映画レビュー 映画解説

なぜ『ダークナイト』のジョーカーが史上最高の悪役なのか

2018年7月25日

joker wall paper2

今、この記事を書いてる2018年は『ダークナイト』公開10周年にあたる。

 

もうあれから10年も経ったのか。

 

ということは、ヒース・レジャーの死から10年か...

 

ジョーカーを演じたヒース・レジャーは『ダークナイト』公開を待たずして、28歳という若さでこの世を去ってしまいました。ご冥福をお祈りいたします。

 

以下、ヒース・レジャーの「ジョーカー」について語っていきます。

具体的には、なぜヒース・レジャーが演じた『ダークナイト』のジョーカーが映画における史上最高の悪役かについて見解を述べていきます。

 

ネタバレありです。

『ダークナイト』をまだ見てない方は

などの配信サービスで視聴できます。

 

 

スポンサーリンク

「ジョーカー」を演じたヒース・レジャーはただのイケメンじゃない

ヒース・レジャーは1999年公開の『恋のからさわぎ』でハリウッド・デビューしたアイドル顔の俳優。

見ての通り、「イケメン枠」のルックスだ。

heathe ledger

 

そんなヒース・レジャーは、外見だけが取り柄じゃないことを証明する。

2005年公開『ブロークバック・マウンテン』では、わずか26歳、史上9番目の若さでアカデミー主演男優賞にノミネートされた。

created by Rinker
¥1,010 (2019/11/12 08:41:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

演技力は絶賛された。

ブレイク待ったなし。

ハリウッドスター入り。

 

「次回作はなんだ?!」

「早く次の映画を見たい!」

そんな声があがっているなか、『ダークナイト』のジョーカー役が決まった。

 

 

そしてそれを知った“バットマン・フリーク達”は怒った。怒りまくった。

ヒース・レジャーは恋愛映画専門。

「アイドル顔」にジョーカーをやらせるな。

あんなヤツに、バットマン・シリーズにおける最も重要な悪役をやる資格なんてない!

 

その発言、今となっては皆撤回しているんだろうな。

だって、「アイドル顔」がこれになっちゃうのだから。

 

スポンサーリンク

『ダークナイト』ジョーカーのココがスゴイ!

それでは、『ダークナイト』のジョーカー、すなわちヒース・レジャー版ジョーカーが、なぜ映画史上最高の悪役なのかを具体的に語っていきます。

4つのポイント、

  1. 他の悪役と全然違う
  2. 目的が普通じゃない
  3. ヒーローは絶対に勝てない
  4. ヒース・レジャーの度を越えた演技

の順番で説明します。

 

他の悪役と全然違う

あなたが思い描く、ヒーロー映画の悪役はどんなスキルを持っていますか?

  • 超人的なパンチ力でヒーローを10メートルぐらい吹っ飛ばす
  • ヒーローを片手で持ちあげて投げつける

などなど、リアルからほど遠い能力をイメージされたはず。

 

なぜなら、驚異的なパワーが悪役(ヴィラン)の最高の武器だから。

 

悪役は「金」や「権力」や「地位」をもとめて、目的を邪魔してくるヒーローと"力勝負"をする。

そしてヒーローと同等、あるいはヒーロー以上に力が強いからこそ脅威と感じるのだ。

 

でもジョーカーの“パワー”は全然強くない。

 

バットマンが本気になれば、ジョーカーなんて瞬殺できるでしょう。実際ボコボコにされてるし。

 

じゃーなんでジョーカーはそんなに怖いの?

 

それは、目的が普通じゃないから。

 

目的が普通じゃない

取調室での、ジョーカーとバットマンのやり取り。(字幕の設定方法はこちら

バットマン「じゃーなぜ俺を殺さない?」

ジョーカー「お前を殺したくない」「お前がいないと俺は完成しない」

 

普通のヴィランであれば、自分の目的を邪魔してくるヒーローを倒そうとする。

 

だが、『ダークナイト』のジョーカーは違う。

ジョーカーはバットマンを殺す気なんてサラサラない。

 

だからバットマンはジョーカーが何をしたいのか全く掴めていないし、勘違いもしている。

 

 

じゃージョーカーの目的は? 

 

 

「金」が欲しいのか?

いや、「金」が欲しいわけではない。

ギャングに向かって、「お前らは金の亡者だ」と言い放ち札束を燃やしてしまう。

 

「パワー」が欲しいのか?

いや、それも別に興味はない。

ジョーカーはバットマンとパワー勝負で勝つ気なんてない。

肉体改造もしないし、新しい武器を手に入れるわけではない。

 

 

ジョーカーの真の目的は、秩序をぶっ壊すこと。

 

 

ジョーカーは自分のことを「混乱の使者」と呼ぶように、世界に混乱をもたらすことが目的。それこそ最高のゲームで、生き様なのだ。

 

ギャングに立ち向かい、市民から尊敬されている地方検事のハービー・デント。

ハービーみたいな“善”と思われている人間でも、“悪”という二つの顔があることを暴きたい。

そしてハービーは文字通り“善”と“悪”の二つの顔を持つトゥー・フェイスとなってしまう。

 

バットマンは正義の味方ではなく、悪党と同レベルの人殺しであることを暴きたい。

いざ究極の選択が与えられると、市民ではなく自分が愛する女性を優先して助けるような、正義ではなく自分の欲望に忠実な人間であることを暴きたい。

そしてバットマンは市民のヒーロー、ハービー・デントを(ある意味)見殺しにして、愛するレイチェルを救おうとする。

 

人間は窮地に立たされると、本性が出る。

結局、人間は欲望の塊。

利益と損失を天秤にかけ、いざとなったら仲間を裏切る。

自分と自分の愛する人が助かれば、他人はどうなってもいい。

 

いい子ぶる一般市民やヒーローの本当の姿を暴くことがジョーカーの真の目的なのだ。

バットマンは正義の味方ではなく、悪党と同じく所詮はただの人殺し。

 

ヒーローは絶対に勝てない

ジョーカーとバットマンは異なる正義を持っている。

 

バットマンの正義

社会秩序を乱す悪党が悪い。

悪党を捕まえるためだったら、何してもいい。

警察が逮捕できない悪党を殺さずにやっつけ、刑務所に入れる。

人間は更生できるから、殺さない。

 

正義の味方であるバットマンは、ルールモラルを自分のなかで勝手に作っている。

 

バットマンは悪いヤツをやっつけることができても、人を殺すことはできない。平和をもたらすヒーローなのだから。

「ルール」、「モラル」、「秩序」、「選択」はこの映画における重要なキーワード

 

一方で、悪役のジョーカーは何を考えているのか。

 

ジョーカーの正義

大きな力に支配され、自分自身で判断することができない今の世の中こそが狂っている。

「誰かにコントロールされるのではなく、自分のやりたいことをやろうよ。」

「人間はもっと意思があるだろ。」

 

ジョーカーはジョーカーなりの正義があり、世界を変えようとしている。

 

自分の正義は正しいと考えるから、ジョーカーはバットマンから逃げない。

それどころか、バットマンに殺されることを願っている。

 

バットマンに殺されることこそ、最高のに死にかただと思ってる。

 

バットマン vs ジョーカーの一騎討ち。

ジョーカーを殺せる絶好の機会だが、正義感という名の自分のなかで勝手に作ったルールのせいで、バットマンはチキンレースに負けてしまう。

 

ここでは、ジョーカーはバットマンに殺されることを本当に願っていることがわかる。

持っている銃はバットマンに向けているのではなく、自分とバットマンの間を走っている車に発砲し、バットマンが突っ込んでこれるようにわざわざ道を開けている。

 

ポイント

人を殺せないバットマン

vs

バットマンに殺されたいジョーカー

 

 

人間(ジョーカー)を殺せないバットマンに勝ちはない。

ジョーカーを捕まえて刑務所にぶち込んでも、ネクスト・ジョーカーが現れて世の中は何も変わらない。

バットマンの負けは、戦う前から決まっている。

 

 

スーパーヒーローの強みは、驚異的な肉体や最先端のテクノロジー。

今までのヒーローは自分の強みを活かし、ヴィランをやっつけ、ハッピーエンドを迎える。

 

しかし、『ダークナイト』におけるジョーカーには、スーパーヒーローの強みは完全に無効

なぜなら、ジョーカーはヒーローに殺されることを願っているのだから。

 

 

悪役を殺せない、スーパーヒーロー。

 

スーパーヒーローに殺されたい、悪役。

 

バットマンは絶対に勝てない。

 

ヒース・レジャーの度を越えた演技

『ダークナイト』のジョーカーは史上最高の悪役と言っても過言ではない。

それは、ジョーカーのキャラクター性もあるけど、ヒース・レジャーの演技力が半端じゃないから。

笑い方、目つき、猫背の立ち方、口が乾いたくちゃくちゃ話す姿、もう全部半端ない

joker face

出典:uproxx.com

 

冒頭でも書いたが、ヒース・レジャーは『ダークナイト』の公開を待たずして、28歳という若さでこの世を去ってしまった。

死因は、睡眠薬の過剰摂取とされているが、ジョーカー役に入り込み過ぎたことも原因の一つと言われている。

 

ヒース・レジャーはジョーカーの役作りを専念できるよう6週間ロンドンのホテルに閉じこもった。

「サイコパスは話し相手がいない」と知り、外部との連絡を途絶え、ひたすら演技の練習にはげんだ。

精神異常者のマインドを理解するために専門書を読みあさった。

 

「ジョーカーならこうするだろう」と考え、監督クリストファー・ノーランに自ら演出を提案。

例えば、「ジョーカーは自分でメイクをしているはず」と考えたヒースは、実際に自分の手でメイクをしている。

下の写真でもわかるように、手にメイクの跡が残ってる。

joker makeup

出典:dorkly.com

joker makeup

出典:in.ign.com

 

 

ちなみに、ティム・バートン版『バットマン』でジョーカーを演じたジャック・ニコルソンはこちら。同じキャラクターでも、全然違うジョーカーでしょ。

 

 

死後、「ジョーカーの笑い方、話し方」を録音したレコーダーや、ホテルに引きこもった時につけた日記が出てきた。

出てきたのは、ヒース・レジャーの日記ではない。

サイコパスになり切ったヒース・レジャーの日記だ。

 

それほど役作りを徹底し、肉体的にも精神的にも疲れ切ったヒースは不眠症に陥ってしまった。

睡眠薬を摂取しないと寝れない体になり、薬の併用摂取がもたらす薬物中毒による事故死でこの世を去った。

 

 

ヒース・レジャーは映画を成功させるために命を懸けていたのです。

 

 

ヒース・レジャーが演じたジョーカーは、この世のどこかにいる、本当にいそうな狂ったサイコパスだと思えてくる。それほど人間味があふれている。

ヒーロー映画では唯一無二の本当にいそうな悪役。

明日のニュースで報道されてもおかしくない、リアルな悪役。

 

スポンサーリンク

映画『ダークナイト』は傑作だ!

アメリカのアメコミ・ファンにとって「バットマン」は特別な存在。

 

ここ最近の映画では、ワーナーが映像化権を持っているDCコミックス(バットマン、スーパーマンなど)はディズニーのマーベル(アイアンマン、スパイダーマン、キャプテン・アメリカなど)に完全敗北となっている状況だが、未だにバットマンは「アメリカ人が選ぶ好きなヒーローランキング」の人気投票で1位を獲得している。

それは、ティム・バートン版『バットマン』が素晴らしかったということもあるが、『ダークナイト』の伝説的な「ヒース・レジャー版ジョーカー」が今でも脳裏に焼き付いているからではないか。

 

ぼくは、ヒーロー映画が特段好きというわけではない。

もっと言うと、ダークナイト・トリロジー(3部作)の1作目『バットマン・ビギンズ』と3作目『ダークナイト・ライジング』は全く好きになれなかった。

 

ただ、『ダークナイト』は傑作だ。

 

ジョーカーのキャラクター性とヒース・レジャーの演技は「スーパーヒーロー映画」の常識をぶち壊し、映画史に残る作品となった。

 

と、ここまで大真面目に書いてしまったけど、

why so serious

 

 

『ダークナイト』をまだ見てない方は

などの配信サービスで視聴できます。

U-NEXTの特徴

  • 月額料金は税抜き1,990円
  • 無料期間31日間
  • 150,000本の映画、海外ドラマ、アニメを配信(見放題作品は約130,000本、レンタルは約20,000本)
  • 動画は専用アプリでダウンロード可能

U-NEXT の「31 日間無料トライアル登録」の特典として、下記を付与しております。

  • ビデオ見放題サービス 1,990 円を 31 日間無料
  • 600 円分の U-NEXT ポイントをプレゼント

上記特典を利用することで、見放題作品 130,000 本を 31 日間無料でご視聴が可能です。

「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXT ポイントを使って視聴できる作品となり、1 ポイント 1 円(税込)相当として利用可能です。無料トライアル期間中もポイントの不足分は有料となりますので、ご注意ください。

 

登録は1~2分で終わります。

また、無料トライアル中(31日間以内)に解約すれば、月額料金は一切発生しません。

本ページの情報は2019年11月7日時点のものです。最新の配信状況は各ウェブサイトにてご確認ください。

 

created by Rinker
ワーナーホームビデオ
¥3,546 (2019/11/12 21:36:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-映画レビュー, 映画解説

Copyright© 冬来いよ , 2019 All Rights Reserved.