動画配信サービス

月額費高めのU-NEXT、それでも入会すべき3つの魅力【HBO、電子書籍、映画館割引チケット】

この記事はこんな人のために書いています

  • U-NEXTに入会しようか迷っている人
  • U-NEXTへの加入を検討してるけど、月額料金が高くてためらっている人

この記事を読むと以下が分かります

  • U-NEXTのサービス内容、本当の魅力やメリット
  • 他の動画配信サービスと比べてU-NEXTの月額料金が高い理由
  • U-NEXTへの加入を検討すべき人、すべきじゃない人とその理由

※本ページの情報は2022年6月17日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

u-next 本当の3つの魅力

月額料金2,189円(税込)と、動画配信サービスのなかでは高額なU-NEXT

NetflixもAmazonプライム・ビデオも月額1,000円以下なのに、U-NEXTへの加入を検討する必要はあるのでしょうか?

 

答えは「ある人」によってはYES。その「ある人」とは…

U-NEXTはこんな方におすすめ

  • U-NEXT独占配信であるHBO Max作品を観たい
  • 動画も観たいし、電子書籍も読みたい
  • よく映画館に行く

 

この記事では、なぜU-NEXTの月額費は高めなのかを説明したうえで、U-NEXTの本当の魅力やメリット入会を検討すべき人逆に入会すべきではない人、そして最後にサービス内容(31日無料トライアルやU-NEXTポイントの使い道など)について書いています。

入会解約を繰り返し、今現在は6社(U-NEXT、Netflix、Disney+、Hulu、Apple TV+、Amazonプライム・ビデオ)に登録している動画配信マニアである私が「本当のところのU-NEXT」を正直に、本音で語っていきます。

下のもくじをタップして好きなところから読んでみてください。

31日無料でU-NEXTを試してみる

スポンサーリンク

なぜU-NEXTの月額費は高いのか?

数ある動画配信サービスのなかでも決して安いとは言えないU-NEXT。

他社と比較してみると、

動画配信サービス 月額プラン(税込)
U-NEXT 2,189円
Hulu 1,026円
Netflix 990円〜
Disney+ 990円
dTV 550円
Amazonプライム・ビデオ 500円

たしかに月額費は高いですね…

 

ただ、月額費が高いだけに「U-NEXTのサービスの方が他社よりも充実している」のも事実です。たとえば…

U-NEXTのメリット・魅力

  • 動画の見放題作品数は22万本で業界No. 1
  • U-NEXTでしか観られないオリジナルコンテンツを視聴できる
  • コンサート、演劇、ミュージカル、格闘技イベントなどをライブで視聴できる
  • マンガや雑誌を含む70万冊以上の電子書籍を読める(そのうち150誌以上の雑誌は読み放題)
  • 毎月1,200ポイントもらえる(ポイントを利用して新作映画のレンタル、電子書籍の購入、劇場映画チケットに交換できる)
  • ダウンロード可(スマホやタブレットにダウンロードしてオフラインで視聴できる)
  • ファミリーアカウントあり(1つの契約で最大4アカウント利用できる、4アカウント同時再生可)
  • 4K配信対応(一部の作品のみ)

 

こうやってみると、U-NEXTがものすごく魅力的に見えてきます。

 

ですが、一度立ち止まってよく考えてみてください。

ダウンロード機能やファミリーアカウントは他社にもあるので、U-NEXTならではの魅力とは言えません。

そして何より、「U-NEXTの魅力」が本当の魅力かどうかは「あなたにとってメリットがあるのか?」によって変わってくるはずですよね。

 

だからこそ、

  • 「動画の見放題作品数は業界No. 1」は本当にメリットか?
  • 「毎月1,200円分のポイントがもらえるからお得」は本当にお得か?

などについて、一度冷静になって考えてみるべきだと思います。

 

果たして「動画の見放題作品数は業界No. 1」は本当にメリットか?

業界大手と比べてみるとU-NEXTの見放題作品数はダントツです。

  • 各グラフの数値はもっとも作品数の多いサービスを「100」とした値です
  • 詳しくはU-NEXTのプレスルームにて記載されています

 

しかし、「見放題作品数の多さ」は動画配信サービスを選ぶうえで大事なことでしょうか?

いくら作品数が多くても、あなたが観たい映画やドラマの数が少なければあまり意味のない数字ですよね。

重要なのは「作品数」ではなく「コンテンツの中身」ではないでしょうか。

 

当然ながら、U-NEXTではAmazonプライム・ビデオ、NetflixやDisney+といった他社のオリジナル作品は視聴できません。

なので、「何を観るか?今後何を観たいか?」をある程度考えながら、U-NEXTへの加入を検討したほうがよろしいかと思います。

 

観たい作品がU-NEXTで見放題で配信されているかは、入会前でもU-NEXTの検索画面から調べられます。(ひとまず31日無料トライアルに登録し、好きな作品が見つからなかったら契約更新前に解約するのもあり)

 

「毎月1,200円分のポイントがもらえる」は本当にお得か?

「毎月1,200円分のポイントがもらえるからU-NEXTはお得」とか、もっと酷いケースだと「毎月1,200円分のポイントがもらえるから月額は実質990円ほど※」と記載しているサイトをよく見かけます。(※月額2,189円-1,200円分のポイント=989円という考え方)

しかし、ポイントをうまく使えない限り「1,200円分のポイントがもらえるからお得」とは言い難いですよね。

 

毎月もらえるポイントの主な使い道は、

  • 新作映画やドラマのレンタル
  • マンガなどの電子書籍の購入
  • 劇場映画チケットヘの交換

などになりますが、正直に言うとこのうち「新作映画やドラマのレンタル」はあまりお得感がありません。

なぜなら、他社と比べてU-NEXTの方が圧倒的に早く新作を観れるわけではないからです。

例えばディズニー作品であれば、Disney+の方がU-NEXTより早く、しかも最初から見放題で配信されていることは珍しくありません。(新作はU-NEXTでは有料配信の可能性が高い)

 

となると、U-NEXTのメリットの一つである「毎月もらえる1,200ポイント」は新作映画ではなく、毎月電子書籍を購入するつもり、あるいは毎月映画館で映画を観るつもりがない限り、本当にお得とは言えませんね。

 

スポンサーリンク

月額2,189円、高めのU-NEXTの本当のメリット・魅力は「HBO作品、電子書籍、映画館割引チケット」

他社の動画配信サービスと比べると高額に感じてしまうU-NEXTですが、月額費が高いだけに「U-NEXTならではのメリット・魅力」もあります。

 

今現在は6つの動画配信サービスに登録しているユーザーの私にとって「他社にはないU-NEXTの本当のメリット・魅力」と感じたのはこの3点のみです。

 

魅力① 日本におけるHBO・HBO Max作品はU-NEXT独占見放題配信

2021年3月末に、U-NEXTが米ワーナーメディア(HBOの親会社)と独占パートナーシップ契約を締結しました。

これにより、『ゲーム・オブ・スローンズ』、『セックス・アンド・ザ・シティ』、『ウエストワールド』や『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』など大ヒットを連発するHBO作品(同社の動画配信サービスであるHBO Max作品含む)はU-NEXTにて独占見放題配信となっています。

よって、日本でHBO作品を視聴するためには、U-NEXTに入会しなければなりません

 

一部例外あり

Huluやスターチャンネルは『ゲーム・オブ・スローンズ』を含むすべてのHBO作品が配信停止になっています。ただし、Amazonプライム・ビデオでは一部の作品を有料配信しているほか、人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のみ見放題で配信中。

 

 

HBOの大ヒット海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の前日譚スピンオフシリーズ『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン(原題:House of the Dragon)』が、日本時間8月22日からU-NEXTで見放題独占配信されることが決定しました。

日本はアメリカHBO Max(現地時間8月21日)と同時、世界最速で視聴できるということになります。

ハウス・オブ・ザ・ドラゴン 視聴方法 U-NEXT
【31日無料】『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』独占配信U-NEXTの特徴まとめ【日本の視聴方法】

HBOの大ヒット海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の前日譚スピンオフシリーズ『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン(原題:House of the Dragon)』が、日本時間8月22日からU-NEXTで見 ...

続きを見る

 

魅力② 同じ月額費で動画だけではなく、電子書籍も楽しめる

動画配信サービスのなかでは珍しく、U-NEXTはマンガ・雑誌・小説・ラノベ・写真集など70万冊以上の電子書籍を配しています。

そのうち、150誌以上の雑誌が読み放題

 

他社でも電子書籍を読めるが…

他社の動画配信サービスのFOD(フジテレビオンデマンド)やAmazonプライムでも電子書籍を読めます。しかし、FODはマンガ以外のジャンルに弱く、プライムリーディング(Amazonプライムの特典)は読める書籍数が全体的に少ないです。電子書籍においては、2社ともU-NEXTには敵いません。

 

魅力③ 毎月もらえるポイントを映画館の割引チケットに交換できる

U-NEXTの有料会員になると、毎月1,200ポイントが付与されます。

貯まったポイントは新作映画のレンタルや有料の電子書籍の購入のほか、1ポイント=1円として劇場映画の割引チケットに交換することもできます

U-NEXTポイントを割引チケットに交換できる映画館(詳しくはこちら

  • イオンシネマ
  • 松竹マルチプレックスシアターズ(MOVIX、ピカデリーなど)
  • なんばパークスシネマ、大阪ステーションシティシネマ
  • ユナイテッド・シネマ
  • 109シネマズ
  • コロナワールド
  • オンラインチケット予約KINEZO(全国のT・ジョイ、新宿バルト9、横浜ブルク13、梅田ブルク7、広島バルト11、鹿児島ミッテ10、こうのすシネマ)

U-NEXT

スポンサーリンク

U-NEXTに入会すべきではない人

ここまではU-NEXTの特徴や魅力をお伝えしてきましたが、逆にU-NEXTに入会すべきではない人について考えてみたいと思います。

U-NEXTに入会すべきではない人とは…

U-NEXTに入会すべきではない人の特徴

  • HBO、HBO Max作品を視聴しない
  • 電子書籍を読まない(動画を観るためにサービスに入る)
  • あまり映画館に行かない(ポイントを映画館割引チケットに交換しない)

 

まあ、これはU-NEXTの本当の魅力の裏を返しているだけですが、HBO・電子書籍・映画館にまったく興味がないのであればあまりU-NEXTに入るメリットはないでしょう。

それだったら、月額費が高めのU-NEXTではなく、他社の動画配信サービスに加入すべきだと思います。

動画配信サービス 月額プラン(税込)
U-NEXT 2,189円
Hulu 1,026円
Netflix 990円〜
Disney+ 990円
dTV 550円
Amazonプライム・ビデオ 500円

 

例えば、良質のオリジナルコンテンツを配信しているNetflixとDisney+を2つ同時に加入しても、単体のU-NEXTよりも安いです。

なので「電子書籍を読むつもりはないし、映画館にはほとんど行かない。動画は楽しみたいけど、HBO作品には興味がない。」という方でしたら、U-NEXTではなく他社サービスをお勧めします。

 

スポンサーリンク

すぐにわかるU-NEXTのサービス内容

最後にサービス内容を簡単に紹介していきます。

すぐに理解できるよう、ある程度簡単にまとめました。

動画 × 電子書籍

U-NEXTでは、映画・ドラマ・アニメなどの動画だけではなく、マンガ・ラノベ・書籍・雑誌など幅広いコンテンツを楽しめます。

そのうち150誌以上の雑誌は読み放題です。

 

月額プランは2,189円

月額料金は2,189円(税込)で見放題作品の視聴、雑誌読み放題サービスを利用できます。

また、毎月1,200ポイントもらえます。

 

もっと安いプランもあるが…

もう一つ、月額プラン1490(税込1,639)がありますが、ポイントがもらえないうえ1年以内に解約すると違約金5000円が発生するのであまりお勧めできません。

 

毎月もらえる1,200ポイントの使い道と注意点

毎月もらえる1,200ポイントは1ポイント=1円として、新作映画のレンタル、マンガの購入、映画館の割引チケットへの交換などに利用できます。

貯まったポイントの主な使い道

  • 新作映画やドラマのレンタル
  • マンガなどの電子書籍の購入
  • ライブ配信の参加チケットの購入
  • 劇場映画チケットヘの交換

使用しなかったポイントは、翌月に持ち越すことも可能。(※最大90日まで持ち越しOK)

 

ポイントの注意点

  • ポイントの有効期限は、ポイント発行日から90日間
  • ポイント不足分には別途料金が発生

 

すべての作品が見放題ではない

U-NEXTの動画はすべてが見放題ではありません。

2022年6月時点で、25万本以上の動画が配信されていますが、そのうち22万本は見放題、残りの3万本はレンタル作品となっています。

レンタル作品は、毎月もらえるU-NEXTポイントを使って視聴することができます。

 

31日無料トライアルと注意点

はじめての人は、31日無料でお試し体験できます。

無料お試し中は、特典として600円分のポイントがプレゼントされます。(有料会員になると毎月1,200ポイントもらえますが、無料トライアル中は600ポイント)

なお、無料トライアル期間中に解約をしても、月額料金は発生しません

U-NEXT

 

無料トライアルの注意点

  • 無料トライアル期間は、登録日を1日目とし31日目まで
  • 無料トライアル終了後の料金は、登録日を1日目とし32日目に初回の月額プラン利用料の2,189円(税込)が発生、以後毎月1日に当月分の月額プラン利用料が発生する

 

利用可能の支払い方法

月額プランの支払い方法は以下の6つから選べます。

利用可能の支払い方法

  • クレジットカード(Visa、Master Card、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブカード)
  • キャリア決済(ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払、ワイモバイルまとめて支払い)
  • 楽天ペイ
  • Amazon.co.jp(Amazon Fire TV / Fire TV Stickから支払い可)
  • AppleID(iPhone/iPad上のアプリではAppleID で支払い可)
  • ギフトコード/U-NEXTカード

 

U-NEXTのメリット・魅力

U-NEXTのメリット・魅力

  • 動画の見放題作品数は22万本で業界No. 1
  • U-NEXTでしか観られないオリジナルコンテンツを視聴できる
  • コンサート、演劇、ミュージカル、格闘技イベントなどをライブで視聴できる
  • 毎月1,200ポイントもらえる(ポイントを利用して新作映画のレンタル、電子書籍の購入、劇場映画チケットに交換できる)
  • ダウンロード可(スマホやタブレットにダウンロードしてオフラインで視聴できる)
  • ファミリーアカウントあり(1つの契約で最大4アカウント利用できる、4アカウント同時再生可)
  • 4K配信対応(一部の作品のみ)
  • HBO、HBO Max作品を視聴できる(U-NEXTは日本におけるHBO作品の独占配信権を2021年3月に締結)
  • マンガを含む70万冊以上の電子書籍も読める(そのうち150誌以上の雑誌は読み放題)
  • 毎月もらえる1,200ポイントを劇場映画チケットに交換できる

このうち、他社にはないU-NEXTならではの本当の魅力は最後の太字の3つです。

 

なので、U-NEXTへの入会を検討すべき人は…

U-NEXTはこんな方におすすめ

  • U-NEXT独占配信であるHBO Max作品を観たい
  • 動画も観たいし、電子書籍も読みたい
  • よく映画館に行く

になります。

31日無料でU-NEXTを試してみる

関連する記事

-動画配信サービス