広告 GOT スピンオフ ゲーム・オブ・スローンズ

2024年撮影へ!『ゲーム・オブ・スローンズ』新スピンオフ『七王国の騎士』のキャスト募集開始

七王国の騎士

全米脚本家組合のストライキが終わった今、『ゲーム・オブ・スローンズ』のプロジェクトが再び動き出しました。『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』に次ぐスピンオフドラマ第2弾『七王国の騎士』の主役2人のキャスト募集がスタートしています。

 

スポンサーリンク

『七王国の騎士』のダンク役、エッグ役のキャスティング開始!撮影は2024年から

ダンクとエッグの物語 イギリスの著名なキャスティング・ディレクターであるルーシー・ビーヴァン(映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』、『バービー』、『ベルファスト』、『クルエラ』、『マレフィセント』など)が、HBOの次期シリーズの主役2名のオーディションを開始しました。

具体的な作品名やキャラクター名は明かされていませんが、役柄の説明を見る限り、『七王国の騎士』の主役である“ダンク”と“エッグ”のキャストティングであることが示唆されています。

翻訳

BOY: Aged 9-10. Physically small, the character is wise beyond his years, confident and witty. He has a neutral English accent, and is white with blue/green eyes and pale skin. Must be under 4’6 (137cm) and at least 9 years old by March 2024 for licensing.

男の子:9~10歳。体格は小柄だが、年齢以上に賢く、自信家で機知に富んでいる。中性的な英語のアクセントがあり、青/緑の瞳と色白の肌。2024年3月までに4フィート6インチ(137cm)以下で9歳以上であることが条件。

SOLDIER: Aged 18-25. The soldier is very tall and physically strong. He has a humble disposition and is perceptive and thoughtful. Any ethnicity. Must be at least 6’4 (193cm).

兵士:18~25歳。長身で身体能力が高い。謙虚な性格で、鋭敏で思慮深い。民族は問わない。6フィート4インチ(193cm)以上であること。

 

注目すべき点は、募集要項の最後に「撮影は2024年に行われる」と記載されていること。どうやら予想よりも早く、新プロジェクトが始動しそうです。

 

スポンサーリンク

『七王国の騎士』とは?

ダンクとエッグの物語

前日譚ドラマ『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』を放送配信している米HBOは、新たなスピンオフドラマ『A Knight of the Seven Kingdoms: The Hedge Knight(仮題)』を2023年4月に発注しています。

新シリーズはジョージ・R・R・マーティンの原作『七王国の騎士』にもとづくもので、『ゲーム・オブ・スローンズ』の時代の約100年前を舞台に、騎士のサー・ダンカン・ザ・トール("長身のサー・ダンカン")と呼ばれるダンクと、ターガリエン家の従士であるエッグの冒険を描く物語です。

シリーズは主人公の2人にちなんで、「ダンクとエッグの物語(Dunk & Egg)」とも呼ばれています。公式あらすじは以下の通り。

『ゲーム・オブ・スローンズ』が始まる1世紀前、ウェスタロスには2人の思いがけない英雄がいた。ナイーブだが勇敢な若き騎士、サー・ダンカン・ザ・トールとその小柄な従士、エッグである。ターガリエン家が〈鉄の玉座〉を守り、最後のドラゴンの記憶がまだ生前の記憶から消えていない時代を舞台に、大きな運命、強敵、危険な冒険が、ありえないほど比類なき友人たちを待ち受けている。

Warner Bros. Discoveryより引用

 

スポンサーリンク

原作者ジョージ・R・R・マーティンも脚本家として新ドラマに参加予定

ドラマシリーズ『七王国の騎士』のショーランナーは、『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』シーズン1の第4話「狭い海の王」の脚本を担当したアイラ・パーカー。『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』のショーランナーであるライアン・コンダルも製作総指揮として参加予定です。

 

また興味深いのは、ジョージ・R・R・マーティンが『七王国の騎士』の脚本を執筆すること。彼自身、第1シーズンはおそらく6つのエピソードで構成されるだろうと述べていますが、まだ明確に決まってはいません。

 

スポンサーリンク

『七王国の騎士』は少なくとも3シーズン制作される?

HBOのドラマシリーズを統括するフランチェスカ・オルシは、『七王国の騎士』シリーズに関して、少なくとも3シーズンを発注したいという希望を持っており、公開スケジュールも1年ごとを目指しているとコメントを残しています。

理想的には一年ごとに、ジョージが書いた3つの小説を、3シーズンで描くこと。もちろん、それ以上続けたいですし、ジョージもまだ書きたい小説が残っているので考え中ですが、現時点では、各小説を描く3シーズンを視野に入れています。

Deadlineより引用

 

原作は『草臥しの騎士』『誓約の剣』『謎の騎士』の中編3篇で、いずれも『七王国の騎士』に収録されています。ジョージ・R・R・マーティンは全部で12作、つまりあと9作の物語を執筆すると宣言していますが、2010年以来、新作は発表されていません。

created by Rinker
¥1,584 (2023/12/06 19:24:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

公式あらすじから分かる通り、この時代にはドラゴンが存在していません。つまり全盛期の『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』とは違い、『七王国の騎士』はCGにかかる費用も時間かからないことから、1年ごとの放送配信は現実的と見られています。

 

 

ハウスオブザドラゴンとは
『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』とは?『ゲーム・オブ・スローンズ』前日譚ドラマ第1弾について分かっていること総まとめ

  この記事では『ゲーム・オブ・スローンズ』の前日譚スピンオフドラマ『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン(原題:House of the Dragon)』について分かっていることをまとめています。 ...

続きを見る

ハウス・オブ・ザ・ドラゴン 視聴方法 U-NEXT
【31日無料】『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』独占配信U-NEXTの特徴まとめ【日本の視聴方法】

HBOの大ヒット海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の前日譚スピンオフシリーズ『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン(原題:House of the Dragon)』が、日本時間8月22日からU-NEXTで見 ...

続きを見る

 

-GOT スピンオフ, ゲーム・オブ・スローンズ