NBA

ジミー・バトラーやはりトレードを要求! 移籍先はクリッパーズ?!

投稿日:

jimmy butler

 

ミネソタ・ティンバーウルブズのオールスター選手、ジミー・バトラーがチーム首脳陣と“重要”なミーティングを行うと報道されてから4日後。

関連記事
ジミー・バトラー 今季中にニューヨーク・ニックスに移籍か?

  ミネソタ・ティンバーウルブズのオールスター選手、ジミー・バトラーが週明けの18日にチームと“重要な”ミーティングを行うことが報じられた。   ESPN story on the ...

続きを見る

 

 

予想通り、他チームへのトレードを要求した模様。

 

 

以下、ESPNのエイドリアン・ウォジャロースキーのツイートを中心詳細を説明していく。

 

 

ジミー・バトラーが移籍候補地としてあげたチームは3つ。

  • ブルックリン・ネッツ
  • ロスアンジェルス・クリッパーズ
  • ニューヨーク・ニックス

この3つのチームは、来夏ジミー・バトラーとマックス契約を結ぶことが可能。

ポイント

ニックスが移籍候補地としてあがっているのは自分が予想していた通りだが、びっくりポイントが3つ。

  1. レイカーズが入っていない
  2. クリッパーズ?! 
  3. ネッツ?! は?

候補地としてあがっている3つのチームの特徴は

  • ビッグ・マーケット
  • 今すぐ勝てなくて良い(今すぐかどうかは不明…)

バトラーが来夏ウルブズに残留すれば、5年1億9,000万ドルの大型契約を結ぶことが出来るが、他チームの場合は4年1億4,100万ドルとなってしまう。

契約金額よりも、ビッグ・マーケットでの長期プランを考えているんでしょう。

 

 

(イアン・ベグリーはESPNのニックス担当記者)

ニックス球団社長のスティーブ・ミルズは月曜日(バトラーのミーティングの2日前)に行われたファン・イベントで、FAで取れる選手のために無理なトレードは行わないと発言。

ポイント

スティーブ・ミルズの発言は、ジミー・バトラーに向けた言葉ではない。

ここ20年ぐらい失敗し続けたニックスを立て直すべき、ポルジンギス、ニリキーナ、ルーキーのノックスやロビンソンをじっくり育て行くという構想があり、「無理なトレードはしない」と全選手に向けた言葉。

もしバトラーの契約が3、4年残っていれば動いたのかもしれない。

「でも来年FAだから、トレードをしなくても…」 と考えているのだろう。

 

 

ジミー・バトラーが移籍候補地としてあげたチームは3つ。

  • ブルックリン・ネッツ
  • ロスアンジェルス・クリッパーズ
  • ニューヨーク・ニックス

ウルブズ監督トム・シボドーは今のところ、バトラーをトレードするつもりは無い。

ポイント

1個目のツイートと内容はほぼ変わらないが、下記言葉が重要になってくると思う。

For now = 今のところ

あと5日でキャンプ入りだが、

  1. 2月のトレードデッドラインギリギリまで残留するように働きかける、もしくは
  2. 2月のトレードデッドラインギリギリまで良いトレード条件を模索する

ことになるかもしれない。

 

 

ESPNによると、ジミー・バトラーが移籍候補地として最も意思を表しているのはロスアンジェルス・クリッパーズ

来夏、クリッパーズは2人の選手をマックス契約することができる。

自分以外にもう一人スター選手と契約するこができるクリッパーズに魅力に感じてるとのこと。

ポイント

もう一人のスター選手は誰でしょう?

とりあえず言えることは、来夏のFA市場はかなり“熱い”。

  • ケビン・デュラント
  • カワイ・レナード
  • カイリー・アービング
  • クレイ・トンプソン
  • デマーカス・カズンズ
  • デアンドレ・ジョーダン
  • アル・ホーフォード
  • ケンバ・ウォーカー
  • クリス・ミドルトン

は全員、来夏FA。

この中の誰かとチームアップして、新しいクリッパーズの時代を作りたいといことでしょうか。

 

 

以上がバトラーのミーティング内容でした。

新しい情報入り次第、アップしていきます。

 

 

最後に、ニックスファンの切なる願い。

 

ウルブズと、ジョアキム・ノアを絡めたトレードをしてくれ。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-NBA

Copyright© CANTINA , 2018 All Rights Reserved.