シーズン8:最終章

「ゲーム・オブ・スローンズ」シーズン8のオープニングクレジット考察

待ちに待った「ゲーム・オブ・スローンズ」最終章となるシーズン8の放送が始まりました。

ファンならではの楽しみのひとつ、オープニング・クレジットがシーズン8からガラリと変わり

  • うほっ! めちゃくちゃカッコイイじゃん!!
  • あの模様はなんじゃい?!
  • 隠れた意味はあんのか?!

と思った方も多いのではないでしょうか?

 

米BuzzFeedの記事によると、オープニング・クレジットを手掛けるKirk Shintani氏は「毎エピソード少しづつ変化する」と言っているので、当ブログでも

  • 動画、画像つきで
  • どこがどう変わっていったか

を具体的に記録したいと思います。

 

ということで早速!

 

スポンサーリンク

「ゲームオブスローンズ」オープニング・クレジットの動画

シーズン8のオープニング・クレジットから大きく変わったところは

  1. アストロラーベの壁画(過去の歴史 ⇒ 現在のできごと)
  2. 地域紹介(浅く広く ⇒ 狭く深く)

の2点ですね。

 

それを踏まえたうえで、肝心のオープニング・クレジットの動画を見ていきましょう。

 

シーズン8・エピソード1「ウィンターフェル」のオープニングクレジット

 

 

シーズン1・エピソード1「冬来たる」のオープニング・クレジット

 

それでは、画像付きで変更点や意味を具体的に解説していきます。

 

スポンサーリンク

アストロラーベの壁画(過去の歴史 ⇒ 現在のできごと)

アストロラーベとは、「古代の天文学者や占星術者が用いた天体観測用の機器」のこと。「ゲーム・オブ・スローンズ」の世界では、シタデル(知識の城)の図書室に飾られていた。

 

シーズン1~7まではのアストロラーベの壁画は、過去の歴史(テレビシリーズ以前のストーリー)が描かれていた。

  1. “破壊”(Doom of ValyriaもしくはThe Doom)
  2. トライデント河(三又鉾河)の戦い(Battle of the Trident)
  3. バラシオン王朝の始まり

 

“破壊”(Doom of ValyriaもしくはThe Doom

ゲーム・オブ・スローンズ アストロラーベ シーズン1

“破壊”(Doom of Valyria)の説明はシーズン5・エピソード5「“壁”の決断」を参照ください。

 

トライデント河(三又鉾河)の戦い(Battle of the Trident)

ゲーム・オブ・スローンズ アストロラーベ シーズン1

トライデント河は、レイガー・ターガリエンがロバート・バラシオンに殺された場所(リヴァーランドのツインズ城の近く)

 

バラシオン王朝の始まり

ゲーム・オブ・スローンズ アストロラーベ シーズン1

 

 

シーズン8のアストロラーベの壁画は、過去の歴史⇒現在の(テレビシリーズで描かれた)出来事へと変わる。

  1. “壁”の崩壊
  2. レッド・ウェディング
  3. ドラゴンの誕生

 

“壁”崩壊シーズン7・エピソード7「竜と狼」

ゲーム・オブ・スローンズ アストロラーベ シーズン8

 

レッ・ウェディングシーズン3・エピソード9「キャスタミアの雨」

ゲーム・オブ・スローンズ アストロラーベ シーズン8

 

ドラゴンの誕生シーズン1・エピソード10「炎と血」

ゲーム・オブ・スローンズ アストロラーベ シーズン8

 

一番左に描かれている「赤い彗星」はドラゴン誕生後のシーズン2・エピソード1「王の乱立」で見られた。(デナーリス及びブランが見る)

 

スポンサーリンク

地域の紹介は浅く深く、ディテールにこだわる

オープニング・クレジット毎で少しずつ変化する地域やお城。そのエピソードに登場する場所が紹介され、キャラクターの居場所などを確認することができた。

その流れは今までと変わらないが、シーズン8からはお城の内観ホワイト・ウォーカーの動きなど、細かい点にフォーカスされるようになる。

過去シーズンは、浅く広く(概略、大枠、外観)

シーズン8は、狭く深く(詳細、細部、内観)

へと変化したように、ストーリーも今まで以上に狭い範囲のなかでディテールにこだわるようになる。

 

以下、具体的に変わった点をまとめてみた。

 

北部(“壁”とラストハース)

まずは崩壊された“壁”からスタート。シーズン7・エピソード7「竜と狼」で亡者ドラゴン“ヴィセリオン”によって崩されたイーストウォッチの“壁”が、今回の大きな変更点。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8 オープニング・クレジット

 

“壁”を通り、すこし南のラストハースへと続く。薄青のタイルにめくられていく地面は、ホワイト・ウォーカーらが通ってきた道。エピソード1「ウィンターフェル」には、ラストハースまでたどり着いたことが分かる。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8 オープニング・クレジット

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8 オープニング・クレジットゲーム・オブ・スローンズ シーズン8 オープニング・クレジット

ラストハース

 

アンバー家の本拠地ラストハースの上から眺め。城の付近がスパイラル状になっているのは、ホワイト・ウォーカーのシンボルですね。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8 オープニング・クレジット

 

ホワイト・ウォーカーのシンボル

 

ウィンターフェル

次はみんな大好きウィンターフェル。まず、神々の森の中心にあるウィアウッド(心の木)。過去、たとえばシーズン1と比べると、葉がより開花していることが分かる。三つ目の鴉となったブランのビジョンが今まで以上に開花した、という意味でしょうか?

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8 オープニング・クレジット

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8 オープニング・クレジット

 

過去シーズンのウィアウッド

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1 オープニング・クレジット

 

ウィアウッドのあとは、ウィンターフェルの地下墓地。ロウソクを持つリアナ・スタークの彫像が見えますね。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8 オープニング・クレジット

 

キングズ・ランディング

ウィンターフェルのあとは、グーン南へと移動してキングズ・ランディング。上から見下ろすレッド・キープの中には、シーズン7から作成されたウェスタロスの地図のカーペットがみえる。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8 オープニング・クレジット

 

続いて、レッド・キープの地下に入る。ドラゴンを倒すために造られたバリスタの“スコーピオン”が一瞬だけ映る。(あれ? ドロゴンの尻尾に破壊されなかったっけ?)

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8 オープニング・クレジット

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8 オープニング・クレジット

 

 

“スコーピオン”の先には、エイゴン征服王のドラゴン、“恐怖のバレリオン”の頭蓋骨。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8 オープニング・クレジット

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8 オープニング・クレジット

 

地下から上がり、“鉄の玉座”が置かれるグレート・ホールに入る。玉座のうえには、“まだ”ラニスター家の紋章のライオンが飾れている。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8 オープニング・クレジット

 

 

以上です。

この記事は、各エピソード放送後に更新していきます~

 

よければシーズン8・エピソード1「ウィンターフェル」の感想を読んでください~

それでは!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-シーズン8:最終章

Copyright© 冬来いよ , 2019 All Rights Reserved.