NBA

【NBA開幕】記録を更新し続ける16年目のレブロン、肉体に衰えはあるのか?

投稿日:

lebron

 

10月16日(日本時間17日)に開幕したNBA2018-19年シーズン。

関連記事
2018-19年NBAシーズン開幕したで! PHI対BOS & OKC対GSWの感想

The @warriors pick up the victory on Ring Night!#DubNation 108 | #ThunderUp 100 Steph Curry: 32 PTS, ...

続きを見る

 

おもしろいし、楽しい。

けど、なんか足りない。

 

なんか“開幕感”がなかったんだよなぁ。

やっぱり、レブロンがいなきゃ。

 

本日はレブロン・レイカーズの初戦。

すなわち、NBAの開幕は本日からです。

 

 

とんでもない記録を更新し続けるレブロン・ジェームズ。

自然界の化け物レブロンの肉体に衰えはあるのか?

16年目に突入する前に、昨2017‐18年シーズンのヤバすぎるスタッツを簡潔にまとめてみた。

昨2017‐18年シーズンのレブロンのスタッツ(キャリア15年目)

  • 33歳のレブロンはレギュラーシーズン全82試合に出場し、平均27.5得点、平均9.1アシスト、平均8.6リバウンド、平均1.4スティール、FG成功率54.2%。FG成功率が52%以上で平均27点、9アシスト、8リバウンド以上をマークしたのはNBA歴史上初
  • ちなみに、神様マイケル・ジョーダンは8.0アシスト、8.0リバウンド、FG成功率54.0%以上を記録したことは15年のキャリアで一度もない。ジョーダンが達成したことない記録を、レブロンは2017‐18年シーズンだけですべてクリア
  • レブロンは次の3,000FGを連続ではずしたとしても、まだコービーよりFG成功率は高い。
  • レブロンは次の200本の3Pを連続ではずしたとしても、まだジョーダンの3P成功率より高い。
  • デビューから7年目の2009‐10年シーズン、得点、リバウンド、アシスト、スティール、ブロックでチームトップだった。この5つのカテゴリーでチームトップになるのは歴代5人目。15年目の2017‐18年シーズン、レブロンはまたこの5つのカテゴリーでチームトップとなり、この記録を2度達成したのは歴史上初めて
  • 過去13年間連続、レブロンはMVP投票でトップ5以内で、これは歴史上最も長い。スティーブ・ナッシュがMVPを獲得した2006年、レブロンは21歳でMVP投票2位だった。ジェームズ・ハーデンがMVPに輝いた2018年、レブロンは33歳にも関わらずまた2位

 

16年目を迎えるレブロン・ジェームズ、今年はどんな記録を樹立するのだろうか?

 

レブロン・レイカーズの記念すべき初得点はダンク。

今年もよろしくお願いいたします!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-NBA

Copyright© CANTINA , 2018 All Rights Reserved.