MOVIES NBA

映画『アンクル・ドリュー』で使われたNBAネタを徹底解説!【動画説明】

投稿日:

uncle drew

Motion Picture Artwork (C) 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

 

カイリー・アービング、シャキール・オニールなどが登場するバスケ映画『アンクル・ドリュー』

NBA通ならすぐに反応してしまう「バスケネタ」が複数仕掛けられている本作は見どころたくさん!

しかし、NBAを昔から見ていない人にとって、いまいちピンとこないシーンもしばしば…

そんなあなたに、あのシーンを動画付きで徹底解説します!

 

この記事では、

  • アンクル・ドリューの元ネタ
  • 映画『アンクル・ドリュー』のあらすじ
  • 映画『アンクル・ドリュー』で使われたNBAネタ(ネタバレあり)
  • 映画『アンクル・ドリュー』の舞台「ラッカーパーク」
  • 映画『アンクル・ドリュー』に登場したバスケ関係者(NBA選手名)

について語っていきます。

 

それでは、早速いってみましょ!

 

 

スポンサーリンク

そもそも「アンクル・ドリュー」とは? てか誰?

NBAのスター選手カイリー・アービング(現ボストン・セルティックス)が主演を務める映画『アンクル・ドリュー』は1本のテレビCMから生まれた。ペプシコーラ社が制作したCMでは、カイリーが特殊メイクでお爺さん(Uncle Drew = ドリューおじいさん)に扮し、ストリートバスケで若者に勝負を挑む「ドッキリ」だった。2012年に放送されたこのCMは、もともと一本限りの予定だった。しかし公開後すぐに“バスり”、YouTubeで計1億回再生を記録。今では、「YouTube史上もっとも成功したスポーツCM」とまで言われている。

ペプシコーラ社のCM「Uncle Drew」は結局全部で4エピソード作られた。(サイドキャラとして他のNBA選手も登場!)それでも人気はおさまらず、ついに映画化さることになった。

 

エピソード1

 

エピソード2(サイドキャラ:ビル・ラッセル、ケビン・ラブ)

 

エピソード3(サイドキャラ:ネイト・ロビンソン、マヤ・ムーア)

 

エピソード4(サイドキャラ:バロン・デイビス、レイ・アレン)

 

スポンサーリンク

『アンクル・ドリュー』のあらすじ

マイケル・ジョーダンに憧れバスケットボールを始めた青年ダックス(リルレル・ハウリー)は、あるトラウマから選手の夢を諦め、現在はストリートバスケチームのコーチをし、大会での優勝を目指していた。しかし、ある日突然、チームの主力選手をライバルチームに引き抜かれてしまう。失意の中ダックスは、伝説の選手だったお爺さん・アンクル・ドリュー(カイリー・アービング)と出会う。二人はかつての仲間を集め、伝説のチームを復活させ、バスケの聖地”ラッカー・パーク”で開催される大会に挑むことに…。果たしてダックスの夢はかなうのか!?そして、ドリューたちはかつての輝きを取り戻すことができるのか−−?!

 

『アンクル・ドリュー』公式ウェブページより引用

 

スポンサーリンク

『アンクル・ドリュー』で使われた4つのNBAネタを解説!【ネタバレあり】

NBA通ならすぐに「うぉぉぉぉぉぉおぉぉぉぉぉぉぉおぉ! どぅわぁぁぁっぁっぁぁぁぁぁぁぁぁ!」ってニヤニヤが止まらないシーンが4つほどある。しかし、全くもって解説がないので、NBAを昔から見てない人は何をモチーフにしているかわからないはずだ。それではもったいない!

ということで、映画『アンクル・ドリュー』に隠された(?)NBAネタを解説しよう。

 

ディケンベ・ムトンボの「指振り」

映画冒頭はドキュメンタリー形式で様々のレジェンドにインタビューするところから始まる。その中で、「アンクル・ドリューより上手かった選手はいたか?」と聞かれたディケンベ・ムトンボは「いなかった」と答えながら“指を振る”仕草をする。これは現役時代にブロックを決めたムトンボが行っていたパフォーマンスだ。

 

 

シャキール・オニールの「コービー、パスしろよ!」

なかなかパスをしないアンクル・ドリューに対し、ビッグ・フェラ(シャキール・オニール)が「コービー、パスしろよ!」と怒りをぶつける。(字幕はなぜか「コービー」が抜けているが…)これは、ロサンゼルス・レイカーズ時代にチームメイトだったシャキール・オニールとコービー・ブライアントの“不仲説”のネタだ。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Uncle Drewさん(@uncledrewfilm)がシェアした投稿 -

 

クリス・ウェバーの「タイムアウト」

決勝戦で、アンクル・ドリューがプリーチャー(クリス・ウェバー)にタイムアウトの残数を忠告する場面がある。この元ネタは、クリス・ウェバーがミシガン大学2年時のNCAA決勝戦からきている。2点ビハインド残り11秒で既に使い切っているタイムアウトを要求してしまい、これによりテクニカル・ファウルを取られた。対戦相手のノースカロライナ大学にフリースローを“プレゼント”し、このミスが響いて優勝を逃してしまう。

しかも、映画『アンクル・ドリュー』では「え?タイムアウトもう一つ残っていると思ってた…」というリップサービスまで披露してくれた。

 

タイムアウト以前に、めちゃくそトラベリングしてるけどね!

 

レジー・ミラーの「ブロック」

NBA現役時代は、残り9秒で8点決めるなど、クラッチ・シューター(大事な場面で決めてくれる選手)として有名なレジー・ミラー。(元インディアナ・ペイサーズ)だが、2004年プレーオフ、テイショーン・プリンス(デトロイト・ピストンズ)にかまされた「超絶ブロック」はかなりほろ苦い思い出のはず。映画『アンクル・ドリュー』では、レジー・ミラーは逆にキャスパー(アーロン・ゴードン)に対し大事な場面でチェイスダウン・ブロックを決める。

 

画質が荒いものしか見つからなかった…

 

スポンサーリンク

『アンクル・ドリュー』の大会が行われた「ラッカーパーク」とは?

映画『アンクル・ドリュー』で行われた大会はストリートバスケの聖地「ラッカーパーク」が舞台。「ラッカーパーク」はニューヨーク(ハーレム)にあるストリートバスケ・コートで数々のプロバスケットボール選手を生んだ場所。(映画では撮影の関係上、本場で行わていない。そっくりのセットをアトランタに作ったそうです)普段は一般開放されているが、毎年夏にEBCと呼ばれる大会が開かれ、現役NBA選手もプレイすることで有名だ。

 

YouTubeで「Rucker Park」って検索するといろんなプレイ集をみれることができるが、ぼくのお気に入りはこの2つ。

 

コービー・ブライアント

 

ケビン・デュラント

 

スポンサーリンク

『アンクル・ドリュー』のその他ぷちネタ

『アンクル・ドリュー』に登場するNBA/WNBA選手

  • カイリー・アービング(ドリュー爺さん)
  • シャキール・オニール(ビッグ・フェラ)
  • クリス・ウェバー(プリーチャー)
  • レジー・ミラー(ライツ)
  • ネイト・ロビンソン(ブーツ)
  • リサ・レスリー(ベティ・ロー)
  • アーロン・ゴードン(キャスパー)

 

『アンクル・ドリュー』に登場するその他バスケ関係者(本人役で出演)

  • アール・モンロー
  • クリス・マリン
  • ビル・ウォルトン
  • ジョージ・ガービン
  • スティーブ・ナッシュ
  • デビッド・ロビンソン
  • ジェリー・ウェスト
  • ディケンベ・ムトンボ
  • ピー・ウィー・カークランド(ラッカーパークのレジェンド)
  • スコット・バン・ペルト(米ESPNのキャスター)
  • ジョン・カリパリ(現ケンタッキー大学の男子バスケヘッドコーチ。エンドロールに登場し、カイリー・アービングをリクルートするが、「デューク大学に行くから無理」と断られる。実際、カイリーはデューク大学を選んだ過去がある)

 

『アンクル・ドリュー』でカイリー・アービングが履いているバッシュ

 

あわせて読みたい
【最大700円引】簡単・お得に映画館を利用できる節約術6選まとめ

映画館の大きい画面で新作映画をみたい… 「でも一本1,800円はちょっと高いよぉ?」 「ちょっとでも安く抑えらないかな?」   そう思うあなた、気持ちはめっちゃ分かります。 私も月に2回以上 ...

続きを見る

あわせて読みたい
NBA好きなら常識?「シャムゴッド・ドリブル」の意味・やり方を解説

  NBA好きなみなさん、こんにちは。 ラッセル・ウェストブルックがまた「シャムゴッド」を決めて話題になりましたね。   「ん? シャムゴッド? ナニソレおいしいの?」 と思ったあ ...

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-MOVIES, NBA

Copyright© CANTINA , 2018 All Rights Reserved.