ゲーム・オブ・スローンズ

「ゲーム・オブ・スローンズ」の七王国ってどこ?本当は9じゃね? 問題を解決します

奥が深くて難しい「ゲーム・オブ・スローンズ」。

次から次へと疑問がわいてきますが、なかでもこのような“壁”にぶち当たったことはありませんか?

  • 七王国ってどこ?
  • 「7」王国と言いつつ、あれ、本当は「9」王国じゃね?

 

この問題を解決するには、

  • ターガリエン家による七王国の「解体」と「統一」
  • 7-1+3=9の領域

を理解する必要があります。

 

ということで、この記事では「七王国の征服と統治」の歴史について簡単に説明していきます。

 

スポンサーリンク

GOTの約300年前、ウェスタロスは7つの独立した王国に分かれていた

「ゲーム・オブ・スローンズ」の約300年前。ウェスタロス大陸は、7つの王国の分かれていました。

  1. 北の王国(Kingdom of the North)
  2. 山と谷間の王国(Kingdom of the Mountain and the Vale)
  3. 島と川の王国(Kingdom of the Isles and Rivers)
  4. 岩の王国(Kingdom of the Rock)
  5. リーチ王国(Kingdom of the Reach)
  6. 嵐の王国(Kingdom of the Stormlands)
  7. ドーン公国(Principality of Dorne)
ゲーム・オブ・スローンズ 七王国

出典:quora.com

 

これが「七王国」と呼ばれる由縁です。

そしてこの7つの王国は、すべて独立した国家で、それぞれ王がいました。(※マーテル家は自らの統治者を「王」ではなく「プリンス」と呼んでいたが、同じです)

  1. 北の王国 ⇒ トーレン・スターク(Torrhen Stark)
  2. 山と谷間の王国 ⇒ ロネル・アリン(Ronnel Arryn)
  3. 島と川の王国 ⇒ ハレン・ホアレ(Harren Hoare)
  4. 岩の王国 ⇒ ロレン・ラニスター(Loren I Lannister)
  5. リーチ王国 ⇒ マーン・ガードナー(Mern IX Gardener)
  6. 嵐の王国 ⇒ アージラック・ダランドン(Argilac Durrandon)
  7. ドーン公国 ⇒ メリア・マーテル(Meria Martell)

王国を統治していた名家に注目してください。

 

GOT時代になると

  • 島と川の王国 ⇒ ホアレ家
  • リーチ王国 ⇒ ガードナー家
  • 嵐の王国 ⇒ ダランドン家

の名家は出てきませんし、

 

GOTの時代には領土を所有している

  • リヴァーランド ⇒ タリー家
  • アイアン・アイランド(鉄諸島) ⇒ グレイジョイ家
  • リーチ(河野平野) ⇒ タイレル家
  • ストームランド(&王室領) ⇒ バラシオン家

は「王」ではありませんでした。

GOTの約300年前、この4つの名家には忠誠を誓う、別の王がいましたが、

ターガリエン家によって殺されてしまいます。

これが「征服戦争」と呼ばれるもので、ターガリエン王朝の始まりです。

 

  • 島と川の王国 ⇒ ホアレ家
  • リーチ王国 ⇒ ガードナー家
  • 嵐の王国 ⇒ ダランドン家

を滅亡させたのは、“征服王”ことエイゴン・ターガリエン1世、妹でもあり妻でもあるレイニス、姉でもあり妻でもあるヴィセーニア。

エッソス大陸のヴァリリアからやってきたターガリエン家は、ドラゴンを使って七王国を解体、やがて統一します。

 

これが、エイゴン征服王による「七王国の征服と統治」のざっくりとした流れ。

 

 

補足①

ウェスタロス=七王国ではありません。(ウェスタロス大陸には、七王国ではない“壁”の向こう側が含まれるので)

 

補足②

「エイゴン・ターガリエン1世、2人の姉妹のレイニスとヴィセーニアが七王国を征服した」は厳密に言うと、不正解です。

なぜなら、ドーンは征服されなかったからです。

異国からやってきたターガリエンに対抗すべく、七王国の名家たちは軍を集めましたが、ドラゴン相手になす術なし。手も足もでず、ボコされてしまいます。

次々とターガリエン家にひざまずく(降参する)なか、ドーン(マーテル家)だけは戦に負けませんでした。

ドーンは最後まで対抗し、ついにエイゴン征服王の妹レイニスとドラゴンの“メラクセス”を槍で殺しました。それをみたエイゴンはドーンからの退却を決意し、六王国の統治に集中することにします。

ドーンが七王国の一部となるのは、それから約200年後。ドーン(マーテル家)は最終的にターガリエン家との政略結婚により、七王国に併合されます。

だから「エイゴン・ターガリエン1世、2人の姉妹のレイニスとヴィセーニアが七王国を征服した」は厳密にいうと、「王国を征服した」が正しいですね。

 

スポンサーリンク

七王国は「解体」と「統一」により「封建制」となる

ここからは、

  • 解体
  • 統一
  • 封建制

のキーワードに注目しながら読んでいただけると、スムーズに理解できるかと思います。

 

封建制とは

  • トップに王がいて
  • その下には領土を所有する領主たちが王を支える

支配形態・社会制度。

 

七王国の解体で7-1+3=「9の領域」

エイゴン・ターガリエン1世、2人の姉妹のレイニスとヴィセーニアは七王国を解体して、九つの領域に分けます。

  • 北の王国(北部)
  • 山と谷間の王国(アリンの谷間)
  • 島と川の王国が解体されて3つに分かれる
    1. 島(アイアン・アイランドもしくは鉄諸島)
    2. 川(リヴァーランド)
    3. 王室領(クラウンランド
  • 岩の王国(西部)
  • リーチ王国(リーチ)
  • 嵐の王国(ストームランド)
  • ドーン公国(ドーン)

 

「七王国」の時代=ターガリエン王朝前

ゲーム・オブ・スローンズ 七王国

出典:quora.com

 

 

征服戦争後=ターガリエン王朝後

ゲーム・オブ・スローンズ 七王国 地図

出典:flickr.com

 

エイゴンが招いた征服戦争により、もともと「七王国」に独立していた国々はの一つにまとまります。

そして「島と川の王国」は解体されて3つの領域に分かれます。

 

つまり、7-1+3=9の領域

 

 

これを理解できると、

  • 七王国ってどこ?
  • 「7」王国と言いつつ、あれ、本当は「9」王国領域じゃね?

問題が解決できるかと思います。

 

七王国の統一で「1つの王国」に「9の領域」

さらに、ターガリエン家は解体だけではなく統一もしました。

「9の王国」は「1つの王国」に統一され、「9の領域」に分かれます。

それぞれの領域には、王ではなく、領主がたてられます。

  1. 北部 ⇒ スターク家
  2. アリンの谷間 ⇒ アリン家
  3. アイアン・アイランド(鉄諸島) ⇒ グレイジョイ家
  4. リヴァーランド ⇒ タリー家
  5. 王室領 ⇒ ターガリエン家
  6. 西部 ⇒ ラニスター家
  7. リーチ ⇒ タイレル家
  8. ストームランド ⇒ バラシオン家
  9. ドーン ⇒ マーテル家

 

このような封建制になったのは、GOTの約300年前の話。

「ターガリエン王朝と9つの領土」は約3世紀も続きました。

 

ところが、GOTの約16年前に「ロバートの反乱」が起き、300年に続いたターガリエン王朝がついに滅びます。

王室領はバラシオン家のものになり、生き残ったターガリエン家(ヴィセーリスとデナーリス)はエッソス大陸に亡命します。

 

つまり、

  1. 北部 ⇒ スターク家
  2. アリンの谷間 ⇒ アリン家
  3. アイアン・アイランド(鉄諸島) ⇒ グレイジョイ家
  4. リヴァーランド ⇒ タリー家
  5. 王室領 ⇒ ターガリエン家 バラシオン家
  6. 西部 ⇒ ラニスター家
  7. リーチ ⇒ タイレル家
  8. ストームランド ⇒ バラシオン家
  9. ドーン ⇒ マーテル家

 

  • バラシオン家が王位についた、つまり“鉄の玉座”を勝ち取った
  • かつて王位についていたターガリエン家が七王国から追い出された

ここから「ゲーム・オブ・スローンズ」が始まります。

 

スポンサーリンク

最後に

以上、

  • 七王国ってどこ?
  • 「7」王国と言いつつ、あれ、本当は「9」王国領域じゃね?

の説明でした。

 

分かりにくかったら、

海外ドラマブログさんの「ゲーム・オブ・スローンズ 地図 | 七王国 ウィンターフェル キングズランディングはどこにある?」も覗いてください。

こっちは日本語の地図ありで、私のつたない説明よりも断然わかりやすいかと...

 

また、各地域の境界線はないですが、

HBO公式ウェブページで公開されている「Game of Thrones Viewer's Guide - Map」も参考になります。

 

 

当ブログでは、全シーズン全エピソードの解説/感想を書いております。ぜひ~

>>「ゲーム・オブ・スローンズ」各エピソードのまとめページへ行く

まとめページ
【解説】「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてがわかるガイドブック

世界的に社会現象となっている解説「ゲーム・オブ・スローンズ」を日本でも流行らせたい! そんな思いで、「ゲーム・オブ・スローンズ」のすべてのエピソードを解説することにしました。   当ブログで ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-ゲーム・オブ・スローンズ

Copyright© 冬来いよ , 2019 All Rights Reserved.