氷と炎の歌/書籍

『冬の狂風』公開済みサンプルチャプターまとめ│なかには改定されるものもある?!

ジョージ・R・R・マーティンが自身のブログ「Not A Blog」をとおして、久々に『冬の狂風』の執筆状況を報告しました。(前回同作に触れたのは20年6月頃)まあ、予想通りの「頑張って書いてるよ~まだ途中だよ~」といった内容で大したアップデートはありませんが…興味深いことに、なかには改定した章もあると発表しています。

 

そうなると、すでに世に出ている『冬の狂風』のサンプルチャプターは変わっちゃう可能性があります。よね?

 

以下、「Not A Blog」からジョージ・R・R・マーティンの報告を引用、翻訳しました。また、過去に何かしらの形で発表された『冬の狂風』のサンプルチャプターをまとめて掲載しています。こちらは英語のままです。

  • この記事は『冬の狂風』が出版される前の2020年11月時点の情報です
  • 改定している具体的な箇所は発表されていません

 

スポンサーリンク

『冬の狂風』の執筆状況【2020年11月時点】

冬の狂風

No, sorry, still not done, but I do inch closer.   It is a big big book.   I try not to dwell on that too much.    I write a chapter at a time, a page at a time, a sentence at a time, a word at a time.   It is the only way.   And sometimes I rewrite.

Back to Westeros│Not A Blogより引用

ざっくり翻訳

  • 申し訳ないが、まだ(執筆は)終わっていない、でも少しづつ進んでいる
  • とても大きな本だ
  • 長々考えないようにしている
  • 私は一度に章を書き、ページを書き、文を書き、単語を書く
  • この方法しかない
  • そして時には書き直す

 

 

Of late I have been spending a lot of time with the Lannisters.  Cersei and Tyrion in particular.   I’ve also paid a visit to Dorne, and dropped in to Oldtown a time or three.   In addition to turning out new chapters, I’ve been revising some old ones (some very old)… including, yes, some stuff I read at cons ages ago, or even posted online as samples.   I tweak stuff constantly, and sometimes go beyond tweaking, moving things around, combining chapters, breaking chapters in two, reordering stuff.

None of this is even remotely new.   It is how the first five books were written.

Back to Westeros│Not A Blogより引用

ざっくり翻訳

  • 最近はラニスター家、特にサーセイとティリオンについてたくさん書いている
  • また2、3回ほどドーンやオールドタウンについても書いている
  • 新しい章を書くこともあれば、いくつかの古い章(いくつかはとても古い)を改定している
  • そこには私が過去にコンベンションで読み上げたもの、あるいはサンプルとしてオンラインに投稿したものも含まれる
  • 私は常に物事にひねりを入れ、ときにはひねりを飛び越え、章の結合・分割・並び替えをしている
  • これは新しいやり方ではなく、最初の5冊を書いた方法でもある

 

ジョージ・R・R・マーティンいわく、「いくつかの古い章を改定している」そして「そこには私が過去にコンベンションで読み上げたもの、あるいはサンプルとしてオンラインに投稿したものも含まれる」とのことです。

これは、「過去に発表した11のサンプルチャプターの内容は変わるよ!!」という宣言として捉えることもできますね。

 

スポンサーリンク

『冬の狂風』公開済みサンプルチャプターまとめ

 

2020年11月現在、公開されている『冬の狂風』のサンプルチャプターは全部で11章あります。

『冬の狂風』のサンプルチャプター

  1. Theon I 
  2. Victarion I
  3. Tyrion I
  4. Arianne I 
  5. Barristan I 
  6. Barristan II 
  7. Tyrion II
  8. Mercy 
  9. Alayne I
  10. Arianne II
  11. The Forsaken

※「Mercy=Arya Stark」「Alayne=Sansa Stark」「The Forsaken=Aeron "The Damphair" Greyjoy」

 

11のサンプルチャプターはジョージ・R・R・マーティン自身のウェブサイト、ファンコンベンションでの朗読会、出版済みの書籍のペーパーバック版などで公開されてきました。以下、すべてのサンプルチャプターをまとめています。

  • このページでは一部のみ抜粋、全文を閲覧できるリンクを張ってあります
  • 一部YouTubeでアップされてある音声(読み上げ)つき動画を紹介しています

 

Theon I

  • サンプルチャプター:Theon I
  • 公開方法:ジョージ・R・R・マーティン自身のウェブサイト
  • 公開日:2011年12月28日

The king's voice was choked with anger.  "You are a worse pirate than Salladhor Saan."
Theon Greyjoy opened his eyes.  His shoulders were on fire and he could not move his hands.  For half a heartbeat he feared he was back in his old cell under the Dreadfort, that the jumble of memories inside his head was no more than the residue of some fever dream. I was asleep, he realized.  That, or passed out from the pain.  When he tried to move, he swung from side to side, his back scraping against stone.  He was hanging from a wall inside a tower, his wrists chained to a pair of rusted iron rings. 

>>全文はこちら

 

Victarion I

  • サンプルチャプター:Victarion I
  • 公開方法:ファンコンベンションでの読み上げ(redditにて文字起こしあり)
  • 公開日:2012年

The Noble Lady was a tub of a ship, as fat and wallowing as the noble ladies of the green lands. Her holds were huge, and Victarion packed them with armed men. With her would sail the other, lesser prizes that the Iron Fleet had taken on its long voyage to Slaver's Bay, a lubberly assortment of cogs, great cogs, carracks, and trading galleys salted here and there with fishing boats. It was a fleet both fat and feeble, promising much in the way of wool and wines and other trade goods and little in the way of danger. Victarion gave the command of it to Wulf One-Ear.

>>全文はこちら

 

Tyrion I

  • サンプルチャプター:Tyrion I 
  • 公開方法:ファンコンベンションでの読み上げ
  • 公開日:2012年

※「Tyrion I」はサンプルチャプターではなく、概要がファンコンベンションで発表されました。朗読の動画や正確な文字起こしは存在しません。

 

Arianne I

  • サンプルチャプター:Arianne I
  • 公開方法:ジョージ・R・R・マーティン自身のウェブサイト
  • 公開日:2012年

On the morning that she left the Water Gardens, her father rose from his chair to kiss her on both cheeks.  "The fate of Dorne goes with you, daughter," he said, as he pressed the parchment into her hand.  "Go swiftly, go safely, be my eyes and ears and voice... but most of all, take care."

>>全文はこちら

 

Barristan I

  • サンプルチャプター:Barristan I
  • 公開方法:2013年発売『竜との舞踏』ペーパーバック版
  • 公開日:2013年10月29日

Through the gloom of night the dead men flew, raining down upon the city streets. The riper corpses would fall to pieces in the air, and burst when they came smashing down onto the bricks, scattering worms and maggots and worse things. Others would bounce against the sides of pyramids and towers, leaving smears of blood and gore to mark the places where they’d struck.

>>全文はこちら

 

Barristan II

  • サンプルチャプター:Barristan II
  • 公開方法:ファンコンベンションでの読み上げ
  • 公開日:2013年

※「Barristan II」はサンプルチャプターではなく、概要がファンコンベンションで発表されました。正確な文字起こしは存在しません。

 

Tyrion II

  • サンプルチャプター:Tyrion II
  • 公開方法:アプリ「World of Ice and Fire」
  • 公開日:2014年

Somewhere off in the far distance, a dying man was screaming for his mother. “To horse!” a man was yelling in Ghiscari, in the next camp to the north of the Second Sons. “To horse! To horse!” High and shrill, his voice carried a long way in the morning air, far beyond his own encampment. Tyrion knew just enough Ghiscari to understand the words, but the fear in his voice would have been plain in any tongue. I know how he feels.

>>全文はこちら

 

Mercy

  • サンプルチャプター:Mercy
  • 公開方法:ジョージ・R・R・マーティン自身のウェブサイト
  • 公開日:2013年1月27日

She woke with a gasp, not knowing who she was, or where.

The smell of blood was heavy in her nostrils… or was that her nightmare, lingering? She had dreamed of wolves again, of running through some dark pine forest with a great pack at her hells, hard on the scent of prey.

>>全文はこちら

 

Alayne I

  • サンプルチャプター:Alayne I
  • 公開方法:ジョージ・R・R・マーティン自身のウェブサイト
  • 公開日:2015年4月2日

She was reading her little lord a tale of the Winged Knight when Mya Stone came knocking on the door of his bedchamber, clad in boots and riding leathers and smelling strongly of the stable. Mya had straw in her hair and a scowl on her face. That scowl comes of having Mychel Redfort near, Alayne knew.

>>全文はこちら

 

Arianne II

  • サンプルチャプター:Arianne II
  • 公開方法:ジョージ・R・R・マーティン自身のウェブサイト
  • 公開日:2016年5月10日

All along the south coast of Cape Wrath rose crumbling stone watchtowers, raised in ancient days to give warning of Dornish raiders stealing in across the sea. Villages had grown up about the towers. A few had flowered into towns.

>>全文はこちら

 

The Forsaken

  • サンプルチャプター:The Forsaken
  • 公開方法:ファンコンベンションでの読み上げ
  • 公開日:2016年

It was always midnight in the belly of the beast.

The mutes had robbed him of his of robe and shoes and breechclout. He wore hair and chains and scabs. Saltwater sloshed about his legs whenever the tide came in, rising as high as his genitals only to ebb again when the tide receded. His feet had grown huge and soft and puffy, shapeless things as big as hams. He knew that he was in some dungeon, but not where, or for how long.

>>全文はこちら

 

 

以上が過去に発表された『冬の狂風』の11のサンプルチャプターです。

2021年の出版発売に期待しましょう...

関連記事
『冬の狂風(The Winds of Winter)』の発売は2021年?ジョージ・R・R・マーティンが執筆状況を報告

  今年も厳しいのか… 「2020年には絶対出す!」みたいなことをほのめかしていたのに…   「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作小説シリーズ『氷と炎の歌』の第6作『冬の狂風(The ...

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-氷と炎の歌/書籍

Copyright© 冬来いよ , 2020 All Rights Reserved.