ゲーム・オブ・スローンズ ハウス・オブ・ザ・ドラゴン/House of the Dragon

『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』は3〜4シーズンで終了?THRの特集記事で明らかになったこと

米The Hollywood Reporter(以下THR)に『ゲーム・オブ・スローンズ』の前日譚スピンオフドラマ『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン(原題:House of the Dragon)』の特集記事が掲載されました。

ボリュームのある記事となっているので(あまりにも長いためTHRが発行した特集記事として初めて2部構成に分かれたそうです)、ここではすべてを紹介せず、興味深かいと思ったポイントのみを箇条書きでまとめました。

 

 

『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』は2022年8月22日よりU-NEXTで見放題独占配信スタート。

【31日無料】U-NEXTのサービス内容、メリット、デメリットは下の記事を参考にしてください。

ハウス・オブ・ザ・ドラゴン 視聴方法 U-NEXT
【31日無料】『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』独占配信U-NEXTの特徴まとめ【日本の視聴方法】

HBOの大ヒット海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の前日譚スピンオフシリーズ『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン(原題:House of the Dragon)』が、日本時間8月22日からU-NEXTで見 ...

続きを見る

【31日無料】U-NEXT公式サイトはこちら

 

スポンサーリンク

『ゲーム・オブ・スローンズ』初のスピンオフシリーズ『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』誕生までの裏側

 

HBOは『ゲーム・オブ・スローンズ』のフランチャイズを構築するつもり

  • 2016年7月、HBOは『ゲーム・オブ・スローンズ』のショーランナーを務めたデヴィッド・ベニオフとD.B.ワイスの意向に同意し、同シリーズを第8シーズンで完結させると発表(原作者ジョージ・R・R・マーティンは10シーズンにすべきだと以前から提唱していた)
  • この頃からすでに、HBOの番組編成局長ケイシー・ブロイズ率いる戦略会議は、次に制作すべきマーティンの作品について話しあっていた
  • ディズニーが『マーベル』や『スター・ウォーズ』で行ったように、HBOは『ゲーム・オブ・スローンズ』のフランチャイズを構築する計画がある
  • しかし、40年の歴史の中で、HBOはスピンオフシリーズを一度も作ったことがなかった

 

原作者ジョージ・R・R・マーティンが提案したのは「ダンクとエッグの物語」と「双竜の舞踏」

  • マーティンはHBOの幹部と面会し、2つのアイデアを提案した
  • 最初に提案したのは、従者を連れてウェスタロスを放浪する騎士を描いた「ダンクとエッグの物語」(小説『七王国の騎士』をもとにしたシリーズ)
  • もうひとつは『ゲーム・オブ・スローンズ』の180年前にウェスタロスを引き裂いた、デナーリス・ターガリエンの祖先の内戦を描いた物語、その名は〈双竜の舞踏(The Dance of the Dragons)

 

HBOが制作する『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズは、原作者マーティンの承認が条件

  • HBO幹部は「ダンクとエッグの物語」を(少なくとも当初は)見送った
  • 幹部たちは〈双竜の舞踏〉に好感を持てたが、他の候補も探すことにした
  • HBOはマーティンの著書を調査し、前日譚シリーズの候補を15作品ほど挙げた
  • 例えば、ターガリアンの故郷であるヴァリリア帝国の〈破滅〉を描く物語、ドーンの戦士女王ナイメリアを描く物語、エイゴン・ターガリエン1世のウェスタロス征服を描く物語、ホワイト・ウォーカーの起源に焦点を当てた物語などが検討された
  • 『ゲーム・オブ・スローンズ』がフィナーレを迎える1年前の2018年に、HBOはスピンオフシリーズ候補の『ブラッドムーン(仮題)』のパイロット版の発注を発表し、制作に取りかかって撮影も行った
  • 『ブラッドムーン』は、『ゲーム・オブ・スローンズ』の出来事の数千年前、〈長き夜〉として知られる冬の終末が舞台となる物語で、ナオミ・ワッツが出演する予定だった(実際に第1話を撮影した)
  • しかし、何らかの理由でHBOは『ブラッドムーン』の制作中止を発表(具体的な理由は明かされていない)
  • その頃から、マーティンの影響力がHBO社内で高まり、マーティンの作品に基づいて開発するすべてのプロジェクトは、彼の承認を得るようにしている
  • そういった経緯があり、HBOは当初マーティンが提案した〈双竜の舞踏〉を描く物語を制作することにし、シリーズタイトルを『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン(原題:House of the Dragon)』として10話分を発注した

 

スポンサーリンク

『ゲーム・オブ・スローンズ』と『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』の違いとは?

 

『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』シーズン1には数年にわたるタイムジャンプが何度もある

  • 『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』は『ゲーム・オブ・スローンズ』というより、Netflixの『ザ・クラウン』のようなユニークな構成になる
  • シーズン中に数年にわたるタイムジャンプが何度もあり(シーズン中盤に10年という大きなタイムジャンプあり)、キャストの変更もある
  • アリセント・ハイタワーを演じるエミリー・キャリーはオリヴィア・クックと、レイニラ・ターガリエンを演じるミリー・オールコックはエマ・ダーシーと交代する
  • 「これが、この物語を正しく伝える方法。世代を超えた戦争を描いている。最初の剣が振り下ろされるまでに、すべてのプレイヤーを理解できるように設定した。」とショーランナーのライアン・コンダルは語る

 

『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』シーズン1から登場する主要キャラクター、レイニラ・ターガリエンアリセント・ハイタワーなどは

  1. ヤング(若い頃)
  2. オールド(大人の頃)

の2つのバージョンがあり、それぞれ別の俳優が演じます。

ハウスオブザドラゴンとは
『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』とは?『ゲーム・オブ・スローンズ』前日譚ドラマ第1弾について分かっていること総まとめ

この記事では『ゲーム・オブ・スローンズ』の前日譚スピンオフドラマ『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン(原題:House of the Dragon)』について分かっていることをまとめています。 前日譚スピンオ ...

続きを見る

 

『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』の出産=『ゲーム・オブ・スローンズ』の結婚式?

  • 『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』は、『ゲーム・オブ・スローンズ』の結婚式と同じように、出産シーンを描く
  • 「中世では出産は危険。限りなく危険だ。成功する確率は五分五分。番組の中でいくつもの出産シーンがあるが、基本的には『ゲーム・オブ・スローンズ』の戦いの数々と同じように、異なるテーマを与えて、異なる視点から探求することにした。」とショーランナーのミゲル・サポチニクは語る
  • 『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』は『ゲーム・オブ・スローンズ』ほどセックスシーンはないけれど、中世をイメージしたファンタジー世界特有の性暴力が描かれる
  • 「慎重かつ思慮深く、そして尻込みすることしない。どちらかといえば、その側面に光を当てるつもりだ。軽視されたり、美化されたりしてはいけない。」とサポチニクは付け加える。

 

『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』は前作よりも多様性を取り入れた

  • 『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』は『ゲーム・オブ・スローンズ』よりも多様性を取り入れ、原作では白人のキャラクターとして描かれているコアリーズ・ヴェラリオン公、通称〈海蛇〉役としてスティーブ・トゥーサントを起用した
  • 「『ゲーム・オブ・スローンズ』は大好きだけど、『この世界の他のみんなはどこにいるの?』と気になった。ウェスタロスの向こう側に目を向ければ、マーティンが作り上げた多様な世界があり、この番組もそれに近づいていると思う。」とトゥーサントは語る

 

『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』にはアリアのように、誰しもが好感を持てるキャラはいない?

  • 原作者ジョージ・R・R・マーティンは、『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』シーズン1の最初の9つのエピソードを見たとき、熱狂的な反応を示した(この時、マーティンはまだ10話目を見ていない)
  • 「パワフルで、ダークで、シェイクスピアの悲劇のようだ。アリアのように、誰もが好きになるようなキャラクターはいない。みんな欠点だらけ。みんな人間。良いこともするし、悪いこともする。彼らは人間と同じように権力欲や嫉妬心で動いている。私が描い通りだ。」とマーティンは語る

 

『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』は3〜4シーズン構想?

  • まだ何も決まってはいないが、『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』は今のところ3〜4シーズン程度しか進行しないように計画されている
  • しかし、ターガリエンのストーリーは終わらないかもしれない
  • 『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』の数十年後、あるいは前にさかのぼって、エイゴンの征服やヴァリリアの破滅〉などターガリエン王朝の他の主要な出来事をまったく新しいキャストで描く可能性がある

 

 

 

『ゲーム・オブ・スローンズ』の前日譚スピンオフドラマ『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン(原題:House of the Dragon)』は2022年8月22日からU-NEXTにて配信開始。

【31日無料】U-NEXT公式サイトはこちら

 

 

YouTubeとPodcastで配信しているトーク番組「心はウェスタロス」では『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』について語っています。お暇なときにチラ見してください!

 

関連する記事

-ゲーム・オブ・スローンズ, ハウス・オブ・ザ・ドラゴン/House of the Dragon