NBA

ロサンゼルス・レブロンズ今季ホーム初戦の乱闘騒ぎで3人が退場処分

投稿日:2018年10月21日 更新日:

NBA2018‐19年シーズン開幕から5日目の、10月20日。

レブロン・ジェームズがロサンゼルス・レイカーズ移籍後初の、ホーム公式戦がステイプルズ・センターで行われた。

レブロンのスーパープレイが話題になるはずだったこの試合、終盤に対戦相手のヒューストン・ロケッツと“乱闘騒ぎ”が起きてしまい、荒れた試合となってしまった。

乱闘の経緯

  1. 第4クォーター残り4分13秒、ロケッツのジェームズ・ハーデンがレイカーズのブランドン・イングラムに体をあてファウルを誘う。
  2. それにいら立ったイングラムはハーデンをプッシュし、小競り合いに発展。
  3. 仲裁役だったはずのロケッツのクリス・ポールとレイカーズのレイジョン・ロンドの口論がヒートアップし、ポールがロンドの顔に指を押しつける。
  4. 触られたロンドは激高し、今度はポールの顔面にパンチ。
  5. ポールも拳を返す。
  6. さらに、もともと乱闘のきっかけだったイングラムが後ろからポールを目掛けてパンチ。

 

小競り合いはよく見受けられるものの、ここ最近のNBAで“パンチ”は珍しいですね。

ESPNの@Rachel__Nicholsによると、「顔にツバをかけられたから」報復としてロンドの顔に指を押し付けたとポールが説明しているとのこと。

たしかに、ポールが顔をふいてる仕草も確認できますね。

 

クリス・ポールとレイジョン・ロンド。

この2人、10年前から“一触即発”ムードでしたね。

この試合に限らず、よくケンカしています。

 

一発退場処分となったクリス・ポール、レイジョン・ロンド、ブランドン・イングラム

この3人は罰金、そして少なくても数試合の出場停止処分が科されるだろう。

処分内容は翌日のヒューストン・ロケッツ@ロサンゼルス・クリッパーズ戦の前に発表されます。

ちなみに、2006年のデンバー・ナゲッツ@ニューヨーク・ニックスの乱闘でパンチをしたカーメロ・アンソニーには15試合の出場停止処分を科されました。

 

 

NBA2018‐19年シーズンはまだ5日目。

 

めちゃくちゃおもしろくなってきた。

 

10月22日(乱闘の翌日)更新

①「ツバ吐き」がカメラで確認された。

②NBAより出場停止処分が発表された。

・ブランドン・イングラム4試合出場停止

・レイジョン・ロンド3試合出場停止

・クリス・ポール2試合出場停止

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-NBA

Copyright© CANTINA , 2018 All Rights Reserved.