NBA

2018年NBAチャンピオン・リングが豪華すぎる件について

投稿日:

NBAの2018-19年シーズンが16日(日本時間17日)に開幕!

開幕戦には王者ウォーリアーズが早速登場し、試合前に「チャンピオン・リング授与式」が行われました。

 

何気なく見てたら、解説者が一言。

 

今年のチャンピオン・リングはリバーシブルになっています。

片側にはダイヤモンド、もう片方にはサファイア…

 

 

どんだけ豪華なんだよ!

 

今回はその豪華すぎるチャンピオン・リングについて調べてみた。

 

 

ポイント

  • チャンピオン・リングの上部はリバーシブルになっている。
  • “青側”には74個のサファイアが敷き詰められている。2017‐18年シーズンのレギュラーシーズン及びプレーオフの勝ち星の合計が74勝。
  • “白側”も同様、74個のダイヤモンドが敷き詰められている。
  • トップには2017、2018年の2連覇を表す2つのトロフィー。2017年のトロフィーには17金で17カラットのホワイトダイヤモンド。2018年のトロフィーは18金で18カラットのホワイトダイヤモンド。
  • トップをひねると「Strength in Numbers(数の力)」のスローガンが刻印されている。
  • リングの横側には、ウォーリアーズ2018年プレーオフの成績が刻印されている。(4-1, 4-1, 4-3, 4-0)
  • 両サイドにあるブラシ毛のテキスチャー。これは2018年ファイナルでキャブズをスイープ(掃く)したことを表す。(=ブラシで掃く)
  • 一つのサイドには選手の名前と背番号、ベイブリッジ、「Just Us」のスローガン。こちらの“選手側”にはレギュラーシーズンの勝ち星数を表す58個の天然石。
  • 反対側の“チーム側”にはジャージーのロゴ、「Back 2 Back(2連覇)」、レギュラーシーズンの成績 (58-24) が刻印されている。また、“チーム側”にはウォリアーズがベイエリアに在籍していた56年間を表す56個の天然石が敷き詰められている。

 

“チーム側”の「ウォリアーズがベイエリアに在籍していた56年間を表す56個の天然石」にはちゃんとした意味があり、実は2018-19年シーズンを最後に現在の本拠地「オラクル・アリーナ」からウォリアーズが移転してしまうのです。2019-20年シーズンから、現在オークランドにある「オラクル・アリーナ」⇒サンフランシスコの「チェイス・センター」に本拠地を移す予定です。

 

 

尚、この豪華すぎるチャンピオンシップ・リングを作った「Jason of Beverly Hills」というメーカーは過去9年間のNBAチャンピオンのうち、5つのリングを手掛けた。東京にもブティックがあり、全国各地で商品を取り扱っているそうです。

>>JASON OF BEVERLY HILLS公式ウェブページ(アメリカ)

>>ジェイソン・オブ・ビバリーヒルズ(日本)

 

おまけ:チャンピオン・リング授与式の様子

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-NBA

Copyright© CANTINA , 2018 All Rights Reserved.