NBA

ステフィン・カリーがいないゴールデンステイト・ウォリアーズは「普通のチーム」

投稿日:

 

ゴールデンステイト・ウォリアーズ。

4連敗。

 

この2つの言葉が結び付くなんて、久しぶりだ。それもそのはず、スティーブ・カーHCが指揮をとってから初の出来事。ウォリアーズが4連敗をしたのは、なんと2013年2月下旬以来!

 

4連敗の原因はいろいろ考えられる。

  • ケビン・デュラントとドレイモンド・グリーンの衝突
  • ドレイモンド・グリーンのケガ(右足親指の捻挫)
  • ぷちブレイク中だったアロンゾ・マッキニーもケガ(左足の捻挫)
  • クレイ・トンプソンのスリーポイントの調子が悪い(今季スリーの確率32.4%はキャリアワースト)

そしてもちろん、ステフィン・カリーのケガ(左ひざ)による離脱だ。

 

「史上最強クラス」と言われているゴールデンステイト・ウォリアーズ。

しかし、ステフィン・カリーを抜くと「普通のチームになってしまうことを数字をもって説明しよう。

 

 

スポンサーリンク

2018‐19年シーズン「ステフィン・カリー抜き」のゴールデンステイト・ウォリアーズの成績

今季18‐19年シーズン、19試合経過時点のゴールデンステイト・ウォリアーズのチーム成績です。(11月23日現在)

  ステフィン・カリー出場 ステフィン・カリー欠場
勝敗 10勝2敗 2勝5敗
1試合平均得点数 122.4 103.4
1試合平均得失点差 10.6 -6.6
1試合平均スリーポイント成功数 13.0 8.0

 

ステフィン・カリーひとりが欠場すると、1試合平均得点数は122.4 ⇒ 103.4にガタ落ち。

攻撃型の戦法となっている今季のNBAで103.4点がどのくらい悪いか?

なんと、30チーム29位のクリーブランド・キャバリアーズの同じだ。キャバリアーズは勝敗順位で今季ビリのチーム。

スポンサーリンク

ケビン・デュラントではなくステフィン・カリーが間違いなくエース!

「ステフィン・カリーとケビン・デュラント、どっちがエースなの?」問題をここで解決させたいと思う。ケビン・デュラントがウォリアーズに移籍した2016‐17年シーズン以降のチーム成績を数字でみてみると…

 

  • カリー&デュラントが両方出場: 119勝28敗(勝率.810)
  • カリーのみ出場(デュラント欠場): 24勝3敗(勝率.889
  • デュラントのみ出場(カリー欠場): 25勝15敗(勝率.625)

 

さらに、補足すると

  • カリーのみ出場(デュラント欠場)は現在21連勝中
  • カリーのみ出場(デュラント欠場)の勝率.889をレギュラーシーズンの82試合に換算すると73勝9敗ペース
  • デュラントのみ出場(カリー欠場)の勝率.625をレギュラーシーズンの82試合に換算すると51勝31敗ペース

 

なんと、カリーのみ出場(デュラント欠場)した場合はあの伝説の73勝9敗を記録したシーズンと同じ勝率なのだ!!

 

一方で、デュラントのみ出場(カリー欠場)は51勝31敗。プレーオフシード権上位の「そこそこ強い」って感じ。

 

スポンサーリンク

ステフィン・カリーが欠場するゴールデンステイト・ウォリアーズは負け越している

スティーブ・カーHCが指揮をとって以来(14年~)のゴールデンステイト・ウォリアーズの成績は254勝48敗。

ステフィン・カリーが欠場した試合の勝敗は、22勝23敗

なんと、負け越しているのだ…

 

ゴールデンステイト・ウォリアーズは間違いなくNBAの歴史上トップのチーム。(96年ブルズといい勝負)

しかし、ステフィン・カリーひとりがいなくなるとまるで「普通のチーム」になってしまう。

 

改めてステフィン・カリーの凄さがわかるような記録の数々だ。

 

関連記事
3P成功数が歴代5位に浮上したステフィン・カリーのヤバすぎる記録

  ぷはー。 10月24日に行われたワシントン・ウィザーズ@ゴールデンステイト・ウォリアーズ戦、ステフィン・カリーが大爆発。第3クォーターまで11本の3ポイントシュートを沈め、計51得点をマ ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-NBA

Copyright© CANTINA , 2018 All Rights Reserved.