NBA

マーケル・フルツはケガ? シュートの仕方を忘れた問題について

投稿日:2019年1月24日 更新日:

マーケル・フルツ

NBAの歴史のなかで、もっともナゾにつつまれたマーケル・フルツ、どうしちゃったの?問題。

2019年1月17日に放送されたESPNの「The Jump」では、元NBA選手のトレイシー・マグレディが「マーケル・フルツの存在、忘れてた」と言われる始末。

 

2017年ドラフトで全体1位指名をうけた次世代スターになにが起きたんでしょう?

 

この記事では、マーケル・フルツが起こした右肩の胸郭出口症候群の症状と原因について探ってみました。

 

スポンサーリンク

マーケル・フルツ、シュートの仕方を忘れた問題

2018年11月12日

 

2018年11月17日

 

ケガ? イップス?

ボールをポンポンするやつ、どうした?

 

ワシントン大学時代のシュートフォームと比べると、今はまるで違う選手ですね。

 

将来を約束されたスターになにが起きたのでしょうか?

症状は胸郭出口症候群でした。

 

スポンサーリンク

症状は「胸郭出口症候群」と診断。 でも精神的な問題もある?

2018年12月、マーケル・フルツは右肩の胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん、英thoracic outlet syndrome)という症状と診断されました。

胸郭出口症候群とは、上腕や肩の運動や感覚に深くかかわる神経や動脈が障害を受け、肩、腕、手のしびれや痛み、手の動かしにくさなどを自覚するようになる状態です。

胸郭出口症候群は、いわゆる肩こりとして自覚されることがあります。腕や手に分布する神経や血管が圧迫されることで発症するため、神経症状として首や肩、腕にしびれやちくちくする感覚、刺すような痛みを覚えることがあります。

神経症状はさらに手先や体幹にもみられることがあります。神経障害が持続すると、筋力の低下もあらわれ、それに随伴して運動機能にも影響が生じます。具体的には、手の握力の低下、巧緻性こうちせいの低下(指先が不器用になる)などです。

Medical Noteより引用

 

私は長年NBAをみてきましたが、胸郭出口症候群が原因で無期限の離脱なんて初めて聞きました。特にバスケットボールでは非常にめずらしい症状だそうです。(野球ではごく稀にあるよう)

一般的な原因はストレス、悪い姿勢、睡眠不足などによってあらわれるとのこと。

 

しかし、アメリカのMayo Clinic病院によると胸郭出口症候群の原因は他にもあるようです。

 

車の事故からくるトラウマからも発症する…

 

スポンサーリンク

マーケル・フルツはバイクで事故った?

Scoop B Radio Podcastのホスト、ブランドン・ロビンソンによるとマーケル・フルツは数年前にバイク事故にあったという。

 

バイクではないですが、BMX乗りがマーケル・フルツの趣味の一つです。BMXで事故を起こし、右肩を故障させた?

 

ちなみにNBAは契約選手のバイク乗りを禁止にしています。もしフィラデルフィア・76ers契約後にバイク事故を起こしたなら、契約金を支払わずに解雇することも可能です。

 

バイク事故の報道が本当かどうかの真相はわかりませんが…

 

スポンサーリンク

マーケル・フルツはNBA史上もっとも期待を裏切った選手?

コメンテーターのスティーブン・A・スミスは「biggest bust in NBA history = NBA史上もっとも期待を裏切った選手」と発言。

 

元NBA選手のスコッティ・ピッペンも同様に「bust」と発言。

 

私は医者ではないので、胸郭出口症候群が治療によって治るのかわかりません。精神面(ストレス?トラウム?)がどのくらい影響する症状なのかもわかりません。

76ersはーケル・フルツのトレードを模索しているという噂まで流れています。おそらく、復帰の目途がたっていなのでしょう。

 

でも、どことトレード?

治るかどうかわからない、胸郭出口症候群をかかえたマーケル・フルツを欲しがるチームはいるのだろうか?

 

ジェイソン・テイタムの指名権とトレードしてまで獲得したマーケル・フルツ。

  • ロンゾ・ボール
  • デアーロン・フォックス
  • ラウリ・マルケネン
  • デニス・スミス・ジュニア
  • ドノバン・ミッチェル
  • カイル・クーズマ

をパスして、全体1巡目1位指名で獲得したマーケル・フルツ。

 

でもまだ20歳。

 

マーケル・フルツの動向、気になりますね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-NBA

Copyright© けんてぃーな , 2019 All Rights Reserved.