ゲーム・オブ・スローンズ

「ゲーム・オブ・スローンズ」が終わってから一年が経った。ので振りかえってみた。

この記事は「ゲーム・オブ・スローンズ」最終章シーズン8を含むネタバレ内容が含まれています。

 

どうも。ブログ「冬来いよ」を運営しているKENです。

このブログではジャンル問わず、好きなことや気になったことを適当に書いていますが、名前から分かるとおり特に好きで力を入れてきたのが「ゲーム・オブ・スローンズ」です。全エピソードの解説・感想を書いちゃうくらい大好きなんですが、、

 

そんな大好きな「ゲーム・オブ・スローンズ」が幕を閉じてから、ちょうど1年経ちました。

 

「そろそろ予告編でる頃かな~~」とソワソワしながらネットをチェックしたり、Entertainment Weekly誌が公開する新シーズンの写真を見て「うひょーー衣装かっけーー!!はやく本編みてー!!」とカウントダウンをはじめたり。

ゲームオブスローンズ シーズン8 スターク家

出典:ew.com

ゲームオブスローンズ シーズン8 Entertaiment Weekly

出典:ew.com

 

放送終了後はTwitterで感想をシェアしたり、おもしろいmemeを見つけて「いいね」したり。

お気に入りの画像やGIFをスマホに保存したり。

ゲームオブスローンズ シーズン8 オフショット

 

そういうのが、もう出来ないんですね。

悲しいな...あと5シーズンくらいは続けて欲しかったな...

 

「ゲーム・オブ・スローンズ」好きの皆さんもそうですよね?この気持ち分かってくれますよね?

去年の今頃は、こういう写真を見て、ニヤニヤしながらニヤニヤしましたよね??

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The best, sweetest most wonderful sister from another mother @iamlenaheadey . That was a fun decade 😘

Nikolaj Coster-Waldau(@nikolajwilliamcw)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Finding the words to write this post has left me overwhelmed with how much I want to say but how small words feel in comparison to what this show and Dany have meant to me. The mother of dragons chapter has taken up the whole of my adult life. This woman has taken up the whole of my heart. I’ve sweated in the blaze of dragon fire, shed many tears at those who left our family early, and wrung my brain dry trying to do Khaleesi and the masterful words, actions (and names) I was given, justice. Game of Thrones has shaped me as a woman, as an actor and as a human being. I just wish my darling dad was here now to see how far we’ve flown. But to you, dear kind magical fans, I owe you so much thanks, for your steady gaze at what we’ve made and what I’ve done with a character that was already in the hearts of many before I slipped on the platinum wig of dreams. Without you there is no us. And now our watch has ended. @gameofthrones @hbo #love #motherofdragonsoverandout

@ emilia_clarkeがシェアした投稿 -

 

大袈裟な話ではなく、ゲーム・オブ・スローンズ(いや長げーな。以下GOTに統一)は私の人生を変えました。一部となりました。

ブログを書くことで「GOTが大好きです!」というメッセージも頂けたし、雑誌CanCamの「朝から夜まで、ビンジウォッチングが止まらない!」という企画にも呼んでいただけました。

 

「GOTを好きになって良かった!ブログ書いてて良かった!」と心から思っています。(誰もこんなの読んでないだろう~と思いつつシコシコ書いていたので、なおさら嬉しい!)

 

 

ちゅうことで、放送終了からちょうど1年という節目だし、久々に大好きなGOTをブログで振り返っていきます。

 

ちなみに、これはただの日記だと思ってください。大したオチもありませんし、脱線しまくっています。(NBAの話から急にオレオの話とかしちゃう)

「そういえば、そんなのあったな~」くらいの軽い気持ちで読んでいただければ幸いです。

 

「ゲーム・オブ・スローンズ」にハマったのは遅めの2015年から

まずはじめに、「GOTを観ることになったきっかけ」について語っていきたいと思います。(どうでもいいですよね。でもほら、これはただの日記って言ったでしょ)

 

私は毎週欠かさず、なにかしらの作品を観てるほど海外ドラマが大好きなんですが、GOTを観始めたのは遅かったです。

タイミング的にはシーズン5がアメリカで放送していた2015年。その頃にようやくシーズン1に手を出しました。

たぶんこれ、“海外ドラマ好き”って公の場で言っちゃったら恥ずかしいくらい、遅いですよね?

 

 

当然ながらGOTの存在は知っていたし、あのHBOが力を入れていることは分かっていました。

 

それでもなぜ観るのが遅かったのか。いま振り返ると、

「はいはい。どうせ『ロード・オブ・ザ・リング』のパクリみたいなやつでしょ?パクリだったら興味ねーわ。」という思い込みがあったのを覚えています。

 

これは完全にただの先入観で、今となってはなぜそう思ってしまったのかよく分かっていません笑。でも私のように、GOT=LOTRのドラマ版だと思ってしまった人も多い気がしています。

そしていざ観てみたら、「全然違うじゃん?!」と驚いた人も多いはず。ですよね?違いますか?

 

まあ、そんな根拠ゼロの先入観のせいでなんとなく遠ざけてたGOTを観ようと思ったきっかけは、意外にも私の大好きなNBA。

NBAってあのバスケの?

そうです。あのバスケのです。

 

アメリカのメディアを追ってる人なら分かると思いますが、シーズン5が放送されていた2015年には「Game of Thrones」というキーワードは避けては通れないほどメジャーになっていました。

GOTやテレビシリーズと全く関係ないネット記事にも「Hodor」というギャグを見かけるようになったし(当時は何のことか分からなかったので、ググって調べた)、NBAについて語るNBAの番組内でも、

A:「はい。それでは本題に入るまえに、昨日のGOTのエピソードについて…」

B:「いやいやいや!俺が昨日の夜、取材してたの知ってるでしょ?まだ観れてないの分かってるでしょ?!今日仕事終わったあとに観るから絶対言うなよ!!」

A:「サーセイがついに、、あーー」

B:「おい!!」

というお決まりの?オープニングトークを散々聞くようになりました。(ちなみにこのようなGOTトークは複数のNBA番組でやってた)

 

あまりにもこういう会話を聞くようになったので、「え、じゃーそこまで言うなら、GOT観てみるか…」となったのですが、

よくよく考えたらこれってスゴイことじゃないですか?

「GOTキャラでチームを作るなら誰?監督は○○、ポイントガードは△△」という議論を、ふつうにNBAの番組とかでやってるんですよ。スポーツ番組でテレビドラマについて語ってるんですよ。こんなこと、後にも先にも絶対ないですよ。

 

下の動画では、S8 Ep3「長き夜」で誰が生き残るかを「NBA on TNT」で予想している。

 

NBA×GOTのコラボ動画「Game of Zones」は今も進行中。2020年5月にシーズン7が出たばかり。

 

全然話変わるけど、同じコラボ動画でいうとオレオが最高峰だと思います。(NBA全然関係ないやん)

 

やめられない、とまらない!

そういう経緯でGOTを観ることになったのですが、とりあえず思ったのは、、

 

『ロード・オブ・ザ・リング』と全く似てない。

というか、似てる点を探す方が難しい。それくらい、まったくの別モノ。

なぜ私は、GOT=LOTRの(パクリ)ドラマ版と考えていたのだろうか。ショーン・ビーンのせい?

 

 

もっとファンタジーファンタジーしてると思った。

けど、全然ファンタジーファンタジーしてない。シーズン1のファンタジー要素って、冒頭のホワイト・ウォーカーの出現と、ラストシーンのドラゴンの誕生くらいでしょうか。

この点、個人的にはグッド。

ファンタジー人間のドロドロ政治ドラマの方が好き。

 

 

登場人物多すぎるし、人間関係むずかしい。

主人公は誰?俺の推しは誰?

ティリオンかっこいいし、サーセイとジェイミーとジョフリーむかつくし、アリア可愛いし、デナーリス美しいし、カール・ドロゴには一発殴られてみたいし、ロブとジョンは応援したいし...全員めっちゃ良い。

NBAの番組で「GOTキャラでチームを作るなら誰?監督は○○、ポイントガードは△△」トークが成り立つ理由が分かった。

 

 

エロい。

これは見やすいぞ 😆 

 

 

あと単純に、おもしろい。

ドハマりしました。一度観始めたら、かっぱえびせん並みに

“やめられない、とまらない”

 

シーズン1、おもしろすぎて爆走。

シーズン2、おもしろすぎて激走。

そしてシーズン3...

 

シーズン1、2の時点ですでにハマっていた私ですが、シーズン3を観て確信しました。

これはおもしろいだけじゃなくて、ヤバイんじゃないかと。テレビシリーズ史上最高のクオリティーなんじゃないかと。

 

 

そう思うようになったのは、レッドウェディング...

 

 

よりも前のエピソードである。

 

これはヤバイんじゃないか

あれ、ちょっと待って。

これもしかして、ただ単におもしろいだけじゃなくて、ヤバイんじゃないか。クオリティー高すぎてヤバイんじゃないか…

 

そう確信したのは、S3 Ep5「炎の口づけ」(英語だとKissed by Fireでさらにカッコイイ)

関連記事
炎の口づけ
【解説】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン3・エピソード5「炎の口づけ」

出典:hbo.com この記事では海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の解説・あらすじ・感想を書いております。今回は シーズン3:戦乱の嵐-前編- エピソード5:炎の口づけ をネタバレありで紹介しま ...

続きを見る

 

これはジョンが童貞を捨てる伝説のエピソードでもあるんだけど...

 

そんなことよりも、

  • ジョン
  • イグリット
  • トアマンド
  • スタニス
  • ダヴォス
  • セリース
  • シリーン
  • べリック
  • ハウンド
  • アリア
  • ジェンドリー
  • ロブ
  • タリサ
  • キャトリン
  • エドミュア
  • カースターク
  • ジェイミー
  • ブライエニー
  • ルース
  • バリスタン
  • ジョラー
  • デナーリス
  • ミッサンデイ
  • オレナ
  • マージェリー
  • ロラス
  • サンサ
  • サーセイ
  • ティリオン
  • タイウィン
  • 小指

主要キャラ約30名が登場、さらにはセリフがあるんですよ!

 

ちなみにこのエピソードで訪れる場所は、リヴァーランド⇒“壁”の向こう側⇒ハレンホール⇒キングズランディング⇒リヴァーランド⇒リヴァーラン⇒リヴァーランド⇒ドラゴンストーン⇒ハレンホール⇒ドラゴンストーン⇒エッソス⇒リヴァーラン⇒キングズランディング。

 

カオス!!

 

でも見事にすべての出来事がガッチリハマるんですよ。

 

こんだけ登場人物が出てきても、舞台がコロコロ変わっても、一つひとつのイベントがしっかりと細かいところまで描かれてるんですよ。

 

ロードオブライトの恐るべしパワーが明らかになるし、

 

レッドウェディングのお膳立てにもなってるし、

 

ジェイミーがブライエニーに心を許しはじめるし、

 

ジョンが童貞を捨てるんです(2回目笑)

 

撮り方や編集が下手くそだったら、そもそものキャラ設定やストーリーが甘かったら、何が何だか分からないこの(本来ならばカオスな)エピソードを、60分以内に上手くまとめちゃってるんですよ。すごくね?

 

メジャーキャラ30名に焦点が当てられる「炎の口づけ」は何回みても本当にすごい。今観ても、何度観ても関心しちゃう。 脚本でいうと間違いなくTOP3だと思います。

 

 

と言っておきながら、「炎の口づけ」は好きなエピソードTOP10にも入っていないかも?(これが10位にすら入らないゲーム・オブ・スローンズ…おそろしい…)

ざっと考えても、

の方が好き、、かな?

 

はい、シーズン8のエピソードが3つも入っています。

ので、ここから最終章の感想を語っていきます。

 

シーズン8は良かったと思う。

いや、分かってますよ。シーズン8はダメなところ(納得いかないところ、と言った方がいいかな?)はたくさんありました。

 

Ep4「最後のスターク家」はひょっとしたら全73話のうちワーストに近い。かな…?

このエピソードのダメなところはたくさんあるんだけど、なかでもダメだと感じたのは『氷と炎の歌』最大の秘密が明かされるこの場面ね。

ゲームオブスローンズ 最終章シーズン8第4話

出典:hbo.com

 

「いやいやいや?!そこ見せないのかよ?!アリアとサンサの表情みせないのかよ?!」って怒り狂いそうになったのは、自分だけでしょうか? 👿 

 

ジョン出生の秘密を知ったアリアやサンサはどういう表情をするのか超大事じゃんかよ。怒ってるのか、驚いてるのか、可哀想だと思ってるのか。ジョンになんて声をかけるの?逆にジョンはなんて言い返すの?

なんでこのスーパーウルトラ大事なシーンを見せてくれないの?!??!?!

 

表情でいうと、Ep5「鐘」のデナーリス。

マッドクイーン化してキングズランディングを空爆しているとき、一度もデナーリスの顔が映らないんだよな~表情が見れないんだよな~ 😡 

嫌々やってるのか、清々しいと思ってるのか。泣いてるのか、不気味な笑顔なのか。どういう表情でドラカリスしてるのか、見せてくれよ!!

 

↓メイキングで説明するのは無し!ちゃんと本編で見せろ!

 

 

まあ、でも。

 

「シーズン8はどうだった?おもしろかった?」と聞かれたら、自信もって「うん、よかった!おもしろかった!」と言えちゃいますね。

 

だって、

  1. Ep1「ウィンターフェル」
  2. Ep2「七王国の騎士」
  3. Ep3「長き夜」

が入ってるんだもん。

 

Ep1「ウィンターフェル」

新シーズンの幕開けとしては最高級。

デナーリス&ジョンのウィンターフェル入城で使用された『Arrival at Winterfell』(S1Ep1のオマージュ)を聞いてテンションMAX。

 

ジョン×アリアの再会に涙涙涙。

ジョン アリア 再会

出典:hbo.com

 

ブラン×ジェイミーの再会に汗汗汗

 

 

そして何より、、

ゾウさん!!!!

 

 

GOTほど、こういうmemeを楽しめる作品ってありますか?!ないですよね??

 

 

Ep3「長き夜」

放送日前夜は不安で不安で、ぜんぜん寝れなくて、ダヴォスみたいに考え事をしながら夜中に散歩したっけ。

 

「長き夜」ほど興奮しながら観れた映像作品は未だかつてない。

(俺の)ゴーストが突撃してる姿をみたときは失神しそうになった(てかリアルに心臓止まったと思う)し、ハウンドが諦めかけてるときはマジでキレそうになったし、ナイトキングのこれ↓にはうわーーーもう無理じゃん!!とテレビ画面に向かってフルパワーで叫んだ。ちょー近所迷惑。ごめんなさい。

ナイトキング ゲームオブスローンズ

出典:hbo.com

 

映像も超ビューティフル。

ライトアップ、ドラゴンライディングを観て思わず拍手しちゃった。こんなのTVシリーズじゃないよ。レベチ。

 

 

そして、、

 

Ep2「七王国の騎士」

 

立ちながら喋ったり、座りながら喋ったり、歩きながら喋ったりするだけ。アクションシーンゼロなのに超絶おもしろい、というGOTの魅力を象徴するこのエピソードは、全シリーズのなかでもトップクラスだと思うし、エンディングは

泣いて泣いて泣きまくった。

ブライエニー叙任

出典:tvline.com

 

ブライエニーがはじめて見せる笑顔...

ジェイミーの熱い眼差し...

チラッと映るポッドの表情...

(トアマンドも可愛い)

 

スターチャンネルによるインタビューで、デヴィッド・ベニオフは「ブライエニーが叙任されるシーンが最高過ぎて400回は見た」と言っているけど、私はマジで1000回は見たかも。まあそれはウソだけどそのくらいこのシーンが大好き。

 

ついでに言うと、エンディングで使用された『Jenny of Oldstones』は1万回くらい聴いた。

 

ありがとうゲーム・オブ・スローンズ

GOT大好き。

TVシリーズにおいて、S3 Ep9「キャスタミアの雨」ほど衝撃を受けたエピソードはないし、S6 Ep10「冬の狂風」ほどガッツポーズ⇒涙⇒ガッツポーズ⇒涙を繰り返しちゃうTVエピソードは、この先二度と出会えないと思ってる。

 

ちなみに、、

私がシリーズとおして一番好きなシーンは、「冬の狂風」でサーセイが赤ワインを飲むところです。皆さんはなんですか?

サーセイ ワイン

 

サーセイ...

TVシリーズ史上最高の悪役かもしれないサーセイが、悪役とは言い切れないところとか、ホントGOTすごくね?(これを語りだしたら止まらないので、割愛します)

 

GOTありがとう。

出会えてよかった!!!

好きになってよかった!!!

 

終了から1年経った今でも、GOT熱は全然冷めていません。

 

今後はロケ地巡りしたいし、(コロナが終息したら、絶対にいく!本当はスタジオ・ツアーにあわせて2020年にヨーロッパ行こうと思ってなのに…)

関連記事
「ゲーム・オブ・スローンズ・スタジオ・ツアー」20年春から北アイルランドでオープン

「ゲーム・オブ・スローンズ」の屋内スタジオ・ツアーが2020年春⇒2020年秋から、北アイルランドのリネン・ミル・スタジオ(Linen Mill Studios)でオープンすることが発表されています。 ...

続きを見る

関連記事
「ゲーム・オブ・スローンズ・スタジオ・ツアー」20年秋オープンに後ろ倒し

出典:irishnews.com 20年春に予定していた「ゲーム・オブ・スローンズ・スタジオ・ツアー」のオープン日が、20年秋頃に後ろ倒しされることがわかりました。   そもそも「ゲーム・オ ...

続きを見る

 

なんの知識もないけど、3Dプリンターで鉄の玉座やウィンターフェル城とかつくってみようと思ってるし、

 

前日譚シリーズも絶対に絶対にリアルタイムで観る!

関連記事
house of the dragon
ターガリエン家の内戦を描く「ゲーム・オブ・スローンズ/前日譚シリーズ」製作決定

日本時間19年10月30日、「ゲーム・オブ・スローンズ/前日譚シリーズ」に関する悲しいニュースと嬉しいニュースが同日に報道されました。 悲しいニュース ⇒「仮題:Bloodmon(ブラッドムーン)」の ...

続きを見る

関連記事
エイゴン征服王
「ゲーム・オブ・スローンズ」前日譚シリーズはターガリエン家の治世を描く

19年10月31日更新 「ゲーム・オブ・スローンズ/前日譚シリーズ」の <1作目>ホワイト・ウォーカー誕生起源を描くシリーズ「仮題:Bloodmoon」は制作中止 <2作目>ターガリエン家に焦点を当て ...

続きを見る

 

 

あと、ゲームオブスローンズのイベントがあったら行きたいです。呼んでください('ω')

さようなら。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-ゲーム・オブ・スローンズ

Copyright© 冬来いよ , 2020 All Rights Reserved.