NBA

【動画】19年NBAドラ1位候補ザイオン・ウィリアムソンの身体能力がヤバイ!

投稿日:2019年1月25日 更新日:

スポンサーリンク

ダンク

NBA2018‐19年シーズンも後半戦に突入しましたね。

本格的にタンキングをするチーム積極的にプレーオフを狙うチームに分かれてきました。

タンキングとは?

ウェイバー方式を採用しているNBAドラフトは、前シーズンに成績の悪かったチーム順に、高指名権を獲得しやすい。(あくまでも確率が高くなるだけ。)また、1巡目1位~3位指名権までは前シーズンにプレーオフに進出できなかった14チームによる抽選で指名順位が確定される。そのため、プレーオフ進出の見込みが薄いチームは「わざと試合に負けて成績を落とす = 翌ドラフトの指名順位をあげる」傾向に走る。このわざと試合に負けることをタンキングというのだ。もちろん、わざと負ける行為は許されていない。しかし、「わざと」の見極めが難しい。

 

この記事では、2019年NBAドラフトで1位指名をうけるだろうザイオン・ウィリアムソンの

  • スーパー・プレー集
  • 驚きの身体能力

についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

2019年ドラフト1位指名は間違いなくザイオン・ウィリアムソンでしょうね

現時点(2019年1月)の2019年NBAドラフト予想でザイオン・ウィリアムソンは1~3位をウロチョロしているが、彼は間違いなく1位で指名される。

NBAドラフト予想は下記サイトが参考になる。(※ただし、4月8日(月)の決勝戦までかなり変動する)

nbadraft.netの mock draft

 

 

だって、化け物だもん。文字通り、人間離れっていう言葉が似合う。

 

動画開始27秒あたりに登場するのがザイオン・ウィリアムソン

 

垂直飛びを計っているのは、デューク大学入学当時。つまり、大学生になったばかりのとき。

 

ザイオン・ウィリアムソンはリアル化け物。

彼はNBAの歴史のなかでも史上最高クラスの身体能力の持ち主。

 

スポンサーリンク

動けるデブ筋肉!人間離れしたザイオン・ウィリアムソンの肉体と身体能力!

現在大学一年生のザイオン・ウィリアムソンの身長は6 feet 7 inches(約201cm)。

そして体重はなんと285 pounds(約129kg)!!

 

大学一年生ながら、ザイオン・ウィリアムソンはレブロンより身長が低いのに、体重はレブロンよりも重い。しかも15kgオーバー。あの重戦車レブロンよりもだよ?!

レブロン・ジェームズの身長は6 feet 8 inches(約203cm)、体重は250 pounds(約113kg)。

 

昔から「動けるデブ」っていう人間のジャンルが存在してるよね。学校に一人ぐらいいたよね。

NBAでも過去にチャールズ・バークレーみたいに「動けるデブ」っていう人種がいたけど、ザイオン・ウィリアムソンは「動ける筋肉」だ。

身長はSGかSFぐらいしかないのに、今ザイオンがNBAに入ったら全体で2番目に体重が重い選手になるらしいですね。(ちなみに一番体重が重い選手はロサンゼルス・クリッパーズのボバン・マリヤノヴィッチで290 pounds = 約132kg)

関連記事
ボバン・マリヤノヴィッチがNBAを破壊しようとしている件について

  この記事で紹介している人は地球人です。   Boban Marjanovic had 18 points and eight rebounds in 18 minutes to ...

続きを見る

 

体重129kgでも「動ける筋肉」ならかる~くフリースローラインからダンクしちゃうもんね。

 

スポンサーリンク

ザイオン・ウィリアムソンのスーパー・プレー集

高校生のときのスーパー・プレー集。(※高校生ですよ!!)

 

デューク大学1年時のトップテン・ハイライト集。いうて、最後の全国大会まで3ヵ月残ってるから動画にのっていないスーパーダンクは増えるでしょう。(この動画は2019年1月に公開されたもの)

 

いろんなプレー集。パスセンスも抜群だし、ハンドリングもめちゃくちゃうまいね。

 

スポンサーリンク

改めて思うけど、ザイオン・ウィリアムソンは1位指名を受ける

アーリーエントリー(大学卒業を待たずにNBA入り)するであろうザイオン・ウィリアムソンは間違いなくドラフト1位指名を受ける。

シュートも上手くないし、身長も中途半端じゃない? てかポジションなに? と言われたり言われなかったりしてるけど、彼ほど化け物級の身体能力の持ち主は未だかつていない。

元NBA選手で現在ESPNの大学バスケットボールのアナリストのジェイ・ウィリアムスは、アンソニー・デイビス以来最高の選手と解説している。(あれ、マーケル・フルツは…

 

シュート下手じゃん? とか言われがちだけど、ぶっちゃけシュート力はNBA入ってから身につけれる。ここ最近でいうと、サクラメント・キングズのディアロン・フォックスはルーキー⇒2年目にシュート力はかなり改善された。シュート専門のコーチもつけるだろうし、なんとかなる。(と思う)

 

ザイオン・ウィリアムソンは売上にもすぐ貢献するだろうな。彼のダンクをみるためにチケットは飛ぶように売れるな。てかシューズブランドはどこと契約するんだろう?

関連記事
プーマにニューバランス!バッシュ市場への参入を狙うシューズブランド特集

2018-19年NBAシーズンから撤廃となった「バッシュの色規制」。これによって派出なデザイン、左右非対称の色のシューズを履いてる選手が増えました。  NBAウォッチャーなら、ますます足元に注目してし ...

続きを見る

関連記事
【バッシュ】NBA選手が次々と契約する中国4大ブランドとは?!

    2018-19年NBAプレシーズン開幕! 新シーズンの幕開けだ!   初戦はボストン・セルティックス対シャーロット・ホーネッツ。   昨シーズン開幕戦で ...

続きを見る

 

2019年NBAドラフトは6月20日(木)に行われます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-NBA

Copyright© けんてぃーな , 2019 All Rights Reserved.