NBA

【イケメン】宣言しよう、ルカ・ドンチッチはNBAを背負う次世代スターになります

投稿日:

 

もうすぐ2018-19年NBAシーズンの開幕だ。

 

レブロン加入の新制レイカーズ。

インサイドを強化した王者ウォーリアーズ。

さらにオフェンスをグレードアップしロケッツ。

 

今年はどんなシーズンになるのだろう?

予想がつかないのもNBAの一つの楽しみだ。

 

ただ、シーズン開幕からすでに決まっている確定事項もある。

 

2018-19年シーズンにNBAデビューを果たすルカ・ドンチッチは、間違いなくバスケットボールの顔になります。

 

今から4~5年のレブロン引退後、NBAを背負うのはヤニス・アデトクンボ、アンソニー・デイビス、ケビン・デュラント、ステフィン・カリー、ジョエル・エンビードではなく。

 

 

ルカ・ドンチッチ

 

 

これ確定ね。

 

ちなみに彼、今19歳です。

平成11年生まれです。

 

ドンチッチのヨーロッパでのキャリアを軽く振りかえってみよう。

ルカ・ドンチッチのキャリア(NBAデビュー前)

  • 8歳からKKユニオン・オリンピア(スロベニアプロリーグ)のユースチームでバスケをはじめる。初練習開始から16分後、8歳グループでプレイさせるには物足りないと感じたコーチはドンチッチを11歳チームに格上げ。次の練習はKKユニオン・オリンピアのアンダー14のグループにさらに格上げ。
  • 13歳でリーガACB(スペインリーグ)の強豪レアル・マドリーとプロ契約を結ぶ。
  • 16歳でレアル・マドリー史上最年少でプロデビューを果たす。
  • 17歳でスロベニア代表に選ばれ、ユーロリーグで母国に初の欧州制覇をもたらす。
  • 19歳でユーロリーグ優勝、ユーロリーグMVP(史上最年少)、オール・ユーローリーグ・ファーストチーム選出、ファイナル4のMVP、リーガACBのMVP。

 

何が言いたいかというと、

ルカ・ドンチッチは化け物だ。

 

にも関わらず、なぜか1巡目3位指名まで落ちた。

さらに、3位指名でアトランタ・ホークスに選ばれ、ダラス・マーベリックスに即トレードされた。

 

あり得ないでしょ。

ヨーロッパとはいえ、この若さで誰も成し遂げなかった個人タイトル、チームタイトルを総なめしたんだぞ。

19で世界2位と言われているスペインリーグのMVPだよ?!

スカウトはこれを見て1位指名でとらないの?!

 

 

ディアンドレ・エイトンをピックしたフェニックス・サンズ。

惜しい。けどバカ。

 

マービン・バグリー3世をピックしたサクラメント・キングズ。

キングズらしく何も考えてない。

 

トレイ・ヤングを取るためにドンチッチをトレードしたアトランタ・ホークス。

次世代カリーと言われているトレイ・ヤングを欲しがったのはわかる。

2019年ドラフト1巡目指名権をマーベリックスと交換できる権利を獲得したこともわかる。

ただ、これは今世紀最大のミス。

 

 

だってみて、この顔。

 

うしろのチームメイトを比べてみて。

 

 

スーパースターの条件のひとつは顔ね。

 

バスケのマイケル・ジョーダンも野球のイチローも全員イケメンだからスーパースターになれた。

 

国際化をさらに図っているNBAは、イケメンのルカ・ドンチッチを激推しすること間違いなし。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-NBA

Copyright© CANTINA , 2018 All Rights Reserved.