DRAMA

世紀末系ドラマ NETFLIXオリジナル作品『ザ・レイン』 あらすじと感想

投稿日:2018年5月11日 更新日:

NETFLIXオリジナル作品、

『ザ・レイン』 シーズン1

あらすじとネタバレなしの感想です。

 

いまいち乗れなかった度、10

 

世紀末系ドラマ。

【ウォーキング・デッド】の、

雨に含まれているウィルスが人間に感染しちゃうぞバージョン。

 

 

スポンサーリンク

ザ・レインのあらすじ 

雨が運んできた致死ウイルスにより人類がほぼ全滅している中、家族4人は父が働くアポロン社の地下シェルターに避難。

「この事態は俺にしか終息できない」

「ラスムスを守れ。この子が鍵なんだ」

そう言って父は、姉弟のシモーン(アルバ・アウゴスト)、ラスムス(ルーカス・リンガー・トュネセン)をシェルターに残し、一人で外の世界に戻る。

それから約6年。

父の行方も分からないまま、食料が尽きたシモーンとラスムスは安住の地と答えを求めて危険に満ちた旅に出る…

 

スポンサーリンク

作品情報 

原題 : The Rain

キャスト : アルバ・アウゴスト、ルーカス・リンガー・トュネセン、ミケル・ボー・フォルスゴー、ルーカス・ロッケン、イェシカ・ディナウエ、ソニー・リンドベール、エンゲラ・ブンダロヴィック、ラース・シモンセン

制作年  : 2018年

音声 : 英語, デンマーク語 [オリジナル], ポルトガル語 (ブラジル), デンマーク語 - 副音声

字幕 : デンマーク語, 英語, 日本語, ポルトガル語 (ポルトガル), 韓国語

 

「ザ・レイン」はNetflix初となるデンマーク制作の作品です。

聞きなれないデンマーク語は結構新鮮でした。

 

1エピソード40分前後、全8話。

 

スポンサーリンク

ザ・レインの感想

良かった点

え~と、映像がキレイ。

 

あと、

 

ドローンがカッコイイ。

 

あと、

 

あと、

 

メインじゃない女優が可愛い。

ベアトリス役のエンゲラ・ブンダロヴィックさん。

彼女はwikipediaのページが作成されていないぐらい、まだ若手みたいですね。

 

あと、

 

あと、

 

ま~そんくらいかな。

 

 

イマイチな点

矛盾点多くない?

雨に触れたら死ぬっていう状況の中、雨が降る前に雨宿りはちゃんとするけど、雨が止んだらすぐ外にでます。

そして、素手で雨の水滴が残っているであろう木枝と草とかを普通に触っちゃいます

それは大丈夫なんだ!?

 

 

鍵を握っているであろう弟のラスムスは「ストレンジャー」と呼ばれている集団に追われているわけですが、

だったら父が働いているアポロン社のシェルターを片っ端から探るはずでは??

というか、「ストレンジャー」はシェルターの場所すら把握していない??

 

 

ドローンでそんな簡単に人間を見つけられるんだったら…

 

 

などなど、結構気になっちゃう点、多々あり!

大あり!!

 

危機感が…

もうね~、危機感が感じられないっすわ。

危機感が感じられないのは最近みたSFドラマのロスト・イン・スペースも同様。

一粒でも雨に打たれたら死ぬっていう状況を全く感じさせない、ノホホンとした雰囲気。

なんとなく、きっと大丈夫だろうと思えてしまう。

 

方向性

この物語、行って欲しくない方向にどんどん進む。

見え見えのオチのストーリー展開とか。

友情、恋愛、強い絆がありますよ~見せつけて、後々泣ける展開に持っていこうとしているところとか。

全然ハッピーエンドじゃないのに、適当に笑ってハッピーエンド風にしようとしているところとか。

 

特に結構嫌いだったのが、エピソード3『街に近づくな』のバスのシーン。

ネタバレになっちゃうので詳細は言えないが、物凄く違和感を感じる演出。

これは上記であげた危機感の無さについても言えるのだが、なんかズレている気がします。

真剣ムードから一転、急にユーモア溢れる展開。

「あれ、今何見てるんだっけ!?」ってなりました。

 

スポンサーリンク

総合評価 (ネタバレなし)

総合評価: D

矛盾点が多いストーリー。

ひねりがない、予想がついちゃう展開多め。

の割に、解決しないエンディングはシーズン2に持ち越そうとしているからか!?

 

映像がキレイなのでギリギリF評価を回避。

ま~シーズン2が出ても見ないかな…

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-DRAMA

Copyright© CANTINA , 2018 All Rights Reserved.