NBA スポーツ

【無料お試しあり】NBA19-20年の視聴方法は「NBA Rakuten」のみ

2019年10月16日

この記事では、NBAの視聴方法について書いています。

結論からいうと、2019~20年シーズンを見るためには楽天が提供する「NBA Rakuten」と契約しなけばなりません。

かつては「NHK-BS」や「WOWOW(有料放送)」、去年は「NBA.comのLeague Pass」や「Rakuten NBA Special」がありましたが、19~20年は楽天が提供する「NBA Rakuten」の一択です。

楽天はNBAの独占放映/配信権を獲得したので、他の選択肢はありません。

 

以下にて「NBA Rakuten」の

  1. 見られるコンテンツ
  2. 4つのプラン内容(初月無料トライアルもあり!
  3. 注意点(対応デバイスと移行手続き)

を5分以下で読めるようにまとめています。

 

NBA Rakuten公式ウェブページはこちらをクリック

 

スポンサーリンク

【2019-20年】NBAを視聴するには「NBA Rakuten」の契約が必要

冒頭でも書いたとおり、2019-20年NBAシーズンをみる方法は楽天が提供する「NBA Rakuten」の一択です。

  • NHK-BS
  • WOWOW(有料放送)
  • NBA.comのLeague Pass
  • Rakuten NBA Special
  • NBA Rakuten

楽天がNBAの独占放送権を獲得し、「NBA League Pass」と「Rakuten NBA Special」が統合したため、かつてあった複数の視聴方法はなくなり「NBA Rakuten」のみとなりました。2019-20年NBAシーズンをみるためには「NBA Rakuten」の契約が必要です。

 

「独占ってどうなの… 他の選択肢もほしいな…」って感じもしますし、視聴者にとってやさしくないですね。

 

とはいえ、「NBA Rakuten」は「NBA.comのLeague Pass」の機能を引き継いでるうえ、

  • 楽天オリジナルのNBA番組(俺たちのNBA!! など)
  • Live配信中のリアルタイムチャット機能
  • 日本語でのニュース/ビデオオンデマンド(見逃し配信)
  • チーム/選手の詳細なスタッツ・分析機能

などの独自のコンテンツをプラスしているので、サービス内容としては問題ないと考えています。

 

また、「NBA Rakuten」の料金は「NBA.comのLeague Pass」よりも安く、初月無料トライアルや年額プラン半額などのキャンペーンも行っています。

参考

  • 「NBA Rakuten」の「League Pass」は年額19,800円
  • 「NBA.com」の「League Pass」は年額22,000円(18年)

 

以下にて、「NBA Rakuten」の4つのプラン内容(サービス・料金の比較)と2つの注意点をまとめています。

 

スポンサーリンク

「NBA Rakuten」の4つのプラン内容(サービス・料金の比較)

※「LEAGUE PASS(リーグ・パス)」年額プランの金額はキャンペーン価格(19年11月30日(土)23:59までに申し込んだ場合)になります。通常の価格は19,800円。

 

ここからは「NBA Rakuten」の4つのプラン、

  1. BASIC PASS(ベーシック・パス)
  2. TEAM PASS(チーム・パス)
  3. LEAGUE PASS(リーグ・パス)
  4. Single Game(シングル・ゲーム)

のポイントをまとめていきます。

 

「NBA Rakuten」の4つのプラン簡単まとめ表

BASIC PASS(ベーシック・パス)

  • 【視聴可能】
    • NBA Rakutenが選んだ試合のみを見れる(※逆にいうと、自分で試合を選べない)
  • 【料金】
    • 月額990 円 /  年額7,700 円(Web、Google Play 決済)
    • 月額1,000 円 /  年額7,700 円(App Store 決済)
    • 初月無料トライアルあり(※継続を希望されない方は、購入後1ヶ月以内に定額プラン(月額)を解約すれば課金なし)
  • 【その他コンテンツ】
    • 見逃し(VOD)
    • 番組(俺たちのNBA!! など)
    • セレクション(ハイライト集など)
    • NBA TV(ハイライト、現地イベント、過去映像のプレイバック、記者会見などが見れる24時間ライブ配信番組)
    • ドキュメンタリー
    • クラシック(過去の名試合、日本語解説あり)

 

TEAM PASS(チーム・パス)

  • 【視聴可能】
    • 自分で選択した1チームの全試合を見れる(※逆にいうと、他29チームの試合を選べない)
  • 【料金】
    • 月額1,430 円 /  年額15,400 円(Web、Google Play 決済)
    • 月額1,450 円 /  年額15,400 円(App Store 決済)
  • 【その他コンテンツ】
    • 見逃し(VOD)
    • 番組(俺たちのNBA!! など)
    • セレクション(ハイライト集など)
    • NBA TV(ハイライト、現地イベント、過去映像のプレイバック、記者会見などが見れる24時間ライブ配信番組)
    • ドキュメンタリー
    • クラシック(過去の名試合、日本語解説あり)

 

LEAGUE PASS(リーグ・パス)

  • 【視聴可能】
    • 全30チームの全試合、ドキュメンタリー、24時間放送のNBA TVなど、全ての動画が見れる
  • 【料金】
    • 月額2,640 円 /  年額19,800 円(Web、Google Play 決済)
    • 月額2,700 円 /  年額19,800 円(App Store 決済)
  • 【その他コンテンツ】
    • 見逃し(VOD)
    • 番組(俺たちのNBA!! など)
    • セレクション(ハイライト集など)
    • NBA TV(ハイライト、現地イベント、過去映像のプレイバック、記者会見などが見れる24時間ライブ配信番組)
    • ドキュメンタリー
    • クラシック(過去の名試合、日本語解説あり)

 

Single Game(シングル・ゲーム)

  • 【視聴可能】
    • 1試合ごとを個別に購入して見る(有効期間は購入から7日間)
  • 【料金】
    • 550円(WEB / Google Play 決済)
    • 600円(App Store 決済)
  • 【その他コンテンツ】
    • 見逃し(VOD)
    • 番組(俺たちのNBA!! など)
    • セレクション(ハイライト集など)
    • NBA TV(ハイライト、現地イベント、過去映像のプレイバック、記者会見などが見れる24時間ライブ配信番組)
    • ドキュメンタリー
    • クラシック(過去の名試合、日本語解説あり)

 

【おすすめ】どうせ契約するなら「LEAGUE PASS」

「NBA Rakuten」の4つのプラン

  1. BASIC PASS(ベーシック・パス)
  2. TEAM PASS(チーム・パス)
  3. LEAGUE PASS(リーグ・パス)
  4. Single Game(シングル・ゲーム)

のうち、どうせ契約するなら全30チームの全試合、その他コンテンツがすべて見放題の「LEAGUE PASS(リーグ・パス)」がおすすめです。

 

  • 「八村塁選手がいるワシントン・ウィザーズの試合しか興味ない!」
  • 「だからTEAM PASSかBASIC PASSでいいや!」

仮にこう思っている方でも、一度NBAを見だしたらを他の試合も絶対に興味がでてくるはずです。

 

19年10月31日までに申し込むと、「League Pass」年額プランが半額になるキャンペーンを実施中!(※終了しました)

19年11月30日までに申し込むと、「League Pass」年額プランが25%OFFになるキャンペーンを実施中!

 

【初月無料】の「BASIC PASS」でお試しもOK!

  • でも「LEAGUE PASS」はちょっと高いな…
  • とりあえず試してみたいな…

最初からもっとも高額な「LEAGUE PASS」に手を出せないあなたには、初月無料トライアル期間がある「BASIC PASS」で試してみることをオススメします。

ポイント

  • 継続を希望しない場合、購入後1ヶ月以内に定額プラン(月額)を解約すれば課金なし
  • 初月無料トライアル中に定額プランを解約された場合でも視聴期限が終了するまでコンテンツを視聴できる
  • <注意!>初月無料トライアル終了後、自動で有料継続となる

 

>>初月無料のNBA Rakutenを試してみる

 

その他コンテンツの例

番組(俺たちのNBA!! など)

 

セレクション(ハイライト集など)

 

ドキュメンタリー

 

クラシック(過去の名試合、日本語解説あり)

 

スポンサーリンク

【注意点】「NBA Rakuten」の対応デバイスとサービス移行手続き(加入手続きの有無)

「NBA Rakuten」を視聴するうえでの主な注意点は2つだと感じています。

  • 視聴できるデバイス(※特にテレビ画面でみる場合)
  • 昨18~19年シーズンから引き続きNBAを視聴する場合の移行手続き

 

「NBA Rakuten」が視聴できる(できない)デバイス

対応デバイス

 

スマホでみる場合はブラウザもしくは専用アプリで視聴ができます。

 

非対応デバイス

  • ブラビア (ソニー) 2013年、2014年モデル
  • ビエラ (パナソニック) 2014年モデル
  • Android TV 2015年以降モデル
  • Apple TV

※非対応デバイスについて

 

Android TVやApple TVが対応のため、「NBA Rakuten」をテレビ画面でみたい場合は、

テレビ画面でみる場合

セットトップボックスが必要となります。

created by Rinker
Amazon
¥6,980 (2019/11/20 02:21:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Amazon
¥4,980 (2019/11/20 11:49:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

「Rakuten NBA Special」と「NBA League Pass」から⇒「NBA Rakuten」への移行手続き

※2018~19年シーズンから引き続きNBAを視聴する方限定※

昨シーズンに契約していたサービス内容によっては、改めて「NBA Rakuten」の加入手続きをしなければならない場合もあります。

 

  • 「Rakuten NBA Special」契約中の方は 「BASIC PASS(ベーシック・プラン)」へ自動移行されます。(お支払い方法は現在のまま引き継がれます)
  • 「Rakuten NBA Special by 楽天モバイル」契約中の方は 、新たに「NBA Rakuten」の加入手続きをする必要があります。「Rakuten NBA Special by 楽天モバイル」は2019年9月30日をもってサービス終了となります。(自動解約されます)
  • 「NBA League Pass」契約中の方は 、新たに「NBA Rakuten」の加入手続きをする必要があります。

Q. 現在NBA.comからLeague Passを契約していますが、楽天が提供する新 NBA League Pass(仮称) は別途、契約が必要でしょうか?
A. はい、NBA.com から加入されたお客様は、自動更新されませんので、新たに楽天のプラットフォームからのご加入が必要になります。
自動キャンセルを待たずに即時キャンセルをご希望の場合は、こちらよりキャンセル手続きを行ってください。

※NBA.com のサイト上ではなく、Apple や Google が提供するアプリストア内で加入されたお客様は、上記とは異なりキャンセルされません。お客様ご自身で各アプリストアから購入キャンセルが必要となります。

Rakuten TV公式ウェブページより引用

 

スポンサーリンク

まとめ

2019-20年NBAシーズンをみるためには「NBA Rakuten」の契約が必要。(選択肢は一つのみ)

  • NHK-BS
  • WOWOW(有料放送)
  • NBA.comのLeague Pass
  • Rakuten NBA Special
  • NBA Rakuten

 

 

「NBA Rakuten」の4つのプラン内容が用意されている。

  1. BASIC PASS(ベーシック・パス)
  2. TEAM PASS(チーム・パス)
  3. LEAGUE PASS(リーグ・パス)
  4. Single Game(シングル・ゲーム)

おすすめはのプランは全30チームの全試合、その他コンテンツがすべて見放題の「LEAGUE PASS」。

もっとも高額な「LEAGUE PASS」に申し込むまえに、初月無料トライアルがある「BASIC PASS」でお試しも可。

 

 

テレビ画面で「NBA Rakuten」をみる場合は、

のセットトップボックスが必要となる。

created by Rinker
Amazon
¥6,980 (2019/11/20 02:21:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Amazon
¥4,980 (2019/11/20 11:49:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥31,500 (2019/11/20 11:53:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

18~19年シーズンから引き続きNBAを視聴したい方は、新たに加入手続きをしなければならない場合もある。

  • 「Rakuten NBA Special」契約中の方は 「BASIC PASS(ベーシック・プラン)」へ自動移行されます。(お支払い方法は現在のまま引き継がれます)
  • 「Rakuten NBA Special by 楽天モバイル」契約中の方は 、新たに「NBA Rakuten」の加入手続きをする必要があります。「Rakuten NBA Special by 楽天モバイル」は2019年9月30日をもってサービス終了となります。(自動解約されます)
  • 「NBA League Pass」契約中の方は 、新たに「NBA Rakuten」の加入手続きをする必要があります。

NBA Rakuten公式ウェブページはこちらをクリック

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-NBA, スポーツ

Copyright© 冬来いよ , 2019 All Rights Reserved.