シーズン6:冬の狂風

【解説】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6・エピソード8「誰でもない者」

投稿日:2019年4月3日 更新日:

スポンサーリンク
誰でもない者

出典:hbo.com

この記事では海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の解説・あらすじ・感想を書いております。今回は

  • シーズン6:冬の狂風
  • エピソード8:誰でもない者

ネタバレありで紹介しますので、エピソードを一度観たうえで振り返りとして当ブログを確認いただければと思います。

※リンクがはってあるキーワードをクリックすると詳細を確認できるが、これもネタバレにつながる可能性あり

 

 

スポンサーリンク

すぐにわかる「誰でもない者」のあらすじ

前回のおさらい(シーズン6、エピソード7:「砕かれし者」)

  • 致命傷を負ってたハウンドが生き延びていたことが分かる
  • ウィンターフェル奪回を目指すジョンとサンサは、軍を集めるために北部を周る
  • ジェイミーは“ブラックフィッシュ”に和平交渉をするが、断られる
  • アリアはウェイフに刺される

 

今回のあらすじ

  • トメン王は「決闘裁判の禁止」を発表する
  • タリー軍は降参し、リヴァーラン城をラニスター/フレイ家に明け渡す
  • 親方たちがミーリーンに攻撃を開始したところ、デナーリスが帰還する
  • アリアはウェイフを殺し、ウェスタロスに帰ると言う

 

スポンサーリンク

よくわかる「誰でもない者」の解説

 

決闘裁判の禁止=サーセイの死刑

サーセイ 決闘裁判の禁止

出典:hbo.com

シーズン5・エピソード10「慈母の慈悲」で釈放されたサーセイ、自由の身となったのはあくまでも一時的。ロラス・タイレルと共に、これから行われる裁判によって今後の進展が決まろうとしている。

そんな中、トメン王は決闘裁判を禁止にしてしまう。正確には、裏にいるハイ・スパロー、ケヴァン叔父、グランド・メイスター・パイセルの指示に従い、トメンが発表しているだけに過ぎないが。

 

裁判官を決めれない(操れない)ことを考えると、サーセイの有罪は確定的。

サーセイが唯一勝てるチャンスは、マウンテンをチャンピオン(代理闘士)とする決闘裁判だけだった。

そのチャンスが、自分の息子によって潰されてしまう。

 

トメンは決闘裁判を禁止にした。それは、自分の母親を死刑宣告することと同じ意味を持つ。

 

エドミュア・タリーは“ブラックフィッシュ”より立場が上

「なんでリヴァーランの兵士は、“ブラックフィッシュ”の指示に従わずに捕虜のエドミュアを入城させるの?」

こう思う方も多いのでは?

 

 

活躍する場面がないまま、フレイ家の捕虜となってしまったエドミュアはタリー家の長であり、リヴァーランの城主。

前・タリー家の長、ホスターの長男であるエドミュアは、“ブラックフィッシュ”ことブリンデン・タリーよりも立場が上。

タリー家の兵士や家臣は、どんな時でもエドミュアの命令に従わないといけないのだ。

 

ハウンドに引き続き、べリックとミアのソロスも戻ってきた!

べリック ミアのソロス

出典:hbo.com

“旗印なき兄弟団”のベリック・ドンダリオンとミアのソロス、カムバック!

シーズン3・エピソード7「女剣士と熊」以来ですね。(ジェンドリーをメリサンドルに売り飛ばしたことに怒ったアリアが、“旗印なき兄弟団”から逃げたのが最後のシーン)

 

前エピソード「砕かれし者」では、ハウンドが2シーズン越しに戻ってきたからには「キチンとした理由」があるはずだと説明した。

ベリックもミアのソロスも、ハウンド同様に「理由」があるからカムバックしたのだろう。

べリック:

“兄弟団”に入れ お前は役に立つ

 

ハウンド:

一度は入団しようとしたが

 

ミアのソロス:

意味があって 俺たちはこうしてる

べリックが死なないのもだ

俺に彼を生き返らす力があるのもだ

 

エピソード「誰でもない者」に散りばめられた様々な伏線

このエピソードは、今後のストーリーにおける様々な伏線だらけ。ここでは、

  • サーセイの「噂」
  • ティリオンの「夢」
  • アリアの「場所」

をセリフ付きで解説し、今後起こるであろう伏線を確認しておこう。

 

決闘裁判が禁じられたサーセイには「噂」の切り札がある

クァイバーン:

陛下

お話になった 昔の噂の件ですが

私の小鳥たちが調べました

 

サーセイ:

それで?

ただの噂ではなかった?

 

クァイバーン:

それ以上です

はるかに

 

(決闘裁判の禁止を告げられた後のサーセイとクァイバーンの会話)

 

決闘裁判を禁止にされてしまったサーセイにはまだ切り札がある。

ヒントはシーズン6・エピソード6「血盟の血」で暗示られている…

 

【予想】ティリオンはワイン畑を持ち、“小鬼の悦楽”を飲みながらゆっくりと暮らす

いつか女王が七王国を征服したら

俺は自分のワイン畑を持つ

獲れたワインの名は “小鬼の悦楽”(The Imp's Delight)

親友にだけに飲ませる

 

(ティリオンが、グレイ・ワームとミッサンデイにワインを勧めるシーン)

 

親友って誰だろう?

ブロン? ポドリック? ヴァリス?

 

まぁいずれにせよ、ティリオンのラストシーンは、

“小鬼の悦楽”を親友とゆっくり飲みながら、「蜂の巣とロバ」のジョークのオチを教えてくれる

と予想する。

 

昔 娼館に蜂の巣とロバを持ち込むと

女主人が言った…

このジョークは2度も中断され、結局オチが判明していない。(ちなみに1度目は、シーズン1・エピソード6「黄金の冠」のアイリーで開かれた法廷でライサ・アリンに中断されてしまった)

このジョークのオチは聞かないと「ゲーム・オブ・スローンズ」は完成しない!

 

【予想】アリアはウェスタロスより西の地を求めて旅に出る

次の興行はペントスよ

一緒に行きましょう

 

アリア:

無理

 

~略~

 

クレイン:

では どこへ?

 

アリア:

東はエッソス(Essos is east)

西はウェスタロス(Westeros is west)

ウェスタロスの西は?(but what's west of Westeros?)

 

クレイン:

分からない

 

アリア:

誰も知らない

地図もないし

 

クレイン:

世界の果てじゃない?

 

アリア:

見てみたい

 

(舞台女優のクレインに看病されるアリアのシーン)

 

コロンブスがアメリカ大陸を探しにいった感じと同様に、

アリアは、ウェスタロスの西の地を求めて冒険に出る

と予想する。

 

スポンサーリンク

「誰でもない者」の感想

トメン 誰でもない者

出典:hbo.com

エピソード6「血盟の血」でも言ったけど、、

トメンはジョフリーよりゴミ。

 

決闘裁判の禁止をさせたトメンはジョフリーよりクソ。母親を平気で死刑宣告するようなもんじゃん??

サーセイは散々ひどいことしてきた。けど、それは自分の子どもを守るため。

 

FUCK YOU トメン!

 

 

「ゲーム・オブ・スローンズ」は悪役の作り方のが天才的ですね。次から次へと悪いヤツが現れる。

サーセイ ⇒ ジョフリー ⇒ ラムジー ⇒ ハイ・スパロー ⇒ トメン

 

あんだけ嫌いだったサーセイを応援しちゃうんだもんな、ホントにストーリー構成がうまい。

 

 

アリア 誰でもない者

出典:hbo.com

アリアのラストは良かった。のか?

個人的には、ファイティングシーンを別に見せる必要はなかったと思うけど、「2シーズンも引っ張ってこれかよ?!」っていう声も多そう。

 

そういう意味では、このエピソードは賛否両論に分かれるのかな?

 

でも、大丈夫。

シーズン6の最後の2エピソードはヤバいので...

 

 

「誰でもない者」の名言

I choose violence.

暴力を選ぶ

byサーセイ・ラニスター

 

しばらく? 0回です。

ホーダー×0回

 

>>「ゲーム・オブ・スローンズ」各エピソードのまとめページへ行く

まとめページ
【解説】「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてがわかるガイドブック

世界的に社会現象となっている解説「ゲーム・オブ・スローンズ」を日本でも流行らせたい! そんな思いで、「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてのエピソードを解説することにしました。   当ブログで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-シーズン6:冬の狂風

Copyright© KEN'sブログ , 2019 All Rights Reserved.