NBA

「ジミー・バトラー移籍問題」解決!トレード先は76ersに決定!

投稿日:

 

ドロドロと化した「ジミーバトラー・トレード問題」にようやく終止符がうたれた。

現地11月10日、フィラデルフィア・76ersへの移籍が決定しました。

 

トレード内容

<76ers>

  • ジミー・バトラー
  • ジャスティン・パットン

<ウルブズ>

  • ロバート・コビントン
  • ダリオ・サリッチ
  • ジェリッド・ベイレス
  • 76ersの2022年2巡目指名権 

 

これはどう考えても、76ersが得をした?

 2週間前、ロケッツがウルブズに1巡目指名権「4つ」も用意したのに、76ersは「0」??

ウルブズもうちょい良いトレードできた気がするぞ…

関連記事
「ジミー・バトラー」ヒューストン・ロケッツへのトレード成立か?

なかなか進展しないジミー・バトラーの移籍問題。フィラデルフィア・76ersやマイアミ・ヒートがバトラー獲得へ積極的に動いてるという噂が飛び交うものの、決定的なニュースがあがらないままシーズン開幕。しか ...

続きを見る

 

 

尚、ジミー・バトラーは2019年オフにFAとなります。当たり前だが、76ersは来シーズン以降もチームに残っているくれることを信じて、ジミー・バトラー獲得へ踏み切った。76ers残留へのカギは2つ。

 

【契約延長】
76ers以外のチームは、マックス4年1億4,100万ドル(約160億円)しか出せない。一方で、76ersは来夏のFA交渉期間中に、マックス5年1億9,000万ドル(約216億円)の契約を結ぶことが出来きる。76ersは金銭面ではかなり優位だ。

 

 

【成績】
ジョエル・エンビード、ベン・シモンズ、ジミー・バトラーの新BIG3。

もう「Trust the process」とは言ってられなくった。「1,2年後を見据えて」はもうダメ。今年だ。

2018‐19年シーズンで最低でもプレイオフ2回戦突破は目指したい。

 

 

フィラデルフィア・76ers!!

トロント・ラプターズ、ボストン・セルティックスに勝てるのか?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-NBA

Copyright© CANTINA , 2018 All Rights Reserved.