FILM NEWS STAR WARS

スターウォーズ初のアジア人女性ケリー・マリー・トラン SNSを止めた理由を明かす

投稿日:

 

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のローズ役を演じたケリー・マリー・トランがSNSを止めてから、初めての手記を発表。

SNSを止めた理由は、彼女の容姿や人種差別的な投稿が後を絶たなかったから、と推測されていた。

(止めた理由は自ら発表せず、SNSを削除)

 

 

彼女が発表した手記がパワフルで素敵な文章だったので、一部引用して翻訳します。

(英語ですが、全文はThe New York Timesで見れます)

 

 

It wasn’t their words, it’s that I started to believe them.

Their words seemed to confirm what growing up as a woman and a person of color already taught me: that I belonged in margins and spaces, valid only as a minor character in their lives and stories.

And those words awakened something deep inside me — a feeling I thought I had grown out of. The same feeling I had when at 9, I stopped speaking Vietnamese altogether because I was tired of hearing other kids mock me. Or at 17, when at dinner with my white boyfriend and his family, I ordered a meal in perfect English, to the surprise of the waitress, who exclaimed, “Wow, it’s so cute that you have an exchange student!”

(SNSを削除したのは)彼らの言葉からではない。

私が彼らの言葉を信じ始めたからだ。

彼らの言葉は、私が有色人の女性として育ち、教わってきたことを確証するものに感じた。

私は余白や空白に属し、彼らの人生や物語の脇役であること。

その言葉によって、私の中の何かが呼び起された。

私の中で既に抜けていたはずの気持ちが。

9歳の頃、ベトナム語を話すと馬鹿にされるのに疲れ、止めてしまったと同じ気持ち。

17歳の頃、白人の彼氏とその家族と外食してるとき、完璧な英語で注文したのにも関わらずウェイトレスに「交換留学生を受け入れること、素敵ですね」と言われたことと同じ気持ち。

 

 

It reinforced within me rules that were written before I was born, rules that made my parents deem it necessary to abandon their real names and adopt American ones — Tony and Kay — so it was easier for others to pronounce, a literal erasure of culture that still has me aching to the core.

彼らの言葉によって、私が生まれる前から既に決まっていたルールが強化された。

私の両親が本当の名前を捨て、発音がし易いと理由でトニーやケイのようにアメリカ人の名前に変えられたルール。

文字通りの文化の抹消は、今でも心の芯まで痛む。

 

 

And as much as I hate to admit it, I started blaming myself. I thought, “Oh, maybe if I was thinner” or “Maybe if I grow out my hair” and, worst of all, “Maybe if I wasn’t Asian.” For months, I went down a spiral of self-hate, into the darkest recesses of my mind, places where I tore myself apart, where I put their words above my own self-worth.

そして認めるのは嫌だけど、私は自分のせいにするようになってしまった。

「もっと痩せていたら」、「もっと髪を伸ばしたら」、何よりも悪いのは「もし、アジア人じゃなかったら」と考えるようになった。

私は数か月に渡って、自己嫌悪のスパイラルに陥り、心の奥の最も暗い部分に入り、自分を引き裂くようになった。

自分の自尊心よりも、彼らの言葉の方が上に感じた。

 

 

I want to live in a world where children of color don’t spend their entire adolescence wishing to be white. I want to live in a world where women are not subjected to scrutiny for their appearance, or their actions, or their general existence. I want to live in a world where people of all races, religions, socioeconomic classes, sexual orientations, gender identities and abilities are seen as what they have always been: human beings.

This is the world I want to live in. And this is the world that I will continue to work toward.

私は、有色人の子供が思春期に「白人になりたい」と思わなくても良いような世界に住みたい。

私は、女性が容姿、行動、一般的な存在によって吟味されないような世界に住みたい。

私は、人種、宗教、社会経済力、性的志向、性自認や能力ではなく、本来の姿である「人間」として見られる世界に住みたい。

私が住みたいのは、そのような世界。

私は、その世界に向けて努力を重ねる。

 

 

You might know me as Kelly.

I am the first woman of color to have a leading role in a “Star Wars” movie.

I am the first Asian woman to appear on the cover of Vanity Fair.

My real name is Loan. And I am just getting started.

あなたは、私の名前をケリーとして認識しているかもしれない。

私は、『スター・ウォーズ』の主演女優として起用された初めての有色人女性。

私は、『ヴァニティ・フェア』の表紙を飾った初めてのアジア人女性。

私の本当の名前は、ロアン。

私はまだ始まったばかり。

 

 

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』監督のライアン・ジョンソンのツイート。

 

ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルのツイート。

 

 

キング牧師の「I Have a Dream」を彷彿とさせるパワフルな文章。

 

今後の活躍を期待してます!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-FILM NEWS, STAR WARS

Copyright© CANTINA , 2018 All Rights Reserved.