MOVIES

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』を見る前にシリーズを振り返ろう あらすじと特徴まとめ

投稿日:2018年7月11日 更新日:

 

トム・クルーズ出演作品で一番好き映画は何ですか?

 

『トップガン』っしょ。

 

いや、『レインマン』も良かったな。

 

でも『マイノリティ・リポート』は傑作だし。

 

『アイズ ワイド シャット』は見れば見るほど入り込めるな。

 

いやいや、通ぶるなって。

 

『ミッション:インポッシブル』シリーズに決まってるでしょ!

 

第6弾となる『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が2018年8月3日(金)に日本で公開されます!

その前に、シリーズをおさらいしておこう。

 

 

スポンサーリンク

ミッション:インポッシブルとは?

ポイント

ミッション:インポッシブル = 不可能な任務

『ミッション:インポッシブル』はスパイ組織「IMF」がミッション:インポッシブル(不可能な任務)に挑む、アクション/スパイ映画の人気シリーズ。

 

映画を見たことがなくても、このシーンを知っているのでは?

主演を務めるトム・クルーズが自らスーパー危険なスタントをこなしていることでも有名ですね。

上のシーンは本人が演じておるが、他にもビルから飛び降りたり、崖をロッククライミングしたり、離陸している飛行機のドアにぶら下がたっり、変態っぷりを発揮しています。

 

今まで5作品公開されており、2018年8月3日には6作目が日本で公開予定。

ポイント

  • ミッション:インポッシブル (1996年)
  • ミッション:インポッシブル2 (2000年)
  • ミッション:インポッシブル3 (2006年)
  • ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011年)
  • ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション (2015年)
  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト ← 2018年8月3日公開予定

公開順番と時系列は同じです。

見たことがない人は1作目から見ることをお勧めします。

 

スポンサーリンク

『ミッション:インポッシブル』のあらすじ

シリーズ通して主人公イーサン・ハント(トム・クルーズ)は同じだが、キャスト(悪役や仲間)が毎回異なる。

また、プロデューサーも務めるクルーズは本シリーズの映画製作権を持っており、毎度監督を替えるという方針を貫いているので、映画のテイストがそれぞれ違う。

あらすじと特徴はざっとこんな感じ。

 

ミッション:インポッシブル

中央情報局(CIA)の特殊作戦部Impossible Mission Force(IMF)は暗殺・謀略など特殊工作に従事している。

ジム・フェルプス率いるIMFチームは、CIA秘密工作官のリスト漏洩事件における解明作業のため、プラハで作戦を遂行していたが、その最中にイーサン・ハント以外のメンバー全員が次々と殺され、チームは壊滅状態になってしまった。

生き残ったイーサンはCIAのキトリッジと会うが、この作戦はIMF内部にいると見られる密告者を探し出すのが目的だったと聞かされる。生き残ったイーサンに疑いがかかり、その疑惑を晴らすため、フェルプスの妻でもう一人の生き残りであるクレアと共にIMF内部の裏切者を探す。

wikipediaより引用(多少修正あり)

イーサン・ハントの物語はここから始まる。

彼が所属する特殊作戦部IMFに与えられるミッションは毎映画異なるが、1作目が一番“スパイ”っぽい任務となる。

 

1作目は「 スパイ要素 > アクション要素」映画 

2作目以降は「 スパイ要素 < アクション要素」映画

 

久々に鑑賞し、何よりも驚いたのが銃の扱い。

なんと、イーサン・ハントは一度も銃を発砲していない

(銃を構えるが、発砲はしていない)

アクション/スパイ映画の主人公が一度も銃を発砲しないって今も昔もあったでしょうか?

 

裏切りあり、伏線あり、サスペンスあり、シリーズの中ではストーリーが複雑な方。

 

サイドキャラクターのルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)についても触れておきたい。

ルーサーはハッキングが得意なコンピューターオタクなのだが、見た目は強面。

ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)

コンピューターオタク = ヒョロヒョロメガネ

というイメージを壊したのは、『ミッション:インポッシブル』のルーサーではないでしょうか。

 

ちなみに、全シリーズ登場するキャラクターはイーサン・ハント(トム・クルーズ)と、ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)の2人だけ。

 

ミッション:インポッシブル2

バイオサイト製薬会社の研究員であるネコルヴィッチ博士は、自身が開発した感染すれば20時間で治癒不可能となり死亡するウイルスキメラと、その治療薬であるベレロフォンをイーサン・ハント護衛のもとシドニーからアトランタへ旅客機で輸送するはずであったが、イーサンの替え玉であったIMFメンバーのショーン・アンブローズに殺害され、キメラとベレロフォンを強奪されてしまう。これに対しIMF本部は、イーサン・ハントを中心にチームを組み、アンブローズの元恋人であるナイア・ホールを彼の元に潜入させ、目的を探ることになる。

wikipediaより引用(多少修正あり)

アクション映画で知られるジョン・ウー監督が手掛けた2作目は公開年(2000年)の世界興行収入トップ。

1作目や3作目よりも興行収入的に成功したが、個人的にシリーズの中で一番の駄作

(その理由は、後述する。)

 

2作目は『ミッション:インポッシブル』ではなく「トム・クルーズ主演のアクション映画」。

 

ミッション:インポッシブル3

イーサン・ハントは、現場を退き教官としての仕事をしながら、本業を秘密にして婚約者のジュリアと幸せな生活を送っていた。そんな彼の元に、かつての教え子である女性エージェント、リンジーがベルリンで捕らえられたという知らせが届く。迷いながらも救出作戦に参加したイーサンは、仲間達とのチームワークを発揮しリンジー救出を果たす。しかし、ヘリに乗って逃げる途中、リンジーは頭に仕掛けられた爆弾の時限装置発動により死んでしまう。彼女は生前にメッセージを残しており、それによればIMF上官のブラッセルがブラックマーケットの商人であるオーウェン・デイヴィアンと結託して裏切り行為を働いているという。イーサンと彼のチームは真相を究明するためヴァチカンでデイヴィアン拘束に挑む。

wikipediaより引用(多少修正あり)

テレビドラマ『エイリアス』や『LOST』で知られるJ・J・エイブラムスの初映画監督作品。

3作目はなんて言ったって、悪役が良い。

シリーズナンバーワン悪役のオーウェン・デイヴィアンを演じたのは故フィリップ・シーモア・ホフマン。

フィリップ・シーモア・ホフマン

 

お茶目なキャラでお馴染みのベンジー・ダン(サイモン・ペグ)は今作から登場。

ベンジー・ダン(サイモン・ペグ)

 

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

IMFエージェントのトレヴァー・ハナウェイはブダペストで、「コバルト」というコードネームの人物に渡されるはずの秘密ファイルを奪う任務に就いていた。簡単な任務のはずだったが、同ファイルを狙う別組織が乱入したため追跡・銃撃戦となる。やがて、ハナウェイは女殺し屋のサビーヌ・モローによって殺され、ファイルも横取りされてしまう。コバルトの正体を探るため、モスクワの刑務所に収監されていたイーサン・ハントを脱出させようと図る。

wikipediaより引用(多少修正あり)

ポイント

「ゴースト・プロトコル」とは、アメリカ政府が諜報活動に対して一切の関与を否定する、つまりIMFの組織そのものが存在しない物(比喩的に幽霊(ゴースト))だとして扱う「取り決め(プロトコル)」。 IMFは組織的活動を一切停止させられ、イーサンのチームはテロリストとして追われる身となってしまうのだ。

 

前回ちょい役だったベンジー・ダン(サイモン・ペグ)が今作からガッツリ入ることにより、最も“楽しい”作品となった。

“楽しい”けど“緊迫感”もあり、バランスが絶妙。

“緊迫感”の演出は機械(テクノロジー)の故障からきている。

前作までは、スパイ映画でありがちな「スパイグッズがハイテクすぎてなんとか解決」という状況が目立った。

しかし、「ゴースト・プロトコル」では度々機械が壊れる。

それが、世界一高いビル、ブルジュ・ハリファを素手でよじ登るシーンにつながる。

それにしても、世界一高いブルジュ・ハリファのシーンはシリーズ最高すぎる。

 

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

謎の犯罪組織「シンジケート」の正体を探るため調査を進めていたイーサン・ハントは、新たな指令を受けるためにIMFのロンドン支部を訪れる。しかし、そこはすでに「シンジケート」の手に落ちており、イーサンは敵の罠にかかった挙句、指令を受けるための部屋に閉じ込められ、麻酔ガスに包まれて意識を失う。一方その頃、CIAは「シンジケート」をIMFが自らの存在意義を作るために創った実体のない組織だとみなしており、「シンジケート」の極秘調査を名目に召還に応じないIMFの大物エージェントであるイーサンを反逆者として国際手配してしまう。

wikipediaより引用(多少修正あり)

ポイント

「ローグ・ネイション」とは、「ならずもの国家」を意味する。「ゴースト・プロトコル」と展開は似ているが、IMFのチームはアメリカ政府にテロリストとして追われる身となってしまうのだ。

 

映画界では、money shot(マネー・ショット)という言葉があります。

money shotとは、映画の中で「一番お金をかけているシーン」のこと。

厳密に言うと、「一番お金をかけている」よりも、クライマックスで使われるような「一番見栄えが良い」シーンの方が正しい。

「一番見栄えが良い」からこそ予告編に使われることが多いが、アクション映画の場合「もう一番良いところ見ちゃった現象」が起きてしまうんですよね。

 

『ローグ・ネイション』のmoney shotは、イーサン・ハントがジャンボ機のドアにぶら下がるシーン。

ここは宣伝目的として予告編でも大々的に取り上げているが、驚くことにクライマックスどころか、一番最初に使われる。

この映画はスゴイ。

何故なら、money shotがかすむぐらい、魅力満載の映画だから。

 

スポンサーリンク

シリーズが続いてるのは『3』のおかげ? 

上のあらすじで、シリーズの中で『ミッション:インポッシブル2』が最も駄作だと言いました。

その理由はこれだ。

 

アクションがダサい

お家芸かのように頻発するアクションシーンのスローモーションがダサい。

いちいちズームになってダサい。

とにかくダサい。

 

ペースが悪い

アクション映画なのに最初の一時間ほぼアクションシーンなし。

逆に後半はアクションしかない。

 

ウィルスを破壊するイーサンが亀になってしまう

盛り上がるはずのウィルスを破壊するシーン。

機敏なイーサンが亀になってしまったと心配するくらい、スーパースローな動きを披露。

さらにペースを遅くするような無駄な回想シーン、そして案の定の結果。

 

イーサンのキャラチェンジ

1作目のイーサンは、常に任務を優先する硬派キャラ。

なのに、2作目ではなぜかジェームズ・ボンドを見習ってプレーボーイになってしまう。

別にプレーボーイキャラが悪いと言っている訳ではない。

1作目と2作目全く違うキャラになってしまうのが悪いのだ。

さらに、いらない三角関係を盛り込んでくるところも頂けない。

 

ユーモアなし

1作目では、ルーサーは皮肉を言うユーモア溢れるキャラだったが、これも2作目から急に方向転換。

ギャグを言わない、ちょーマジメ。

ルーサー以外でも、映画全体でクスッとなる場面が1か所もない。

 

カンフー映画?

2作目はスパイ/アクション映画。

演出やらストーリーやら、トム・クルーズがカッコ良く映るために出来ている。

『ミッション:インポッシブル』ではなく「トム・クルーズ主演のアクション映画」。

 

 

このように、すべての面において1作目に怠ってしまった2作目。(怠ったどころかキャラも変えて悪化させた)

そんな傾き始めたシリーズに救世主、現れる。

監督のJ・J・エイブラムスだ。

2作目の悪いところを取り外し、1作目の良かったところをさらにアップグレード。

3作目の特徴は、「ペースの速さ」と「アクションの多さ」。

次から次へと展開が変わり、全く飽きない。

アクションも増えただけではなく、見た目がグレードアップ。

電話をしながら上海の街中を爆走するイーサンの画は素晴らしい。

ひたすら走っているだけだが、約20秒ノーカット、カメラを回し続けることによって迫力ある演出となった。

 

さすがJ・J。

『スター・ウォーズ』『スター・トレック』のリブートや続編を手掛けたJ・Jはファン目線で映画を作るのが上手い!

(J・Jは今作以降、制作に回る。)

 

シリーズを救った『ミッション:インポッシブル3』。

『ミッション:インポッシブル3』が軌道修正していなかったら、6作も作っていなかったことでしょう。

 

スポンサーリンク

ヤバすぎるトム・クルーズのスタント

『ミッション:インポッシブル』と言えば、スタントマンなしで自らアクションに挑むトム・クルーズが有名ですよね。

メイキングを見ると、度を越えていて思わず笑っちゃいますよ。

 

『ゴースト・プロトコル』

世界一高いビル、ブルジュ・ハリファをよじ登ったり、飛び降りるシーン。

ここ、スタジオではなく本当にブルジュ・ハリファで撮影しているんです。

しかも、ガチで本人がスタントなしでやっちゃっています!

 

『ローグ・ネイション』

冒頭の飛行機が離陸するシーン。

イーサン・ハントが離陸する飛行機のドアにしがみつき、どんどん上空に上がって行く。

ここは、CGやスタントを一切使わず実際に飛んでいる飛行機に掴まっているのです!

ウソだと思ったら、見てください!

 

スポンサーリンク

6作目の『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』とは?

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』のあらすじ

何者かによって複数のプルトニウムが盗まれ、三つの都市での同時核爆発が企てられます。イーサンらIMFのメンバーはそれを未然に防ごうと奔走しますが、手掛かりは少なく、与えられた猶予はわずかに72時間。 さらに、イーサンを疑ったCIAが凄腕エージェントのウォーカーを送り込みます。世界的な危機に加え、ウォーカーとの対決にも巻き込まれてゆくイーサン。果たして、彼の運命はどうなってしまうのでしょうか?

ciatrより引用

 

フォールアウト(Fallout)を日本語に訳すと、複数の意味がある。

「放射性降下物」、「副産物」、「予期せぬ余波」。

物理的にも比喩的にも複数の意味が込められているそうだが、核爆発が大きく関わってくることでしょう。

 

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の前にチェックすべき作品

6作目となる『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』を見る前に、チェックすべき作品は、5作目の『ローグ・ネイション』です。

(当たり前の答えになってすいません。)

でも、当たり前の答えはには理由があるんです。

 

今までのミッション:インポッシブルは1話完結型のストーリーで、目的も悪役も毎回異なっていた。

しかし、今回の『フォールアウト』は『ローグ・ネイション』につながる続編で、前作から続投のキャラが盛りだくさん。

 

お馴染みのキャスト

悪役のソロモン・レーンが再登場。

悪役が2作連続登場するのはシリーズ初。

英国紳士風だった『ローグ・ネイション』と比べると髭モジャとなって同一人物には見えませんね。

ソロモン・レーン(ショーン・ハリス)

 

 

『ローグ・ネイション』から引き続き、ヒロイン役はイルサ。

ヒロインが2作連続で同じなのもシリーズ初。

前作ではシンジゲートに潜入していた、MI6所属の女スパイ。

今回はイーサンと敵対関係か!?

イルサ(レベッカ・ファーガソン)

 

 

シリーズ通して1作目から登場するのは主人公のイーサンと、天才ハッカーのルーサー。

イーサンが最も信頼を置いている、長年の仲間。

ルーサー(ヴィング・レイムス)

 

 

3作目から登場するお茶目なキャラ、ベンジー。

ガジェット、コンピューターに強い。

ベンジー(サイモン・ペッグ)

 

 

『ローグ・ネイション』から初登場の、CIA長官のアラン・ハリー。

前作ではIMFの解体を提案したが、最終的にIMF長官へと転身した。

アラン(アレック・ボールドウィン )

 

 

イーサンの妻のジュリア(ミシェル・モナハン)も『ゴースト・プロトコル』以来、再登場。

予告編を見る限り、あまり宜しくない運命が待ち受けてそう...

ジュリア(ミシェル・モナハン)

 

 

『ゴースト・プロトコル』や『ローグ・ネイション』で活躍したIMFチームのウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)は残念ながら登場しません。ジェレミー・レナーは他映画の撮影の関係で、スケジュールが合わなかったみたいです。

ウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)

 

 

日本公開は2018年8月3日になります。

 

楽しみですね!

 

『ミッション:インポッシブル』シリーズはHuluで見れます。

 

 

※追記 『フォールアウト』を見てきました。 スタントアクションについてはこちら。

トム・クルーズがヤバい! 本編が10倍楽しくなる『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』のメイキングまとめ

  『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』を見てきた!   今作は、なんと言ってもアクションがヤバい。 マジでヤバいっす。 個人的には『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-MOVIES

Copyright© CANTINA , 2018 All Rights Reserved.