NBA

NBA2020-21年、レギュラーシーズン72試合制やプレイイントーナメントなど開催方法まとめ

NBA2020-21年シーズンスケジュール

出典:espn.com

 

NBA2020-21年シーズンのスケジュールが正式に決まりました。

NBA2020-21年シーズン重要日程(日本時間)

  • 2020年12月12~20日:プレシーズン戦
  • 2020年12月23日~2021年3月5日:レギュラーシーズン前半
  • 2021年3月6~11日:オールスター休暇
  • 2021年3月12日~5月17日:レギュラーシーズン後半
  • 2021年5月19~22日:プレイイン・トーナメント
  • 2021年5月23日~7月23日:NBAプレイオフ2021とNBAファイナル

 

以下にて、レギュラーシーズンとプレイイン・トーナメントのポイントをまとめました。簡単に読めるよう、箇条書きにしています。

 

スポンサーリンク

レギュラーシーズンは史上初となる72試合制

ポイント

  • レギュラーシーズンは72試合制
  • レギュラーシーズンは「前半」と「後半」に分かれる
  • レギュラーシーズンの対戦相手と決め方

 

レギュラーシーズンは72試合制

  • NBA2020-21年のレギュラーシーズンは、通常の82試合から短縮された72試合制になる
  • 開幕は例年の約2か月遅れの日本時間12月23日
  • 最終戦は例年の約1か月遅れの日本時間5月17日

 

レギュラーシーズンは「前半」と「後半」に分かれる

  • レギュラーシーズンのスケジュールは「前半」と「後半」分けて発表、実施される
  • 前半のスケジュールはトレーニングキャンプ開始頃に発表(20年12月12日頃)
  • 後半のスケジュールは前半の終盤に発表(21年3月頃)
  • 前半で延期となった試合は、後半戦に組み込まれる
  • 前半と後半の間にオールスター休暇が挟まれる(2021年3月6~11日)

 

レギュラーシーズンの対戦相手と決め方

同カンファレンス

  • 各チームは同カンファレンスのチームと3試合をプレイ(各チーム42試合)
  • 組み合わせは「ホームゲーム2試合とアウェイゲーム1試合」、または「ホームゲーム1試合とアウェイゲーム2試合」
  • ディビジョン内でどの相手とホームゲームが2試合になるのか、アウェイゲームが2試合になるのかはリーグがランダムに決定する
  • ディビジョンの全5チームは、同カンファレンス内の残り2ディビジョンの片方(5チーム)とはホームゲームを2試合を行ない、もう片方(5チーム)とはアウェイゲームを2試合プレイ

別カンファレンス

  • 各チームは別カンファレンスのチームと2試合をプレイ(各チーム30試合)
  • 組み合わせはホームゲームとアウェイゲームが1試合ずつ

 

スポンサーリンク

2020-21年もプレーオフ獲得権を争うプレイイン・トーナメントを導入

ポイント

  • 2020-21年シーズンもプレイオフに入るためのプレイイン・トーナメントを導入
  • プレイイン・トーナメントの開催方法
  • セブンエイト・ゲーム
  • ナインテン・ゲーム
  • プレイイン・トーナメント参加チームがプレーオフに進出するためには…

 

2020-21年シーズンもプレイオフに入るためのプレイイン・トーナメントを導入

  • 2020-21年版のプレイイン・トーナメントは、昨シーズンに採用された8位シード権を争う形式からさらに拡張される
  • 2021-22年以降にもプレイイン・トーナメントが行われるかは決まっていない

 

プレイイン・トーナメントの開催方法

  • プレイイン・トーナメントはレギュラーシーズン終了後のプレイオフ1回戦の前に行なわれる(21年5月19~22日)
  • 各カンファレンスの勝率が7番目から10番目までのチームが参加する(計4チーム)
  • 最初に「セブンエイト・ゲーム」と「ナインテン・ゲーム」が行われる
  • セブン・エイト・ゲームの勝者は、その時点でプレイオフ第7シードを獲得し、敗者はナイン・テン・ゲームの勝者と第8シードを懸けて対戦する
  • ナイン・テン・ゲームの敗者はその時点で敗退となる

 

セブンエイト・ゲーム

  • レギュラーシーズン終了後、各カンファレンスの勝率7位チームと勝率8位チームがプレイイン・ゲーム(通称セブンエイト・ゲーム)を行なう
  • 勝率7位チームはホーム、勝率8位チームはアウェイでプレイ
  • セブンエイト・ゲームの勝利チームが各カンファレンスのプレイオフ7位シードとなる
  • セブンエイト・ゲームの敗者はホームでナインテン・ゲームを勝利したチームとプレイイン・ゲームを行なう

 

ナインテン・ゲーム

  • レギュラーシーズン終了後、各カンファレンスの勝率9位チームと勝率10位チームがプレイイン・ゲーム(通称ナインテン・ゲーム)を行なう
  • 勝率9位チームはホーム、勝率10位チームはアウェイでプレイ
  • ナインテン・ゲームを勝利したチームは、セブンエイト・ゲームの敗者とプレイイン・ゲームを行ない、勝利したチームが各カンファレンスのプレイオフ8位シードとなる(ナインテン・ゲームの勝者はアウェイ、セブンエイト・ゲームの敗者がホーム)

 

プレイイン・トーナメント参加チームがプレーオフに進出するためには…

  • 勝率7位と8位のチームは、2試合中1勝すればプレイオフ枠を獲得できる
  • 勝率9位と10位のチームがプレイオフ枠を獲得するには2試合連続で勝利する必要がある

 

スポンサーリンク

最後に

以上がNBA2020-21年シーズンの正式スケジュールです。

もちろん、新型コロナウイルスの影響でシーズン中断、延期、短縮などが考えられるので、大幅に変更される可能性はありますが…

 

最後に、多くのファンが抱えているであろう疑問をQ&A方式で回答していきたいと思います。

 

試合はどこで開催されるの?

2020-21年のレギュラーシーズン~プレイオフは通常通り各チームのアリーナで開催されます。(フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートで一時的に行った“バブル”方式ではない)

ただし、カナダに本拠地を置くトロント・ラプターズはフロリダ州タンパ(アメリカ)を代替本拠地としてシーズンをスタートします。(新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、カナダ政府は米国からの入国を制限しており、入国者は2週間の隔離措置が義務づけられているため)

 

ファンはアリーナへ入場可能か?

NBAは地域の法規に基づいたうえで、2020-21シーズン開幕から収容人員の25~50%を開放することを目指しています。(アメリカは州や地域によって法令が全く異なるので一概に「どこが」とは言えない)

ただし、レギュラーシーズン序盤は難しいでしょう。たとえばロサンゼルス・レイカーズは、すでに「追って通知があるまでファンを入れずに試合を行う」と発表しています。

 

NBAプレイヤーたちは東京オリンピックへ出場できるの?

東京オリンピックの開幕日は2021年7月23日を予定しています。

NBAファイナルに進出するチーム、あるいはカンファレンスファイナルまで勝ち進んだチームの選手は、オリンピック前に最低限の休養しか取れません。そうなると、NBAのトッププレイヤーたちはオリンピックを辞退することになるでしょう…

 

NBA2020-21年シーズン重要日程(日本時間)

  • 2020年12月12~20日:プレシーズン戦
  • 2020年12月23日~2021年3月5日:レギュラーシーズン前半
  • 2021年3月6~11日:オールスター休暇
  • 2021年3月12日~5月17日:レギュラーシーズン後半
  • 2021年5月19~22日:プレイイン・トーナメント
  • 2021年5月23日~7月23日:NBAプレイオフ2021とNBAファイナル

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-NBA

Copyright© 冬来いよ , 2020 All Rights Reserved.