シーズン6:冬の狂風

【解説】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6・エピソード6「血盟の血」

投稿日:2019年4月2日 更新日:

スポンサーリンク
血盟の血

出典:hbo.com

この記事では海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の解説・あらすじ・感想を書いております。今回は

  • シーズン6:冬の狂風
  • エピソード6:血盟の血

ネタバレありで紹介しますので、エピソードを一度観たうえで振り返りとして当ブログを確認いただければと思います。

※リンクがはってあるキーワードをクリックすると詳細を確認できるが、これもネタバレにつながる可能性あり

 

 

スポンサーリンク

すぐにわかる「血盟の血」のあらすじ

前回のおさらい(シーズン6、エピソード5:「扉」)

  • アリアは、劇の女優を殺すように命じられる
  • シオンとヤーラは、アイアン・アイランドの新王となったユーロンから逃げる
  • ジョラーはグレースケールの治療法を探すためにデナーリスの元を去る
  • ウィンターフェル奪回を目指すジョンとサンサは、同盟を求めてキャッスル・ブラックを去る
  • ホワイト・ウォーカーに襲われたブランは逃げ切るが、ホーダー、サマー、三つ目の鴉、リーフが犠牲となってしまう

 

今回のあらすじ

  • ブランとミーラは、死んだはずのベンジェン叔父さんに救われる
  • サムは故郷のホーンヒルに立ち寄る
  • アリアは、“顔のない男たち”の命令にさからう
  • ハイ・スパローはトメン王と同盟を組む
  • デナーリスはドラゴンの背中に乗り、ドスラク人に呼びかける

 

スポンサーリンク

よくわかる「血盟の血」の解説

 

ブランが見る様々なビジョン、中にはまだ起きていないことも

このエピソード冒頭のブランは、シーズン4・エピソード2「獅子と薔薇」と同じように、過去・現在・未来の様々なビジョンを見ることになる。

ここでは、まだストーリーに登場していないシーンだけをまとめてみた。

まだストーリーに登場していない=未来 とは限らない

 

大量のワイルドファイア

シーズン2・エピソード9「ブラックウォーターの戦い」でスタニスの艦隊撃沈に使われたワイルドファイア。

どこか、建物の中で、大量に貯蔵されている。そして一気に爆発。

 

ちなみに、かつてジェイミーは「大量のワイルドファイアがキングズ・ランディングにある」と言っていましたね。(お風呂に入るジェイミーが「マッド・キングを殺した理由」をブライエニーに説くシーン、シーズン3・エピソード5「炎の口づけ」にて)

王都じゅうにワイルドファイアの貯蔵所を作らせた

ベイラー大聖堂の地下や蚤の溜まり場

厩舎や旅籠の地下にも

レッド・キープにまで

byジェイミー(シーズン3・エピソード5「炎の口づけ」にて)

 

マッド・キングを刺し殺すジェイミー

キングズガードの誓いを破り、マッド・キングを後ろから刺し殺すジェイミー。

 

マッド・キングを殺した後、“鉄の玉座”に座るジェイミー。

 

血だらけの胴体と誰かの手

血だらけ体を触る者、触られる者。

触る者は、男性の手でしょうか?

 

キングズ・ランディングの上を飛ぶドラゴン

キングズ・ランディングの空を飛ぶドラゴン。

これはデナーリスのドラゴンでしょうか?

 

サムの故郷、ホーンヒルはターリー家のお城

ウェスタロス地図

シタデルがあるオールドタウンを目指すサムは、故郷のホーンヒルに立ち寄る。ホーンヒルはリーチ(河野平野)で大きな影響力を持つターリー家のお城。忘れがちだけど、サムは名家出身のお坊ちゃんなのです。

 

ターリー家の当主はサムの父親のランディル・ターリー。

伝統あるターリー家は、ヴァリリア鋼の剣“ハーツベーン”を持つ。

 

ランディル・ターリー(演:ジェームズ・フォークナー)

ランディル・ターリー

出典:hbo.com

  • ホーンヒルの領主
  • リーチ(河野平野)を治めるタイレル家の旗主
  • ロバートの反乱で、ロバート軍を唯一任せた強力な軍を率いる
  • 太ってて戦えない長男のサムを、ターリー家の後継者にさせないために“壁”に送らせた

 

ターリー家伝統のヴァリリア鋼の剣“ハーツベーン”

ハーツベーン

出典:fandom.com

ターリー家はヴァリリア鋼で出来た剣“ハーツベーン”を持っている。

ヴァリリア鋼は、来たる戦における大事な武器。ホワイト・ウォーカーを殺せることがシーズン5・エピソード8「堅牢な家」で判明している。

ハーツベーンを含めても、物語にまだ5本しか登場していない。(ヴァリリア鋼の製造方法は“破壊”(The Doom)で失われているため、新たに作れない)

  • ヴァリリア鋼の短剣(名無し)
  • ロングクロウ
  • ウィドウズ・ウェイル
  • オウス・キーパー
  • ハーツベーン ← 追加

    ※スターク家の大剣アイスがウィドウズ・ウェイルとオウス・キーパー分割された

 

リヴァーラン城はブラックフィッシュに奪われる

ウォルダー・フレイ

出典:hbo.com

シーズン3以来の登場となるウォルダー・フレイが

  • 「リヴァーランを奪い返せ」
  • 「ブラックフィッシュを降参させろ」
  • 「エドミュア、故郷に帰れるぞ」

と言っている経緯を簡単に説明しよう。

  1. フレイ家は、通称“レッド・ウェディング”で、タリー家の長のエドミュア・タリーを拘束する
  2. エドミュアを拘束したことにより、フレイ家はタリー家のお城のリヴァーランを奪う
  3. “ブラックフィッシュ”ことブリンデン・タリーがリヴァーランを奪い返す(“ブラックフィッシュ”は“レッド・ウェディング”中に、たまたまトイレに行ってたことにより殺戮を逃げれた)
  4. フレイ家は、エドミュアを引き出して、“ブラックフィッシュ”降参を目論む

 

この状況に加え、

  • ジェイミー(とラニスター軍)
  • ブライエニー(とポドリック)

もリヴァーランに向かうことになる。

 

キングズガードを解雇されたジェイミーは、「ラニスター精神を見せつけるため」に向かう。(“レッド・ウェディング”以降、リヴァーランはフレイ家の物=ラニスター家の物)

サンサに命じられたブライエニーは、「タリー家をスターク軍に加勢させるため」に向かう。ウィンターフェル奪回を目指すサンサは、タリー家の協力が必要なのだ。

 

ドラゴングラスは人間を救える?

ベンジェン・スターク

出典:hbo.com

死んだと思われたベンジェン叔父さんが、ブランたちを救う。

ベンジェンは一度ホワイト・ウォーカーに殺されたものの、“森の子ら”の魔法によって蘇ったとのこと。

それも、ドラゴングラスで。

ベンジェン:

俺は氷の剣で 魔物の1人に刺され

魔物に変わるところだった

だが“森の子ら”が 奴らの魔術を止めてくれた

 

ブラン:

どうやって?

 

ベンジェン:

奴らの作ったのと同じ物でだ

見ただろう?

 

ブラン:

ドラゴングラスか

それを胸に刺した?

 

ベンジェン:

三つ目の鴉になったか

 

ドラゴングラスはとても不思議なもの。

  • ホワイト・ウォーカーを殺せる
  • ホワイト・ウォーカーを作れる
  • ホワイト・ウォーカーの氷の剣から救える

という様々な能力を持つ。

 

スポンサーリンク

「血盟の血」の感想

いきなりだけど、すごく変なこと言っていい?

 

ジョフリーが恋しい。

 

トメン、くそゴミだな。

ジョフリーよりトメンの方が悪いヴィランだな。

 

ジョフリーだったら、スパローたちを一瞬で一掃してたんだろうな。(もちろん、本人は命令するだけだけど)

いや、そもそもスパローたちは存在していなかったんだろうな。

 

だいたいこの顔なんだよ。

トメン

出典:hbo.com

 

これにてハイ・スパローは事実上、七王国の最高権力者。おめでとうさん。

 

 

全然話変わるけど、マッド・キング見れて良かった。ほんの一瞬だったけど。

マッドキング

出典:hbo.com

ありがたいファンサービス。

 

 

「血盟の血」の名言

He can bloody well try.

来ればいいさ

byサムウェル・ターリー

 

しばらく? 0回です。

ホーダー×0回

 

>>「ゲーム・オブ・スローンズ」各エピソードのまとめページへ行く

まとめページ
【解説】「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてがわかるガイドブック

世界的に社会現象となっている解説「ゲーム・オブ・スローンズ」を日本でも流行らせたい! そんな思いで、「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてのエピソードを解説することにしました。   当ブログで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-シーズン6:冬の狂風

Copyright© けんてぃーな , 2019 All Rights Reserved.