NBA

アキレス腱断裂のデュラント、ケガはどのくらいヤバイ? 過去のNBA選手は…

 

右足アキレス腱を断裂したケビン・デュラント。現地12日に、手術が無事成功したことを発表した。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

What’s good everybody I wanted to update you all: I did rupture my Achilles. Surgery was today and it was a success, EASY MONEY My road back starts now! I got my family and my loved ones by my side and we truly appreciate all the messages and support people have sent our way. Like I said Monday, I'm hurting deeply, but I'm OK. Basketball is my biggest love and I wanted to be out there that night because that’s what I do. I wanted to help my teammates on our quest for the three peat. Its just the way things go in this game and I'm proud that I gave it all I physically could, and I'm proud my brothers got the W. It's going to be a journey but I'm built for this. I’m a hooper I know my brothers can get this Game 6, and I will be cheering with dub nation while they do it.

35さん(@easymoneysniper)がシェアした投稿 -

 

6月10日のNBAファイナル第5戦中、ケビン・デュラントはケガにより途中退場を余儀なくされた。

右足ふくらはぎ故障中の“強行出場”だったのか、これ以上ケガを悪化させることは無いと確信したうえでの出場だったのか。ウォリアーズ側の意向で出場させたのか、本人の希望で無理をして出場したのか。最後まで分かることはないでしょう。

まあ、そこを掘りさげても、しょうがない。もうアキレス腱は断裂してしまった、過去のこと。こうなると、未来のことを考えるしかない。 

 

そこでこの記事では、アキレス腱断裂の大ケガをした過去のNBA選手を参考にしながら、

  • ケビン・デュラントの復帰の目安はいつ頃か?(過去にアキレス腱断裂をした選手は復帰まで9ヵ月かかった)
  • 復帰できたとしたら、運動能力はどうなるのか?(ルディ・ゲイが参考になる?)

について考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

NBA選手がアキレス腱を断裂した場合、復帰まで平均で9ヵ月かかる

FiveThirtyEightいわく、NBA選手がアキレス腱を断裂した場合、復帰まで平均で9ヵ月かかるとのこと。

 

たとえば、ここ最近でアキレス腱断裂を経験した選手、デマーカス・カズンズ(17-18年シーズン)は357日、ルディ・ゲイ(16ー17年シーズン)は273日を復帰にようした。

 

ただし、このデータはあくまでも平均にすぎない。各選手のポジジョンやプレースタイルは異なるし、身長、体重も違う。ケガしたときの年齢によっても、復帰までの期間、復帰後のパフォーマンスも変わってくるでしょう。

また、医療の技術も年々進歩してるであろう。私は医者じゃないし、リハビリの知識はないが、10年前や20年前とくらべて医療が発達していることは想像つく。

 

しかし、SBNATIONによると

  • 1988ー2011年シーズンまでの23年間で、アキレス腱を断裂した18選手のうち、7人は二度とNBAのコートに立つことはなかった
  • 1992年以降、アキレス腱断裂から復帰した14選手のうち、平均分数、フィールドゴール成功率、3P成功率はすべて下がった

といった、信じたくない事実を無視するわけにはいかない。

 

2019年現在、アキレス腱断裂を負ってから、元通りの力を取り戻せた選手は誰一人としていないのだ…

 

スポンサーリンク

アキレス腱断裂を経験した、過去のNBA選手の実績(ビフォーアフター)

それでは、アキレス腱を断裂してしまったNBA選手のケガ前後のスタッツをみてみよう。上で述べたように、プレイヤーの体格や年齢は一人ひとり違うので、あくまでも参考程度として読み進めてください。

ポイント

  • 身長、体重、個人成績はすべてBasketball-Reference.comより参照
  • 画像の赤線より上がケガ前、赤線より下がケガ後の成績
  • ケビン・デュラント以降の選手は【ケガした時期】の順番で紹介

個人成績の見方(すべて1試合平均)

  • tm:チーム(シーズン中に移籍した場合は、TOT=トータルの欄が追加される)
  • G:試合数
  • GS:スタートした試合
  • MP:分数
  • FG:フィールドゴール成功数
  • FGA:フィールドゴール数
  • FG%:フィールドゴール成功率
  • 2P:ツーポイント
  • 3P:スリーポイント
  • FT:フリースロー
  • ORB:オフェンスリバウンド
  • DRB:ディフェンスリバウンド
  • TRB:トータルリバウンド(ORB+DRB)
  • AST:アシスト
  • STL:スティール
  • BLK:ブロック
  • TOV:ターンオーバー
  • PF:ファウル
  • PTS:得点

 

ケビン・デュラント

【ケガした時期】2019年6月
【ケガしたときの年齢】30歳
【身長】206cm
【体重】108kg

 

ドミニク・ウィルキンス

【ケガした時期】1992年1月
【ケガしたときの年齢】32歳
【身長】203cm
【体重】97kg

 

アイザイア・トーマス

【ケガした時期】1994年4月
【ケガしたときの年齢】35歳
【身長】185cm
【体重】81kg

※アイザイア・トーマスはアキレス腱断裂後、NBAに復帰することなく引退した

 

パトリック・ユーイング

【ケガした時期】1999年6月
【ケガしたときの年齢】36歳
【身長】213cm
【体重】108kg

 

ボション・レナード

【ケガした時期】2004年11月
【ケガしたときの年齢】30歳
【身長】193cm
【体重】92kg

 

エルトン・ブランド

【ケガした時期】2007年8月
【ケガしたときの年齢】28歳
【身長】203cm
【体重】124kg

 

メメット・オカー

【ケガした時期】2010年4月
【ケガしたときの年齢】30歳
【身長】211cm
【体重】112kg

 

チャンシー・ビラップス

【ケガした時期】2012年2月
【ケガしたときの年齢】35歳
【身長】190cm
【体重】91kg

 

コービー・ブライアント

【ケガした時期】2013年3月
【ケガしたときの年齢】34歳
【身長】198cm
【体重】96kg

 

ブランドン・ジェニングス

【ケガした時期】2015年1月
【ケガしたときの年齢】26歳
【身長】185cm
【体重】77kg

 

ウェズリー・マシューズ

【ケガした時期】2015年3月
【ケガしたときの年齢】28歳
【身長】196cm
【体重】99kg

 

ルディ・ゲイ

【ケガした時期】2017年1月
【ケガしたときの年齢】30歳
【身長】203cm
【体重】104kg

 

デマーカス・カズンズ

【ケガした時期】2018年1月
【ケガしたときの年齢】27歳
【身長】211cm
【体重】122kg

 

スポンサーリンク

ケビン・デュラント復帰の目安は、ルディ・ゲイが参考になる?

プレイヤーとしてのレベルは違えど、上記のなかでケビン・デュラントと体格、ケガした年齢が似ている選手はルディ・ゲイでしょうか。

ケビン・デュラント

【ケガした時期】2019年6月
【ケガしたときの年齢】30歳
【身長】206cm
【体重】108kg

ルディ・ゲイ

【ケガした時期】2017年1月
【ケガしたときの年齢】30歳
【身長】203cm
【体重】104kg

 

そう考えると、ルディ・ゲイのケガ前後の実力/成績が、ケビン・デュラントの復帰の目安になるかもしれない。

 

アキレス腱断裂以前、ルディ・ゲイは11年で

  • 平均分数35.6
  • 平均得点18.4
  • 平均リバウンド5.9
  • フィールドゴール成功率45.2

 

アキレス腱断裂後、ルディ・ゲイは2年で

  • 平均分数24.4(-11.2
  • 平均得点12.6(-5.8
  • 平均リバウンド6.0(+0.1
  • フィールドゴール成功率49.0(+3.8

※すべて1試合平均

 

1試合平均分数は10分以上もダウン…

まあ、チーム状況、選手の役割などが違うのであまり参考にならない。が、やっぱり気になりますね。

 

ただ、ケビン・デュラントはルディ・ゲイと比べて、別次元のプレイヤー。シュート力も、ハンドリングも、センスも、おそらくほとんどの項目においてデュラントは格上でしょう。

 

だからきっと大丈夫!

 

 

・・・

 

 

ごめんなさい、最後めっちゃテキトーになってしまいましたが、、

 

デュラントは19年オフにFAになるので、、

 

ニックスファンとして、こう祈るしかないのです…

 

KD+カイリー+ADがニックスのユニフォームを着ているとこをみたいのです…

 

 

カムバック!

ケビン・デュラント!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連する記事

-NBA

Copyright© 冬来いよ , 2019 All Rights Reserved.