シーズン3:戦乱の嵐-前編-

【解説】『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン3・エピソード10「次なる戦いへ」

投稿日:

スポンサーリンク
次なる戦いへ

出典:hbo.com

この記事では海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の解説・あらすじ・感想を書いております。今回は

  • シーズン3:戦乱の嵐-前編-
  • エピソード10:次なる戦いへ

ネタバレありで紹介しますので、エピソードを一度観たうえで振り返りとして当ブログを確認いただければと思います。

※リンクがはってあるキーワードをクリックすると詳細を確認できるが、これもネタバレにつながる可能性あり

 

 

スポンサーリンク

すぐにわかる「次なる戦いへ」のあらすじ

前回のおさらい(シーズン3、エピソード9:「キャスタミアの雨」)

  • ブランはホーダーの中に“狼潜り”をする
  • ジョンは野人たちから逃げる
  • デナーリスはユンカイを手に入れる
  • ロブ、キャトリン、タリサらは抹殺される

 

今回のあらすじ

  • ヤーラは弟のシオンを助けると決意し、“鉄諸島”を出発する
  • ダヴォスは捕虜となってたジェンドリーを逃がす
  • サムとジョンは“黒の城”に帰還する
  • ジェイミーはキングズ・ランディングに帰還する
  • ユンカイで解放された元・奴隷たちはデナーリスのことを“母(ミサ = Mhysa)”と呼ぶ

 

スポンサーリンク

よくわかる「次なる戦いへ」の解説

 

“レッド・ウェディング”後の出来事まとめ

衝撃的なラストを飾った、前エピソード「キャスタミアの雨」ではロブが率いる北部軍は一掃されました。ロブ、キャトリン、タリサ、グレイウィンド、ほとんどの旗主は残念ながら死亡です。

通称“レッド・ウェディング”から一夜明けた後のできごとはこんな感じ。

 

新しい北部総督はルース・ボルトン

ルース・ボルトン

出典:hbo.com

ルース・ボルトンは、タイウィン・ラニスターから新しい北部総督に任命される。(※ただし、サンサとティリオンの息子が生まれるまで)

また、独立を求めていた北部の戦争は終わる。

 

新しいリヴァーランドの領主(リヴァーランの城主)はウォルダー・フレイ

ウォルダー・フレイ

出典:hbo.com

前・リヴァーランドの領主、かつリヴァーランの城主のエドミュアが捕虜となる。

ウォルダー・フレイは、タイウィン・ラニスターより新しいリヴァーランドの領主に任命される。

リヴァーランの本拠地がリヴァーラン城

 

前・リヴァーランドの領主のエドミュア・タリーは捕虜となり牢で監禁される

エドミュア・タリー

出典:hbo.com

婚儀のあと、エドミュア・タリーは捕虜として双子城の牢に監禁される。

まだ生きている。

 

”ブラックフィッシュ”ことブリンデン・タリーは逃亡中

ブリンデン・タリー

出典:hbo.com

戦いが勃発したとき、“ブラックフィッシュ”はたまたまトイレに行っていた。

死体が見つかってないことから、逃げたと推測。

 

シオンを拷問しているのは落とし子ラムジー・スノウ

ラムジー

出典:hbo.com

シオンずっと拷問していた謎の少年は、ルース・ボルトンの落とし子のラムジー・スノウだったことが判明します。

ソーセージの食い方と言い、かなりヤバイ奴ですね。

シオン改め”リーク”と名付けるあたり、命名センスもすごい。

 

英語の勉強

reek = くさや、悪臭

 

落とし子は生まれた場所によって名字が決まる

ところで、ラムジーの名字のスノウはジョンと同じ? 

と思った方も多いのではないでしょうか。はい、同じです。

 

落とし子の名字は、生まれた(育てられた)場所によって決まるのです。

落とし子 名字

出典:fandom.com

落とし子の姓と領土

  • スノウ:北の王国(北部)
  • パイク:鉄諸島の王国
  • ストーン:山と谷間の王国(アリンの谷間)
  • ヒル:岩の王国(西部)
  • フラワーズ:河間平野(リーチ)
  • ストーム:嵐の王国(ストームランド)
  • サンド:ドーン
  • リヴァーズ:リヴァーランド
  • ウォーターズ:王室領

 

北部のスターク家とボルトン家の落とし子ジョンとラムジーは、同じスノウ(Snow)が名字になります。

 

“夜の砦”の怖い話は伏線?

ブランたちが宿をとった“夜の砦”(ナイト・フォート = The Nightfort)は前エピソード「キャスタミアの雨」でサムが向かってた場所。ここには秘密の出撃路があり“壁”を自由に出入りできる。

ここのシーンでは、ブランは怖い昔話をする。

ここには いろんな話が

怖い話だ

“鼠(ネズミ)のコック”を?

ナイツ・ウォッチのコックだ

理由は忘れたけど王を恨んでた

王が夜の砦を訪ねると

コックは王の息子を殺し 肉でパイを作った

玉ねぎやベーコンと一緒に

そのパイを コックは王に出した

王は味を気に入っておかわりを要求した

神々はコックを呪い 鼠に変えた

以来 コックはこの夜の砦をさまよってる

自分の子たちを食べながら

でもいくら食べても 満腹にならない

神々が呪ったのは単に殺したからではない

客を殺したからだ

神々はそれが許せない

byブラン

 

これは通称“レッド・ウェディング”の話でしょうか?

それとも、別の伏線??

 

プリンセス・シリーンの歴史学

手紙を読むダヴォスに、歴史書を勧めるプリンセス・シリーン。

バレリオンのことが

レッド・キープの地下牢に今も骨があるって

byプリンセス・シリーン

 

バレリオンは、シーズン2・エピソード7「義なき男」でも少し出たエイゴン征服王が乗ってた伝説のドラゴンの名前。

ちなみに地下牢はシーズン1・エピソード5「狼と獅子」で猫を追いかけるアリアが迷い込んだ場所。

 

スポンサーリンク

「次なる戦いへ」の感想

前エピソード「キャスタミアの雨」の大どんでん返しを上手いこと締めくくったラストエピソード。いや~シーズン3はすべてのエピソードが素晴らしい。

  • シーズン1:う~ん、いろいろ難しいけどそこそこ面白いから次もみるか
  • シーズン2:後半あたり(特にブラックウォーターの戦い)から「お? 結構楽しくなってきた」
  • シーズン3:ヤバイなにこれ、すげーオモシロイ

って、感じすかね、個人的には。

 

そういうテンションでみてたから、このエピソード「次なる戦いへ」も少し泣いてしまった。悲しくも嬉しくも。

悲し涙をしたのは、ロブの死体とダイアウルフの頭が縫い付けられた姿をみたアリアのシーン。アリアは父、母、兄の死をすべて目撃してしまっているんですね。不運すぎる。

嬉し涙は、デナーリスが元・奴隷たちに持ち上げられるラストシーン。シーズン3の第1話のときなんて、兵士すらいなかったからね。成長したわ~。

 

 

ホーダー×3回

 

 

「次なる戦いへ」の名言

Every time we deal with an enemy, we create two more.

敵を排除するたび 倍の敵を生んでる

byティリオン

 

>>「ゲーム・オブ・スローンズ」各エピソードのまとめページへ行く

まとめページ
【解説】「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてがわかるガイドブック

世界的に社会現象となっている解説「ゲーム・オブ・スローンズ」を日本でも流行らせたい! そんな思いで、「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてのエピソードを解説することにしました。   当ブログで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-シーズン3:戦乱の嵐-前編-

Copyright© KEN'sブログ , 2019 All Rights Reserved.