お金 ドラマ 映画

動画配信サービスさん、多すぎて分かりづらいからまとめてくれない?

投稿日:

スポンサーリンク

米ディズニーは19年8月6日、第3四半期の業績発表会見で、「Disney+」を含む「セット価格」を発表しました。

 

アメリカでは19年11月12日から配信がはじまる「Disney+」は単体で月額6.99ドル(約740円)で視聴できるに加え、

  1. Disney+(月額6.99ドル)
  2. Huluは(5.99ドル)
  3. ESPN+は(4.99ドル)

の3つのサービスが、セットで月額12.99ドル(約1380円)になります。

本来であれば、3つ合わせると合計17.97ドル(1910円)。セットで購読すれば4.98ドル(530円)お得になる計算です。

関連記事
19年11月開始!動画配信サービス「Disney+」のビジョン・配信作品

2019年11月12日よりアメリカで配信がはじまる、ディスニー社の動画配信サービス「Disney+」(ディスニープラス)に関する新情報が報道されました。ディズニー社の会長兼CEO、ボブ・アイガー氏が米 ...

続きを見る

 

このようなセット販売ができるのは、「Hulu」や「ESPN」は同じディズニー傘下(ディズニーの子会社)だから。

 

っちゅうことは重々承知しておりますが、、

 

みなさんも私と同じように、

 

動画配信サービス多すぎてよく分からない問題

 

を抱えていませんか?

 

  • Amazonプライムビデオ
  • Amazon Prime Video チャンネル(Amazonプライムビデオと異なる
  • auビデオパス
  • DAZN
  • dTV
  • dアニメストア
  • FODプレミアム
  • Hulu
  • Netflix
  • Rakuten TV
  • TSUTAYA TV
  • U-NEXT
  • ビデオマーケット

などなど、他にも多数あり。さらに、大物でいうと「Disney+」や「Apple TV+」の参戦も控えてる。

 

それぞれのサービスは、他社と比べれて良い点もあれば悪い点もある。

ライバルがいるからこそ、企業努力を重ねる。

それは、分かります。

 

が、さすがにこんなにも多いと、何が何だかよく分からなくなってくるんだよね。

この作品を観るためには○○、あの作品を観るためには△△。複数サービスと契約していても、結局“ほぼ”使わないものも出てきたり。

 

我々は1つのサービス、1つのアプリで完結したいはずなんだけど...

 

 

日本におけるスマホ決済も同じ問題のような状況に思える。

スマホ決済 多すぎ

  • ORIGAMI Pay
  • PayPay
  • LINE Pay
  • auPAY
  • ApplePay
  • GooglePay
  • Amazon Pay
  • QUIC Pay
  • 楽天Pay
  • d払い
  • ファミペイ
  • ローソンペイ

 

この店はこのアプリは使えるけどあのアプリは使えない。

あの店はあのアプリは使えるけどこのアプリは仕えない。

 

いやいやいや、分かりづらっ!!

 

みたいに混乱に陥っているのは自分だけでしょうか?

 

 

ユーザーとって分かりやすいサービス。

1つ、とは言わないけど、もう少し動画配信サービスをまとめてほしいな。

 

という単なる愚痴でした... 😳 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-お金, ドラマ, 映画

Copyright© KEN'sブログ , 2019 All Rights Reserved.