Amazonサービス

【対処法】Kindle端末が勝手に動くゴーストタッチなどの不具合・解決方法・交換方法まとめ

この記事はこんな人のために書いています

  • Kindle端末の不具合で困っている人

この記事を読むと以下が分かります

  • Kindle端末のバグ(勝手にページがめくられる、電池の消耗が早いなど)の対処法
  • Kindle端末が故障したときの返品・交換方法(無料交換ができる期間)
  • Amazon公式カスタマーサービスの問い合わせ先

Kindle端末 バグ・不具合の対処法まとめ

 

購入してから約1年間、ほぼ毎日使ってる電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」の調子が悪くなってきました。具体的には、

  • 電池の消耗が異常に早い(通常は1週間以上もつのに、2日ほどで電池が切れてしまう)
  • 章(本)を読み終えるまで○○分がおかしい(ずっと1分のまま)
  • ゴーストタッチする(何も押していないのに勝手に動く)

といった不具合が起きました。

 

「ほぼ毎日つけてるし、お風呂でも読んでるからそろそろ寿命かな…」と落ち込みながら、Amazon公式カスタマーサービスに問い合わせ、言われたとおりに操作してみたところ…

交換せずとも無事に直りました。

 

この記事では、Amazon公式カスタマーサービスから直接教わった対処法を紹介しています。

改善されない場合の返品・交換方法(問い合わせ先)もまとめていますので、Kindle端末の故障で困っているなら、ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

Kindle端末のバグと対処法まとめ

以下より、

  • 電池の消耗が異常に早い
  • 章(本)を読み終えるまで○○分がおかしい
  • ゴーストタッチする

の対処法をまとめています。

 

紹介している対処法はAmazonの公式カスタマーサービスから教わりましたが、利用しているKindle端末によっては直らないことも考えられます。(わたしが利用している端末は「Kindle Paperwhite」で、約1年間利用しています。落としたり、激しくぶつけたりしていので、おそらく自然故障でした。)

下記の対処法を試しても直らない場合は、Amazonデジタルサービス&デバイスサポートに問い合わせをしたうえ、端末を返品・交換したほうがよろしいかもしれません。(※このページの「Amazonカスタマーサービスの問い合わせ先、Kindle端末の返品・交換方法」でもポイントをまとめています)

 

【前提】電池の減りが早い?!とりあえずバグったら「再起動」すべし

たいていの電子機器の同じように、Kindle端末の不具合も「再起動」で直る可能性が高いです。

電池の消耗が異常に早くなる問題も、「再起動」で解決できました。

 

ポイント

Amazon公式ヘルプ&カスタマーサービスも再起動をすすめています。

 

ので、

  • 電池の減りがいつもより早くなった
  • 画面がフリーズして動かなくなった
  • 動きが鈍くなった

などのパフォーマンスの低下は、とりあえず再起動してみてください。

再起動の方法

画面が消えるまで電源ボタンを長押し(長くて40秒)で再起動できます。

 

章(本)を読み終えるまでの時間がおかしい場合は「;ReadingTestResetと検索」すべし

画面の左下に表示できる「章(本)を読み終えるまで○○分」。この便利な機能を利用している人も多いと思いますが、、

たまに表示がおかしくなりませんか?

わたしの端末では、いくらページをめくろうと「章(本)を読み終えるまで○○分がずっと1分のまま」というバグがたまに起こります。

 

この不具合を直すには、まずはKindle端末を再起動。

それでもダメだったら(再起動だけでは直らないことがほとんど)、検索ボックスから「;ReadingTestReset」と検索してみてください。

 

step
1
画面上部をタップして検索画面を開く

Kindle 章(本)を読み終えるまで 不具合

 

step
2
「;ReadingTestReset」と入力して検索(最後は矢印ボタンをタップ)

Kindle 章(本)を読み終えるまで 不具合

 

step
3
『「;ReadingTestReset」に一致するアイテムは見つかりませんでした。』と表示されたら画面左上の戻るボタンをタップ

Kindle 章(本)を読み終えるまで 不具合

 

step
4
『読書の速さを測定中…』と表示され、数ページめくるとバグ修正

Kindle 章(本)を読み終えるまで 不具合

 

ちなみに、「;ReadingTestReset」と一度入力しておけば、次回以降は履歴からワンタッチで検索できます。(長いのでいちいち入力してられませんよね)

 

画面・ボタンが勝手に押されるゴーストタッチは「Wi-Fiネットワークを再設定」すべし

何も押していないのに勝手に動いてしまう、いわゆるゴーストタッチ。わたしの端末では、勝手に

  • ページがめくられたり
  • 文字サイズが変更される(おそらく画面上部の「ページの表示」が押される)

といった不具合が起きました。

 

このようなゴーストタッチを直すためには、まずはKindle端末を再起動。

それでもダメだったら(再起動だけでは直らなかったら)、「Wi-Fiネットワークの再設定をやってみてください。

 

設定⇒ワイヤレス⇒Wi-Fiネットワークから再設定ができます。

Kindle ゴーストタッチ不具合Kindle ゴーストタッチ不具合Kindle ゴーストタッチ不具合

 

ポイント

もし「Wi-Fiネットワークの再設定」をしてもゴーストタッチが改善されない場合は、「Kindle電子書籍リーダーのソフトウェアを手動でアップデート」を行ってみるのがよろしいかもしれません。

※Amazonカスタマーサービスからアドバイスを頂きましたが、わたしは「Wi-Fiネットワークの再設定」で直ったので、「ソフトウェア手動アップデート」を試していません。

 

スポンサーリンク

Amazonカスタマーサービスの問い合わせ先、Kindle端末の返品・交換方法

上で紹介した対処法を試してもKindle端末が直らない(そもそも違うバグの種類)なら、

  1. 直接カスタマーサービスに問い合わせる
  2. それでも改善できないなら返品・交換する

こともできます。

 

Amazonカスタマーサービスに問い合わせる

Amazon公式カスタマーサービスは電話、もしくはチャットに対応しています。電話でのサポートは、簡単なフォームを入力すると、Amazon.co.jpの方から電話をしてくれます。

Amazon公式カスタマーサービスはこちら

 

スマホアプリだどメニュー⇒カスタマーサービス⇒カスタマーサービスに連絡から、専用ページにアクセスできます。

Kindle カスタマーサービス問い合わせ先2 Kindle カスタマーサービス問い合わせ先2 Kindle カスタマーサービス問い合わせ先2

 

Kindle端末を返品・交換する

一般的なトラブルシューティングを試しても改善されない場合は、商品を返品あるいは無料で交換できる場合があります。

ポイント

Kindle端末を含むほとんどのAmazonデバイスは、1年間の保証がついてきます。

 

なお、返送方法は出品者や商品、あるいは返品・交換の理由によって異なります。

必ずカスタマーサービスに問い合わせるか、返品・交換の手続きをするから各自の状況を確認してください。

 

おすすめの確認方法は「カスタマーサービスに問い合わせ」です。

無料で交換できるのか、どのように返品すべきかを丁寧に教えてくれたり、1年間限定保障がすぎた場合は同じ商品の15%OFFクーポンをもらえたりします。

ただし、クーポンの配布は商品や状況に対応が異なるので、ご自身で確認ください。

Amazon公式カスタマーサービスはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-Amazonサービス

Copyright© 冬来いよ , 2020 All Rights Reserved.