ライフスタイル

貸会議室を利用して嫌な残業時間を減らそう! 【都内・近郊編】

投稿日:

 

このツイートを見て、あなたはどう思いますか?

 

 

このツイートを見て、私は会社員時代を思い出した。

 

私は、8年間のサラリーマンを真面目にやっていました。

平日は定時に帰れた記憶はあまりないし、たまに休日も会社に行って残った仕事を片付けたいた。

残業は当たり前。

そんな自分と会社が嫌でした。

 

たしかに、私は仕事が早いほうではなかった。

タイムロスにつながる無駄な作業。

自分のミスや他人のミス。

業務効率を改善し、残業時間を減らすこともたくさんできたでしょう。

しかし、組織であるが故に「個人の力ではどうしようもできない」と諦めていたこともあった。

 

例えば、<もはや集まることが目的になってしまった>会議。

ダラダラやって、気づけばもう1時間経過。

結局結論がつかないから、明日に持ち越し。

会議中に溜まった仕事を、残業して片付ける。

 

振り返ってみると、無意味なミーティングが一番「毒」だった。

今思えば、最も改善すべきポイントはここだった。

 

 

サラリーマンを辞めた今だからこそ思う。

 

 

ツイート内容と一緒で、会議も「始まりの時間は決まっているけど、終わりの時間は決まっていない。」

 

 

そこで解決策を一つ。

 

ミーティングは、あえて貸会議室を借りよう。

貸会議室を利用して、生産性のある会議にしよう。

貸会議室を利用して、嫌な残業時間を減らそう。

 

 

本記事では、貸会議室を借りるべき理由、便利なポータルサイトを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

なぜ貸会議室を借りると残業時間を減らせるのか

私が会社員時代に一番無駄だと思ったのは、無意味な会議

誤解しないでください。

会議はたしかに大切なことです。 

特に組織の場合、ミーティングや話し合いがないと前進しませんからね。

私が言っているのは、生産性のない会議

 

あなたも、このような会議に参加したことありませんか?

  • 開始時間を過ぎても人が集まらず、なかなか始めれない
  • 10分、15分で終わらせる会議をダラダラと続けて1時間、2時間と延びる
  • 集中力が欠けている人が多い、最悪寝だす人がいる
  • プレゼンターや打ち合わせに参加する人がそもそも準備不足
  • とりあえず集まることに意義を持っている人が多く、結論づけようと考えている人が少ない

 

もはや、ミーティングをすることが目的となってしまっているケース。 

 

なぜ、このような会議が多いのでしょうか?

 

それは、終わりの時間が決まっていないから

決まっていたとしても、次の物理的な予定が入っているから。(例えば、○○時に来客がある)

終了時間が明確になっていないため、ダラダラと続き、そのツケが「残業時間」に回ってくるのです

 

考えてみれば、何事も終わりの時間は決まっていますよね。

例えば、映画の上映時間は終了時間までキチンと表記されています。

「14:30~17:20か、17:00集合だからこの時間帯は見れないな」という具合に、終わりの時間を確認しながらスケジュールを調整しますよね?

 

なので、本来ミーティングもこうであるべきだ。

×「今日のミーティングは16時からです。」

〇「今日のミーティングは16時から16時45分までです。」

 

しかしながら、終わりの時間が決まっていないミーティングが多いのが現状。

決めたとしても、ダラダラと続き、結局延長する可能性もあるでしょう。

 

それはなぜか?

 

社内の会議室を使っているから

社内の会議室を使うと、時間制限がないからツイツイ時間を延ばしてしまう傾向がある。

私が所属していた会社がそうでした。

 

そこで提案したいのは 貸会議室

なぜなら、貸会議室は始まりと終わりの時間が明確に決まっているから

 

「今日の会議は〇〇ビルで16:30~17:30です」

 

わざわざ貸会議室をレンタルすることによって、 

  • 時間が明確で
  • 生産性の高い

ミーティングが見込めるはず。

 

「会議室、1時間分しか予約していないから、○○は20分△△は40分で話し合いを終わらせる」

「〇〇を20分で終わらせるためには、××のデータをもっと見やすくしよう」

時間制限があれば、こうなりません?

 

また、会議の終了時間を定時時刻に合わせれば、そのまま「ノー残業デー」にすることも出来るのでは?

形だけではなく、本当の意味での「ノー残業デー」

 

スポンサーリンク

簡単に貸会議室を探せるポータルサイト<都内・近郊>

貸会議室への需要が高まっていることもあり、最近はポータルサイトも増えてきています。

多すぎて、どのサイトを利用すればいいか迷っちゃいますよね?

もし、都内・近郊(横浜など)でお探しなら、【れすなび】 がオススメです。

 

れすなび

 

【れすなび】 東京都内・近郊(横浜など)に特化した貸会議室のポータルサイトです。

 

れすなびの特徴

  • 口コミや評価を見れる(つけれる)
  • カード決済・銀行振り込み・前払い決済(チャージ)対応
  • スペースによっては後払い決済可能
  • 現在都内を中心に約800室登録されており、掲載室数は日々増加中
  • 利用者登録無料
  • ご登録者様にはポイントバック! ご利用状況に応じ1ポイント=1円として充当可能な「れすなびポイント」が付与される。次のご予約に充当したりQuoカードと交換可能

 

れすなびはサイトが見やすい

エリアやキーワード入力で検索が簡単。

目的・用途、設備、特集からも探せる。

なんとワンコイン会議室も!

 

また、大きいメリットは、口コミや評価もついていること。

利用者にとっては、スペース選びに大変役立つ。

 

 

繰り返しになりますが、私が提案する貸会議室の活用方法は、「生産性のある会議」で「嫌な残業を減らすこと」。

 

多くのポータルサイトは、展示会、パーティー、キッチン付きなど、オプションが多すぎます。

懇親会をやるのには良いかもしれませんが。

 

れすなびは会議室に特化したポータルサイトです

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事のポイントは以下にまとめました。

  • 終了時間が決まっていない会議が多すぎる
  • メリハリのない会議のツケは「嫌な」残業時間に回ってくる
  • 効率の良い会議は、終わりの時間が明確になっている貸会議室ですべき

 

「働き方改革」と言われている中、あなたの会社は変化していますか?

 

貸会議室を利用し、新しい働き方を体験してみては?

 

本記事で紹介したサービスはこちら。

貸会議室のポータルサイト

都内・近郊で貸会議室をお探しなら【れすなび】

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ライフスタイル

Copyright© CANTINA , 2018 All Rights Reserved.