シーズン5:竜との舞踏

【解説】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5・エピソード7「贈り物」

投稿日:2019年3月26日 更新日:

スポンサーリンク
贈り物

出典:hbo.com

この記事では海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の解説・あらすじ・感想を書いております。今回は

  • シーズン5:竜との舞踏
  • エピソード7:贈り物

ネタバレありで紹介しますので、エピソードを一度観たうえで振り返りとして当ブログを確認いただければと思います。

※リンクがはってあるキーワードをクリックすると詳細を確認できるが、これもネタバレにつながる可能性あり

 

 

スポンサーリンク

すぐにわかる「贈り物」のあらすじ

前回のおさらい(シーズン5、エピソード6:「父の仇」)

  • 海賊に捕らえられたティリオンとジョラーは、ミーリーンの闘技場に連れて行くように説得する
  • ジェイミーとブロンはミアセラを連れ出そうとするが、ドーンの護衛たちに捕まる
  • ロラスに加え、マージェリーも偽証の罪で投獄される
  • サンサはラムジーと結婚し、リーク(シオン)に見られながらレイプされる

 

今回のあらすじ

  • ジョンとトアマンドらは“壁”の向こう側へと出発する
  • ウィンターフェルへと進軍するスタニスは大雪によって足踏みをくらう
  • 闘技場でデナーリスに再会したジョラーは、“贈り物”としてティリオンを差し出す
  • 過去の罪を告白したランセルにより、サーセイは逮捕される

 

スポンサーリンク

よくわかる「贈り物」の解説

 

救出作戦がうまくいかないサンサ、2つの点において大きく前進

ラムジーからの虐待に耐え切れなくなったサンサは、リーク(シオン)に助けを求める。シーズン5・エピソード5「“壁”の決断」でブライエニー⇒北部人⇒サンサへと伝わった、SOSを知らせる合図をリークにお願いする。

お願いだから助けて シオン

私の家の仲間が合図すれば助けに来るわ

壊れた塔の最上階へ

これ(ろうそく)を窓に置いて

byサンサ

 

監禁されているサンサは、リークにろうそくを灯すようにお願いする。

しかし、怯えたリークはすぐにラムジーに報告。サンサにメッセージを運んだ北部人は皮を剥がされて殺されてしまう。

 

残念ながらブライエニーの救出作戦はうまくいかなさそう。

だが、ラムジーに説教されたサンサは2つの点で大きく前進。

  1. 樽の上に置いてあった栓抜きを盗んだこと
  2. ジョンが“ナイツ・ウォッチ”の総帥に選ばれたと知れたこと

 

部屋に監禁されているサンサは、盗んだ栓抜きを使って脱出できるかもしれない。

また、脱出できた場合は異母兄弟のジョンがいる“キャッスル・ブラック”に逃げ込めば、総帥の権力で守ってくれるかもしれない。

 

サンドスネークが使う毒“長い別れ”に触れたらアカンで

短剣にアッシャイの 特殊な毒を塗ったの

“長い別れ”よ

効くまで時間がかかる

肌に触れれば待っているのは 死よ

唯一の解毒剤よ

byタイエニー・サンド

英語の勉強

  • ointment = 軟膏、特殊な毒
  • antidote = 解毒剤

 

サンドスネーク(砂蛇)たちはアッシャイ(エッソス大陸南東の都市)産の毒を使って敵に攻撃する。

毒の名前は“長い別れ”(Long farewell)と呼ばれているもので、肌に触れたらアカンことになる。特別な解毒剤を使わない限り、絶対に助からない。

“長い別れ”はまた出てくるので覚えておきましょう。

 

罪を告白した場合は「“慈母”の慈悲」が下される

サーセイ:

「裁判の前に自ら罪を告白した場合は?」

 

ハイ・スパロー:

「“慈母”のお慈悲が」

 

サーセイ:

「具体的には?」

 

ハイ・スパロー:

「場合によります」

 

サーセイ:

「罪の重さや悔俊の程度」

 

ここは詳しいことを書きませんが、裁判の前に罪を告白した場合は“慈母”のお慈悲(Mother's Mercy)が下されるとのこと。

これはシーズン5・エピソード10「慈母の慈悲(Mother's Mercy)」のタイトルですね。ということは…

 

ランセル・ラニスターの証言によりサーセイまでも逮捕

贈り物 オレナ・タイレル

出典:hbo.com

前エピソード「父の仇」でマージェリーまで逮捕されてしまったタイレル家。投獄しているのは“スパロー”(雀)たちだが、もちろんサーセイが関与していることはバレバレ。

サーセイへの復讐を図るオレナ・タイレルはリトルフィンガーから貴重な情報を得る。情報というか、人物。

その名はランセル・ラニスター。

 

シーズン1・エピソード10「炎と血」ではランセルとサーセイは愛人関係だったことが分かっている。

また、シーズン1・エピソード7「勝つか死ぬか」では、ランセルとサーセイは共謀してロバート王を殺したことが判明した。2人は必要以上にロバートを酔わせ、狩り中に致命傷を負わせている。

 

ランセルは過去の罪を告白した。

その証言により、サーセイがまさかの逮捕。

 

“スパロー”たちを甘くみたサーセイは自業自得?

それとも天罰が下されたのか?

 

ココがポイント

リトルフィンガーとオレナ・タイレル家は同じチーム。この2人が共謀してジョフリーを殺したことはシーズン4・エピソード4「誓約を果たすもの」で分かっている。

 

スポンサーリンク

「贈り物」の感想

「ゲーム・オブ・スローンズ」ワーストとして挙げた前エピソード「父の仇」と打って変わって、今回の「贈り物」はステキ。「ゲーム・オブ・スローンズ」らしい様々な名言が飛び出た。たとえば、

You are the only person in Meereen who isn't free.

この町で唯一自由じゃないないな

byダーリオ・ナハーリス toデナーリス

 

Look at my face. It's the last thing you'll see before you die.

私の顔を見なさい あなたが死ぬとき 見る顔よ

byサーセイ toセプタ・ユネラ

 

名言だけじゃない。綿密に計算されたタイトル「贈り物」とストーリーラインの重ね技は「ゲーム・オブ・スローンズ」らしくて素晴らしい。

  • ジョンから野人への“贈り物”(北部の土地)
  • シオンからラムジーへの“贈り物”(ろうそく)
  • ジョラーからデナーリスへの“贈り物”(ティリオン)
  • リトルフィンガーからハイ・スパローへの“贈り物”(ランセル)

 

そして何より、サーセイが逮捕されたことよりも、

 

サム、童貞卒業おめでとう!

 

サムはこのエピソードのMVPだね。

 

MVP!MVP!MVP!

 

USA!USA!USA! 

 

 

「贈り物」の名言

All rulers are either butchers or meat.

支配者は皆 殺すか殺されるかだ

byダーリオ・ナハーリス

英語の勉強

  • butcher = 肉屋
  • meat = 肉
  • All rulers are either butchers or meat.
  • 支配者は皆 殺す(肉屋)か 殺される(肉)かだ

 

シーズン5からしばらくおやすみです

ホーダー×0回

 

>>「ゲーム・オブ・スローンズ」各エピソードのまとめページへ行く

まとめページ
【解説】「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてがわかるガイドブック

世界的に社会現象となっている解説「ゲーム・オブ・スローンズ」を日本でも流行らせたい! そんな思いで、「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてのエピソードを解説することにしました。   当ブログで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-シーズン5:竜との舞踏

Copyright© KEN'sブログ , 2019 All Rights Reserved.