Uber Eats配達パートナー お金

在宅ワーカー必見!Uber Eats配達パートナーこそベスト副業

2019年12月12日

2020年4月更新

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、Uber Eats配達パートナーセンターは一時休止となっております。

本来であれば、配達アカウントを作成した後にパートナーセンターで本登録に行くという流れが、

配達アカウントを作成した後にメールにて

  • オンラインの本登録を行う方法
  • バッグを受け取る方法(Amazonにて購入、今まで通りバッグを返品すると返金あり)

などの詳細を受け取ることができます。

 

uber eats 配達パートナー 副業

  • 自宅で仕事してるけど、空いた時間でできる良い副業ないかな?
  • フリーランスだからそこそこ自由だけど、スキマ時間に稼げないかな?

 

こんな悩みを持つあなたに、ぜひともお勧めしたい副業がUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーです。

 

Uber Eats 配達パートナーは、好きな時間に好きな場所で働くことができます。だから、

  • 今から2時間くらい余裕あるな。気分転換がてらUber Eatsで配達して、ついでにちょっと稼ぐか!
  • 納期が近づいてきたな。今日は本業に集中して、Uber Eatsはやらない!

のように「自由」に働けるのです。

 

この記事では、在宅ワーカー兼Uber Eats 配達パートナーである私が、

  • 仕事の流れ
  • 報酬の仕組み
  • メリット/デメリット

を説明しつつ、在宅勤務/フリーランスの人こそ副業として「Uber Eats 配達パートナー」をやるべき理由について書いています。

5分以内で読めますので、ぜひ参考にしてください。

Uber Eats 配達パートナープログラムに登録する

スポンサーリンク

そもそも「Uber Eats」とは? 「Uber Eats配達パートナー」の仕事の流れ

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、世界中で展開するフードデリバリーサービスです。専用アプリもしくはウェブサイトを通して、注文からデリバリーまでが行われます。簡単な流れは、

step
1
注文者がアプリで料理を注文する

step
2
レストランと配達パートナーに通達がいく

step
3
配達リクエストを受けた配達パートナーはレストランに向かう

step
1
レストランに到着した配達パートナーは料理を受け取り、注文者の場所に向かう

step
5
指定場所に到着した配達パートナーは、注文者に料理を受け渡す

 

資格や特別なスキルはいらず、

  1. 自転車orバイク(レンタルも可)
  2. 配達専用バッグ(パートナーセンターで受け取る)
  3. スマホ(アプリ)

の3点と、18歳以上の方であれば誰でも働けます。

 

2020年4月更新

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、Uber Eats配達パートナーセンターは一時休止となっております。

本来であれば、配達アカウントを作成した後にパートナーセンターで本登録に行くという流れが、

配達アカウントを作成した後にメールにて

  • オンラインの本登録を行う方法
  • バッグを受け取る方法(Amazonにて購入、今まで通りバッグを返品すると返金あり)

などの詳細を受け取ることができます。

 

スポンサーリンク

好きな時に働ける「Uber Eats 配達パートナー」こそ在宅ワーカーおすすめの副業

本業の仕事場が自宅の人にとって、Uber Eats配達パートナーはベストな副業でしょう。なぜなら、好きな時間や好きな場所で働けるからです。

Uber Eats最大のメリット

  • 好きな時間で働ける
    • 時間の制限やシフトがない
    • スキマ時間を使って稼げる
  • 好きな場所で働ける
    • 配達エリアを自宅の近くに限定できる
    • 逆に家から遠いところでも働ける

 

働きたいときはアプリをオンラインにするだけ。

逆に、働きたくないときはオフラインにするだけ。

たとえば、「本業がひと段落したので、気分転換がてら1時間だけ配達しよう~」なんてこともできちゃいます。このような自由な働き方こそ、フリーランスかつ在宅勤務者にとってベストな副業ですよね。

 

なるほど、じゃとりあえずUber Eats配達パートナーに登録だ!

となる前に、ここで一旦メリット/デメリットを確認しておきましょう。

 

「Uber Eats 配達パートナー」のメリット

メリット

  • 好きな時間、好きな場所で働ける
  • 自由な服装で働ける(髪を染めててもOK)
  • 登録後すぐに働ける(面接なし)
  • 気分転換になる
  • 運動になる
  • 自分の知らないお店や街を開拓できる
  • 特別なスキルがいらない 
  • ストレスフリー
  • 報酬が週払い
  • 現金のやりとり不要(※現金払いの設定も可)

 

メンドクサイ現金のやり取りはいりません。レストランから料理をピックアップ⇒注文者に届けて終わりです。

嫌な人間関係のトラブルもなし。接客は料理の受け渡しの一瞬だけなので、ストレスを抱えることなく副業ができちゃいます。

 

「Uber Eats 配達パートナー」のデメリット

デメリット

  • 配達にかかる経費は自己負担(例えば自転車、スマホなど)
  • 交通事故にあう可能性がある
  • 疲れる(自転車であれば)
  • 配達エリアが限られている

 

Uber Eatsの配達エリアは限られていて、まだ全国に展開されていないのが残念なポイント。2019年12月現在の配達可能エリアは下記の通り。

配達エリア

  • 東京都(23区・町田市・多摩地区・西東京エリアの一部)
  • 神奈川県(横浜市・川崎市)
  • 千葉県(市川市・船橋市・千葉市・習志野市・浦安市)
  • 埼玉県(さいたま市・戸田市・蕨市・川口市・草加市・新座市・和光市・朝霞市・志木市)
  • 大阪府(大阪市・東大阪市・八尾市・豊中市・吹田市)
  • 京都府京都市
  • 兵庫県(神戸市・芦屋市・西宮市・尼崎市)
  • 愛知県名古屋市
  • 福岡県福岡市

 

働いてみたい場所が対象エリアかどうかは、Uber Eatsの注文アプリで確認できます。(注文できるエリア=配達可能エリア)

Uber Eats のお料理配達

Uber Eats のお料理配達
開発元:Uber Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク

時給はだいたい1,000円?「Uber Eats配達パートナー」報酬の仕組み

私は東京都大田区で配送をしていますが、時給はだいたい1,000円となります。

uber eats報酬例

 

いやいや、1,000円届いてないじゃん!

って感じですが、これは待機時間が含まれているからです。(後述します)

 

※補足※

土日祝は「注文が多く入ること」+「インセンティブがつきやすいこと」が重なるので、時給はだいたい1,800円ほどになりました。(東京都大田区の場合)

uber eats時給

 

それでは、「Uber Eats配達パートナー」の報酬の仕組みを簡単に説明していきます。

 

報酬(配送料)の仕組み

Uber Eats配達パートナーの報酬(配送料)は、

「基本料金」-「サービス手数料」+「インセンティブ」=配送料

 

基本料金

基本料金は、

「受取料金」+「受渡料金」+「距離料金」=基本料金

  • 受取料金=レストランで料理を受け取ったときに発生
  • 受渡料金=注文者に料理を渡したときに発生
  • 距離料金=レストランから配達先までの距離に応じて計算

 

サービス手数料

基本料金より、一定のサービス手数料が引かれます。(Uberの手数料)

  • サービス手数料は各都市によって料率が異なる
  • サービス手数料は基本料金のみで算出されて引かれる(インセンティブから引かれない)

 

インセンティブ

時間・場所・条件によってはインセンティブ(追加報酬)を得られる可能性があります。たとえば、

  • 注文が多い11:00~14:00に配達をすると基本料金が1.2倍になる
  • ○○日~△△日に10回配達をすると追加で1,000円もらえる

など、ちょっとしたゲーム感覚でインセンティブが発生することも。

 

報酬は「配達エリア」や「時間帯」によって異なる

報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。上の画像は2019年12月のデータです。

 

たとえば、東京都で2.0kmの配送をおこなった場合、報酬は459円になります。(インセンティブなしで計算)

「基本料金(受取+受渡+距離)」-「サービス手数料」+「インセンティブ」=配送料

265円(受取)+125円(受渡)+120円(距離)-51円(サービス手数料)=459円

※距離料金120円=60円×2km
※サービス手数料51円=265円+125円+120円=510円の10%

 

これはインセンティブが発生しないパターンです。なおインセンティブにはUber Eatsのサービス手数料は適用されません。

 

注意点

注意点は主に2つ。

  • 報酬が発生しない時間(距離)がある
  • 報酬は出来高制(時給制ではない)

 

報酬が発生しない時間(距離)もあります。

  • 待機場所⇒レストラン
  • 注文者の配達先⇒次のレストランor自宅

までの移動は対象外です。

 

 

また、報酬は出来高制です。スキマ時間ができたから働きたい(働ける)としても、注文が来なければ収入は発生しません。

つまり、報酬が発生しない待機時間が一番もったいないわけですが…

 

 

在宅ワーカーのあなたであれば、待機時間の問題は解消できます。たとえば、

  1. 自宅での仕事がひと段落ついた、注文入ったら配達できるな~
  2. Uber Eatsのアプリをオンラインにする
  3. 残ってる仕事を続けるなり、休憩してテレビをみるなり、配達リクエストがくるまで待機
  4. 注文が入ったらレストランに向かう
  5. 配達を完了したら自宅に向かう
  6. 自宅に戻る間にまた注文が入ったらレストランに向かう
  7. 注文が入らなければ自宅で待機
  8. もう今日はいいかな~、アプリをオフラインにする

のように、注文が入るまで外で待つ必要がなく、自宅で他の作業をしながら待機することができるのです。

そう考えると「Uber Eats配達パートナー」こそ在宅勤務の方には持って来いの、ベストな副業じゃないでしょうか。

 

スポンサーリンク

最後に

さて、長くなりましたのでポイントをまとめていきます。

 

この記事で一番言いたいのは、フリーランス・在宅ワーカーおすすめの副業はUber Eats配達パートナーであること。

Uber Eats配達パートナーはこんな人に向いてる

  • ある程度、時間をコントロールできる人
  • フリーランス・自宅で仕事をしている人
  • 時給1,000円くらいでもいいから副業したい人

好きな時間や好きな場所で働けるUber Eats配達パートナーは、びっくりするくらい自由です。

働きたいときはアプリをオンラインにすればいい。働きたくないときはアプリをオフにしちゃえばいい。こんなにも簡単で自由な副業はありますか?ないですよね?

 

そんなわけで、このブログでは「Uber Eats 配達パートナー」として働いてみて、

  • 東京都大田区では〇〇時間働いたら○○稼げる
  • 配達にあった方がいいグッズ
  • 配達で起きたトラブル

などの体験談をこれから書いていきたいと思います!

Uber Eats 配達パートナープログラムに登録する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-Uber Eats配達パートナー, お金

Copyright© 冬来いよ , 2020 All Rights Reserved.