シーズン3:戦乱の嵐-前編-

【解説】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン3・エピソード4「穢れなき軍団」

投稿日:2019年3月14日 更新日:

スポンサーリンク
穢れなき軍団

出典:hbo.com

この記事では海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の解説・あらすじ・感想を書いております。今回は

  • シーズン3:戦乱の嵐-前編-
  • エピソード4:穢れなき軍団

ネタバレありで紹介しますので、エピソードを一度観たうえで振り返りとして当ブログを確認いただければと思います。

※リンクがはってあるキーワードをクリックすると詳細を確認できるが、これもネタバレにつながる可能性あり

 

 

スポンサーリンク

すぐにわかる「穢れなき軍団」のあらすじ

前回のおさらい(シーズン3、エピソード3:「処罰の道」)

  • 大蔵大臣になったティリオンは、王家が巨額な借金を抱えていることに気づく
  • 野人は“壁”を乗り越えることを決意する
  • シオンは謎の男に助けられる
  • デナーリスはドラゴン1匹と“穢れなき軍団”(アンサリード)の兵士8,000人の交換を決める
  • ポドリックは娼婦を喜ばせる
  • ジェイミーの右手が切り落とされる

 

今回のあらすじ

  • 一度解放されたシオンは、再び拷問場所に戻される
  • サンサはロラス・タイレルとの結婚を勧められる
  • “ナイツ・ウォッチ”内部で反乱がおき、ジオー・モーモントは殺される
  • デナーリスは“穢れなき軍団”(アンサリード)の兵士8,000人を無償で手に入れる

 

スポンサーリンク

よくわかる「穢れなき軍団」の解説

 

シオンの拷問は始まったばかり

ラムジー

出典:hbo.com

拷問を受けてたシオンを解放した謎の少年。彼はシオンを助けるふりをして、完全に遊び道具に使っていた。

少年の名前はまだ出ていないので、ここでは伏せておきます。とりあえずこのシーンのポイントは

  • シオンは、ブランとリコンは見つけれず代わりに農家の孤児を殺したことを少年に伝えた(つまりブランとリコンはまだ生きていることを少年に伝えた)
  • シオンは拷問を受けていた場所に戻る
  • 拷問されている場所は“深林の小丘城”(ディープウッド・モット = Deepwood Motte)

英語の勉強

motte = 城や要塞を築いた小さな丘

 

ヴァリスとタイレル家との狙いは「ロラスとサンサの結婚」

ライサ・アリンとの結婚に備えて、“高巣城”(アイリー = Eyrie)に向かう準備をするリトルフィンガー。

ヴァリスは、リトルフィンガーが秘密裏にサンサを“高巣城”に連れて行くことを恐れている。なぜか?

  • リトルフィンガーはライサ・アリンと結婚すれば、“アリンの谷間”に強大な影響力を持つようになる(ロビン・アリンはまだ幼いため)
  • もしロブが戦に負ければ、サンサは北部で一番重要な人間になる(ブランとリコンは殺されたと信じられている)
  • リトルフィンガーはサンサを味方につければ、“アリンの谷間”及び北部を操れるようになる
  • リトルフィンガーは“アリンの谷間”と北部を手に入れれば、反乱などを起こしかねない

 

リトルフィンガーがサンサを味方につければ、北部を手に入れたということにもなりかねない。(ロブが戦に負け、死んだ場合)

そうならないように、ヴァリスはオレナ・タイレルに「サンサとロラス・タイレルの結婚」を勧めたわけだ。リトルフィンガーは“危険な男”だからね。

 

新キャラのカール・タナー(演:バーン・ゴーマン)と“バスタード”

カール・タナー

出典:hbo.com

クラスターの砦で反乱がおきた。そのきっかけは、新キャラのカール・タナーがクラスターを“bastard(バスタード)”呼ばわりしたこと。

英語の勉強

bastard = ①落とし子 ②クソ野郎

 

落とし子のジョンに使われる“bastard”は、別に“クソ野郎”という意味としても使われます。

クラスターは“クソ野郎”と呼ばれたことに憤慨しました。

 

“旗印なき兄弟団”のリーダー、ベリック・ドンダリオン(演:リチャード・ドーマー)

ベリック・ドンダリオン(演:リチャード・ドーマー)

出典:hbo.com

  • “旗印なき兄弟団”のリーダー
  • 元・バラシオン家の旗手

 

べリックは実は初登場ではない。シーズン1・エピソード6「黄金の冠」に登場したべリックは、“王の手”を務めていたネッドに、マウンテンを捕まえるよう命じられていた。(※ただし、俳優がデイヴィッド・スコット⇒リチャード・ドーマーに代わってる)

ハウンドとの会話で“光の王”の話がでるが、詳しいことは次エピソードで説明する。

 

デナーリスの母国語はヴァリリア語

シーズン2・エピソード10「勝者」でもちょろっと触れたが、「ドラカリス」とは、高地ヴァリリア語で「ドラゴンファイヤー」を意味する。

ヴァリリア地方はターガリエン家の故郷。奴隷商人のクラズニスが話すヴァリリア語は、デナーリスにとって母国語だから通訳(ミッサンディ)を通さなくても最初からすべてを理解していた。

 

デナーリスはコモン・タング(common tongue)、ドスラク語、ヴァリリア語の3つを堪能している。

英語の勉強

common tongue = 共通語(※『ゲーム・オブ・スローンズ』の世界では英語にあたる)

 

デナーリスは「奴隷解放運動」を目指している

デナーリスは「奴隷禁止」というポリシーを持っている。これは、ドスラク人が村を襲って女性を奴隷にしていたシーズン1・エピソード8「進軍」からずって言い続けていること。

だからデナーリスは奴隷の“穢れなき軍団”(アンサリード)を自由民にしたうえで、とどまるか立ち去るかを選ばせている。

デナーリスにとって、“鉄の玉座”と同じくらい「奴隷解放運動」は重要なのです。

 

スポンサーリンク

「穢れなき軍団」の感想

デナーリス!かっこいい!

最初は「え? ドラゴン売るの? まじ?」って思ってたけど、そんな訳ないか。

バカな小娘のふりをして、奴隷商人のクラズニスを試していたのね。ぼくもヴァリリア語習いたいです。

 

アスタポアに来る前は小舟に収まってしまうほどの兵力が、今となっては8,000人以上。

もっというと、クァースに行く前は馬すらもなかったのに。

成長はやすぎ。

 

 

ホーダー×0回

 

 

「穢れなき軍団」の名言

It's like taking a walk through history.

歴史の散歩ですね

byマージェリー

 

>>「ゲーム・オブ・スローンズ」各エピソードのまとめページへ行く

まとめページ
【解説】「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてがわかるガイドブック

世界的に社会現象となっている解説「ゲーム・オブ・スローンズ」を日本でも流行らせたい! そんな思いで、「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてのエピソードを解説することにしました。   当ブログで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-シーズン3:戦乱の嵐-前編-

Copyright© KEN'sブログ , 2019 All Rights Reserved.