シーズン3:戦乱の嵐-前編-

【解説】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン3・エピソード1「新たな時代」

2019年3月12日

新たな時代

出典:hbo.com

この記事では海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の解説・あらすじ・感想を書いております。今回は

  • シーズン3:戦乱の嵐-前編-
  • エピソード1:新たな時代

ネタバレありで紹介しますので、エピソードを一度観たうえで振り返りとして当ブログを確認いただければと思います。

 

 

スポンサーリンク

すぐにわかる「新たな時代」のあらすじ

前回のおさらい(シーズン2、エピソード10:「勝者」)

  • ブラックウォーターの戦いで負傷したティリオンは目覚めるが、タイウィンが“王の手”に復帰していることを知らされる
  • ジョフリーはサンサとの婚約を解消し、マージェリー・タイレルを王妃にすると誓う
  • 北部の人間に包囲されたシオンは、戦おうとするが仲間に裏切られる
  • ロブとタリサは結婚する
  • ハレンホールから逃亡したアリアはジャクェンに再会し、秘密の言葉"ヴァラー・モルグリス"と価値あるコインとを渡される
  • ジョンは野人たちの仲間になる
  • デナーリスはドラゴンを取り返し、クァースを出る
  • サムは、ホワイト・ウォーカー率いる死者の軍団と遭遇する

 

今回のあらすじ

  • 野人の基地に潜入したジョンは、“壁の向こうの王”マンス・レイダーに会う
  • ブラックウォーターの戦いから生き延びたダヴォスはドラゴンストーンに戻る
  • デナーリスは奴隷商人湾のアスタポアに着き、傭兵軍“アンサリード”の購入を検討する
  • バリスタン・セルミーは、デナーリスの“クイーンズガード”となる

 

スポンサーリンク

よくわかる「新たな時代」の解説

 

ホワイト・ウォーカーは殺す人を選んでる?

前エピソード「勝者」でホワイト・ウォーカーの軍団に見つかったサムは絶体絶命のピンチに陥る。

ところが、なぜかスルーされて生き延びることができた。

ん?なぜ?ホワイト・ウォーカーは昔から人間を襲ってるんだよね?

 

でも今思えば、シーズン1・エピソード1「冬来たる」でもナイツ・ウォッチのウィルはホワイト・ウォーカーに襲われなかった。(ナイツ・ウォッチの誓いを破って脱走したウィルは、ネッドによって処刑される)

 

ホワイト・ウォーカーは、殺す人を選んでんの?

 

“ホワイト・ウォーカー”と“ワイト”は違うよ

結構勘違いされがちだけど、

  • “ホワイト・ウォーカー”(White Walkers)
  • “ワイト”(Wights) 

は別もの。

 

ホワイト・ウォーカーは第1話からずっと話にでてきた都市伝説てきな化け物。前エピソード「勝者」で死んだ馬に乗り、サムと目があったのがホワイト・ウォーカー。(下の画像)

ホワイト・ウォーカー

出典:hbo.com

 

対するワイトもしくは“亡者”は、死んだ人間や動物から生き返ったゾンビ。(下の画像)こいつらはホワイト・ウォーカーの手下として操られている。

 

ハレンホールで出会った元メイスターのクァイバーン(演:アントン・レッサー)

ラニスター軍を追う北部軍はハレンホールに着く。

しかし、マウンテンは捕虜を殺し、拠点を移してすでにハレンホールから去っていた。

唯一生き残った新キャラの名はクァイバーン。彼は違法とされる人体実験を繰り返し学位をはく奪された元メイスター。

クァイバーン

出典:hbo.com

 

野人の軍団(新キャラのマンス・レイダーとトアマンド)

ハーフハンドを殺し、野人の仲間入りした(ふりをする)ジョンは、野人たちが集まる基地に潜入する。そこで、“壁の向こうの王”(キング・ビヨンド・ザ・ウォール=King beyond the Wall)と呼ばれるマンス・レイダーと“巨人殺し”のトアマンドと出会う。

(マンス・レイダーの名前はシーズン1・エピソード6「黄金の冠」から出続けてはいるものの、登場は初めて。)

 

マンス・レイダー(演:キーラン・ハインズ)

マンス・レイダー

出典:hbo.com

  • 野人を束ねる“壁の向こうの王”
  • かつてはナイツ・ウォッチの一員だった

 

トアマンド(演:クリストファー・ヒヴュ)

トアマンド

出典:hbo.com

  • 野人たちのリーダー(野人は役職とかないけど、一応リーダー的ポジション)
  • トアマンド“巨人殺し”(Tormund Giantsbane)とも呼ばれる

 

デナーリスは新しい舞台のアスタポアに拠点を移す

クァースを離れたデナーリスらは、兵士を購入する目的で奴隷商人湾のアスタポア(Astapor)へと行く。(下地図の赤点)

アスタポア

出典:fandom.com

 

アスタポアには“アンサリード”(穢れなき軍団=Unsullied)と呼ばれる、去勢された奴隷兵士がいることで有名。ここでデナーリスは8,000の歩兵が用意されていると知る。

この舞台から新キャラ2名が登場。

 

クラズニス(演:ダン・ヒルデブランド)

クラズニス

出典:hbo.com

  • 奴隷商人
  • 高地ヴァリリア語を話す(共通語を離せない)

 

ミッサンデイ(演:ナタリー・エマニュエル)

ミッサンデイ

出典:hbo.com

  • クラズニスの通訳
  • 奴隷

 

バリスタン・セルミーはクイーンズガードとして復帰

黒魔術師の少女に殺されそうになったデナーリスは、久しぶりの登場となるバリスタン・セルミーによって救われる。

シーズン1・エピソード8「進軍」で新王ジョフリーのキングズガードをクビになったバリスタンは、これよりデナーリスの“クイーンズガード”となる。

 

ココがポイント

ロバートの反乱の前、バリスタン・セルミーはターガリエン家のキングズガードを務めていた。

 

スポンサーリンク

「新たな時代」の感想

「ブラックウォーターの戦い」のヒーローだったはずのティリオン。サーセイはもちろんのこと、父タイウィンから「よくやった」「ありがとう」の一言もない。もはや独房ともいえる、隔離された部屋しか与えられない。

ラニスター家はゴミばっかですね。クソが!

 

 

マージェリーのチャリティー活動は、見せかけだよね?アピってるだけだよね?

 

 

ミッサンディは、美人。可愛い。

今後もたくさん出て欲しいな。

 

 

ホーダー×0回

 

 

「新たな時代」の名言

Death by fire is the purest death.

炎による死こそ純粋な死

byメリサンドル

 

>>つぎは「エピソード2:三つ目の鴉(Dark Wings, Dark Words)」

 

>>「ゲーム・オブ・スローンズ」各エピソードのまとめページへ行く

まとめページ
【解説】「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてがわかるガイドブック

世界的に社会現象となっている解説「ゲーム・オブ・スローンズ」を日本でも流行らせたい! そんな思いで、「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてのエピソードを解説することにしました。   当ブログで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-シーズン3:戦乱の嵐-前編-

Copyright© 冬来いよ , 2019 All Rights Reserved.