であっても半分スタークのジョンは北部で好印象を持たれている。

 

スポンサーリンク

「黒と白の館」の感想

ぶっちゃけ言ってしまうと、シーズン5はあまり好きじゃない。

ストーリーラインの微妙さと、「え? なんの意味…?」みたいな場面が多いからだ。

 

たとえば、このエピソードでいうと、ブライエニーの意味不明な行動はいただけない。

  1. 宿屋でサンサとリトルフィンガーをたまたま見つける
  2. 「サンサさん、あなたことが守りたいんです」とアプローチ
  3. でも人間不信になっているサンサに断られる

ここまで、わかる。

 

でもその後、

  • 帰り際に暴れる
  • サンサやらが移動に使っている馬を逃がす
  • サンサやらの護衛を殺す

意味不明。

 

八つ当たり?

こんなことしたら余計に信用されない(信用しちゃいけない)人間として見られるのでは?

 

ストーリー度返しにして、なんとなくアクションシーン入れたろう~みたいな雰囲気?

よくわからん。

 

 

「黒と白の館」の名言

You have no idea what people will do, all your books and you still don't know.

いくら本を読んでも 人の本質は学べない

byセリース・バラシオン

 

シーズン5からしばらくおやすみです

ホーダー×0回

 

>>つぎは「エピソード3:雀聖下(High Sparrow)」

 

>>「ゲーム・オブ・スローンズ」各エピソードのまとめページへ行く

まとめページ
【解説】「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてがわかるガイドブック

世界的に社会現象となっている解説「ゲーム・オブ・スローンズ」を日本でも流行らせたい! そんな思いで、「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてのエピソードを解説することにしました。   当ブログで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-シーズン5:竜との舞踏

Copyright© 冬来いよ , 2019 All Rights Reserved.