シーズン5:竜との舞踏

【解説】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5・エピソード5「“壁”の決断」

2019年3月25日

“壁”の決断

出典:hbo.com

この記事では海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の解説・あらすじ・感想を書いております。今回は

  • シーズン5:竜との舞踏
  • エピソード5:“壁”の決断

ネタバレありで紹介しますので、エピソードを一度観たうえで振り返りとして当ブログを確認いただければと思います。

 

 

スポンサーリンク

すぐにわかる「“壁”の決断」のあらすじ

前回のおさらい(シーズン5、エピソード4:「ハーピーの息子たち」)

  • サーセイは“スパロー”たちを武装させ、娼館で男娼といたロラスを捕えさせる
  • ジェイミーとブロンは秘密裏にドーンに到着する
  • バリスタン・セルミーは“ハーピーの息子たち”に殺される

 

今回のあらすじ

  • ジョンはトアマンドに野人の援軍を要請する
  • サンサはリーク(シオン)と再会する
  • スタニスらはキャッスル・ブラックを出発してウィンターフェルに向かう
  • デナーリスは闘技場の再開と、ヒズダール・ゾ・ロラクとの結婚を約束する
  • ジョラーは“ストーンメン”に触れられてしまい、“グレースケール”に感染する

 

スポンサーリンク

よくわかる「“壁”の決断」の解説

 

ドラゴンストーン城にはドラゴングラスがあるってよ!

スタニス:

白き魔物(ホワイト・ウォーカー)を殺したとか

 

サム:

はい 倒しました

 

スタニス:

どうやって?

 

サム:

ドラゴングラスの短剣で

 

スタニス:

ドラゴングラス?

 

サム:

黒曜石とも…

 

スタニス:

知っている ドラゴンストーンにもある なぜそれで殺せる?

 

サム:

分かりません

古書に答えを求めていますが 

森の子らが昔 黒曜石で狩りをしたようです

 

シーズン3・エピソード8「次子-セカンドサンズ-」では、サムはドラゴングラスを使ってホワイト・ウォーカーを殺している。そのときのポイントだった

  • ドラゴングラスでホワイト・ウォーカーは殺せる
  • 普通の剣(普通の鋼の剣)では殺せない

から分かる通り、ドラゴングラスはホワイト・ウォーカーを倒すにあたり超スーパー重要なアイテム。

このエピソードでは、そのドラゴングラスがスタニスの拠点ドラゴンストーンにもあることが判明する。

 

リーク(シオン)のウソにサンサは気づいていない

“壁”の決断 ラムジー サンサ

出典:hbo.com

リーク(シオン):すみません

 

ラムジー:何がだ

 

リーク(シオン):弟を殺した

 

世間一般ではスターク家は滅んだと思われている。

  • ブラン死亡(シオンが殺したと思われている)
  • リコン死亡(シオンが殺したと思われている)
  • アリアたぶん死亡(ネッドの処刑以降、見つかってない)
  • もちろんネッド、キャトリン、ロブが殺されていることは知られている

 

世間的には、ブランとリコンはシオンに焼かれて殺されたと思われている。これはサンサも同様。

ブランとリコンが生きているとを知っている者はラムジー、ルース、リーク(シオン)、オシャ、ホーダー、ミーラだけ。

 

ラムジーに脅されているリークは、ブランとリコンが生きていることをサンサに隠し続ける。

 

ヴァリリアと“ストーンメン”の歴史

ミーリーンに向かうジョラーとティリオンは新たな舞台ヴァリリアを通る。

ヴァリリア

 

ティリオン:

こんな都市をまた造るには 何世紀かかるか

数千年間ヴァリリアは ほぼ何に置いても世界一だった

なのに

 

ジョラー:

突然滅亡した

 

ティリオンが言うように、ヴァリリア帝国は何に置いても世界一。全盛期には、世界の半分以上を支配した。

“破壊”までは…

 

~ヴァリリア帝国及び“破壊”の簡単な歴史学~

繁栄

  • 約5000年前、火山のふもとでドラゴンが生まれる
  • ヴァリリア人たちはドラゴンを使い、ヴァリリア半島の周囲を征服して領土を拡大する
  • ヴァリリアの文化、言語、宗教などを世界に広める

破壊

  • 約5000年もの間、世界のほとんどを支配し続けあと、
  • “破壊”(Doom of Valyria もしくは The Doom)と呼ばれる大規模な火山噴火が起きる
  • ヴァリリアのドラゴン、人間、都市、知識、権力、文化が失われる(※ヴァリリアで作られていたヴァリリア鋼の製造方法は“破壊”とともに失われた)
  • ヴァリリア帝国は荒廃、呪われた場所として人間が住めなくなってしまう(だからストーンメンがいる)

ターガリエンは唯一生き残ったドラゴンロード

  • ヴァリリアには、ドラゴンロード(Dragonlords=ドラゴンを保持する者)と呼ばれる名家が40ほどあり、ターガリエン家はそのうちの一つに過ぎなかったが、
  • 火山の爆発により、ターガリエン家以外のドラゴンロード及びドラゴンは滅亡する
  • ターガリエン家が助かった理由は、ヴァリリア⇒ウェスタロスのドラゴンストーンに拠点を移していたため(“破壊”を予知したデイニス・ターガリエンと家族が火山爆発の前に拠点を移した)

これがヴァリリア帝国の誕生から破壊までのざっくりとした歴史。

 

 

そして、“破壊”によりヴァリリアは人間が住めるような場所ではなくなってしまった。今は“グレースケール”(灰鱗病=Greyscale)にかかった人たちをヴァリリアに送らせ、死なせている。

“グレースケール”にかかり、病気が治らないひとたちのことを“ストーンメン”(石人=Stone Men)と呼ぶ。病気が進行すると正気を保てなくなるという。

また、彼らに直接触れられると、自らも“グレースケール”に感染してしまう。だからジョラーは…

 

ココがポイント

シリーン・バラシオンは“グレースケール”を早めに処置したので、“ストーンメン”になることはなかった。(シーズン5・エピソード4「ハーピーの息子たち」でスタニスが言っている)

 

スポンサーリンク

「“壁”の決断」の感想

ラムジー、憎いわ~

あのディナーのシーン、なんか知らないけどめっちゃ緊張した。

ジョフリー2世? いや、もっとヤバイ?

 

サンサ、にげろー

 

 

「“壁”の決断」の名言

Kill the boy and let the man be born.

子供の心は殺しなさい 大人の心を生まれさせなさい

byメイスター・エイモン

 

シーズン5からしばらくおやすみです

ホーダー×0回

 

>>つぎは「エピソード6:父の仇(Unbowed, Unbent, Unbroken)」

 

>>「ゲーム・オブ・スローンズ」各エピソードのまとめページへ行く

まとめページ
【解説】「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてがわかるガイドブック

世界的に社会現象となっている解説「ゲーム・オブ・スローンズ」を日本でも流行らせたい! そんな思いで、「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてのエピソードを解説することにしました。   当ブログで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-シーズン5:竜との舞踏

Copyright© 冬来いよ , 2019 All Rights Reserved.